WindowsでMBR(マスターブートレコード)を修復する方法

WindowsのMBRが破損してしまったら、Windowsを正常に起動できなく、さらにアクセスすることができなくなります。下記では、WindowsでMBRを修復する方法をご紹介いたしましょう。

Dec 07, 2021 11:20 / 編集者 カテゴリ PC データ復元
Follow @西崎 浩 西崎 浩

MBRとは、Master Boot Record(マスターブートレコード)の略称で、PCに於いて、単数または複数のパーティションに分けられたディスクのパーティション外に存在する先頭セクタでブートセクタの一種で、ブートローダやパーティションテーブルなどが記録されていて、Windowsの起動時に最初に読み込まれます。

具体的に、BIOSによってブートローダが起動され、ブートローダがパーティションテーブルを参照して、起動するOSの入っているパーティションを判断します。そして、起動パーティション内にあるブートセクタが読み出され、ブートセクタ内の起動プログラムによってOSが起動されます。

破損したMBRを復元

破損したMBRを修復・復元

MBRの破損について

症状:Windowsパソコンを起動する時、「オペレーティングシステムがありません」、「オペレーティングシステムが見つかりません」などのエラーメッセージが表示され、正常に起動できなかったら、WindowsのMBRは破損したり、壊れてしまったりするトラブル問題が起こったと意味しています。

原因:不適当なシャットダウン、ウイルス感染、システムのクラッシュ、誤操作などの故障でMBRの破損を起こす可能性があります。

破損MBRの修復する方法

スタートアップ修復でMBRを修復

Windowsインストールメディアがあれば、インストールメディアを光学ドライブに挿入し、パソコンを再起動し、スタートアップ修復でMBRを修復できます。注意すべきなのは、起動設定またはBIOS設定画面ではCDやDVD、USBメモリーなどのインストールメディアの起動順位を一番最初に起動するように設定する必要があります。起動設定またはBIOS設定画面を表示する方法はパソコンのメーカーや機種によって違いますので、その説明書を読んで設定してください。

インストールメディアがなければ、Windows メディア作成ツール(Media Creation Tool)をダウンロードし、開いて、「別のPCのインストールメディアを作成する(USBフラッシュドライブ、DVD、またはISOファイル)」を選択し、USBフラッシュドライブをパソコンに接続して、インストール用のメディアファイルを作成する必要があります。

インストールメディアのUSBフラッシュドライブをMBRの破損で起動できなくなるパソコンに接続し、BIOSでUSBフラッシュドライブを第一起動順番として設定します。

インストールメディアを起動し、左下の「コンピューターを修復する」>オプション画面の「トラブルシューティング」>詳細オプション画面の「スタートアップ修復」の順に選択して、MBRの修復を行えます。修復が完了すると、PCを再起動できるかをご確認ください。

スタートアップ修復からMBRを修復

スタートアップ修復からMBRを修復

コマンドプロンプトでMBRを修復

手元のインストールメディアをパソコンに挿入し、パソコンを起動するか、上記のWindows メディア作成ツールでインストールメディアを作成し、パソコンを起動します。言語を選択し、「次へ」>「コンピューターを修復する」をクリックします。

次、オプションの選択画面から「トラブルシューティング」>詳細オプション画面の「コマンドプロンプト」の順に選択し、コマンドプロンプト画面では、下図のように、「bootrec/fixmbr」、「bootrec/fixboot」、「bootrec/rebuildbcd」を入力して、Enterキーを押すことで、マスターブートレコードの修復ができます。

コマンドプロンプトでMBRを修復

コマンドプロンプトでMBRを修復

以上のMBR修復方法はWindows 10/8/7などに適当するので、MBRの破損、壊れによってWindows OSが起動できなくなると、お役に少しでも立てれば何よりです。

データのバックアップ

MBRの修復に伴って、パソコンに保存しているデータを失う可能性がありますので、ここでは、PCのデータをバックアップする方法を皆さんにおすすめします。

Aiseesoft データ復元はパソコン、ハードディスク、外付けハードディスク、USBメモリー、SDカードなどの記憶装置に保存されている画像、音楽、動画、Word、エクセル、PDF、ZIP、RARなど多くのデータをスキャンして、PCにバックアップすることができます。MBR破損、PCのフリーズなどの故障によるデータ損失を防ぐには、常にこのデータ復元アプリを利用してパソコン内のデータをバックアップしておきましょう。

まずは、このデータ復元ソフトを無料ダウンロード、インストールして、立ち上げます。

データ復元のインタフェースでは、バックアップしようとするデータのファイルタイプ、保存場所を選択します。

復元するデータの種類や保存場所を選択

復元するデータの種類や保存場所を選択

右下の「スキャン」をクリックして、データを見つけるための「クイックスキャン」を行います。それに、必要に応じて、「ディープスキャン」を利用することもできます。

データスキャンを実行

データスキャンを実行

スキャン終了後、「フィルタ」機能の検索ボックスにデータの名前などを入力してより早くバックアップしたいデータを見つけられます。最後、右下の「リカバリー」ボタンでパソコンのデータをバックアップできます。

MBRの修復で消えたファイルを復元

MBRの修復で消えたファイルを復元

結論

このデータ復元は、クラッシュ、誤フォーマット、ウイルス感染、誤操作、誤削除などの故障で消えたデータの復元も対応していて、データのバックアップ、復元に口コミが良くて、評判が高いです。必要なら、外付けHDDデータ復旧削除ファイル 復元などのガイドをご参考ください。

見事

評価: 4.8 / 5 (合計278人評価)

推薦文章

コメントコメント確認、シェアしましょう!