「2022編」Windowsで上書き保存後のデータを復元する方法

Windowsでせっかく出来上がったエクセル或いはワードファイルが上書き・保存されたら、どうすればいいでしょうか?Windowsで上書きのデータを復元できる方法をご存知になりたいでしょうか?この記事では、Windows 7/8/10/11のパソコンでファイルが上書きされても復元できる方法をご詳説いたします。また、データの復元に特化している専門的ソフトウェアも三つ厳選して紹介いたしますので、どうかお役に立てるように。

Aug 04, 2022 09:15 / 編集者 カテゴリ PC データ復元
Follow @西崎 浩 西崎 浩

普段、うっかりしたら、せっかく仕上げたWord、Excelなどのドキュメントを同じ名前のファイルで上書きされたことがありますか。こんなひどい目にあったら、すごくまずいでしょう。

「大事なWordファイルを上書きして消してしまいました。復元させる方法はありますでしょうか?」

「ハードディスクにあるファイルを名前を付けて保存しなければならなかったのですが、間違えて上書き保存してしまいました。その上書きされたファイルを元に戻す、あるいは復元する方法がありますか。良かったら、教えて下さい。」

以上の質問のように、上書きされたファイルを復元しようとしても、良い方法を見つけられなくて、困りますか。では、ファイルが上書きされても再び復活できますか。

ここでは、上書きされたファイルを復元することに悩んでいる方々のために、上書きしたファイルの復元について話しましょう。

ファイル 上書き 復元

Windows 7/8対応|「以前のバージョンの復元」機能で上書きファイルを復元

Windows 7/8の場合は、パソコン自体搭載の「以前のバージョンの復元」機能を利用することで上書きしてしまったファイルを復元できます。

「以前のバージョンの復元」機能で上書きファイルを復元する方法

ウィンドウズデスクトップ画面の左下隅の「スタート」アイコンから「ドキュメント」をクリックします。

復元したいファイルを開かないで、右クリックして、「以前のバージョンの復元」を選択してください。

そのプロパティの「以前のバージョン」タブが表示され、以前のバージョンを検索し始めます。

ステップ 3の結果として、「利用可能な以前のバージョンはありません」が表示されると、下記のもう一つの方法をご利用ください。または、名前、更新日時、場所の要素を含めるものが表示されると、「開く」、「コピー」、「復元」のいずれかをクリックすれば上書きされたデータを復元できるようになります。

Windows10/11対応|「ファイル履歴」機能で上書きファイルを復元

Windows 10/11のユーザーなら、「ファイル履歴」という機能を利用すれば上書き保存したデータを取り戻すことができます。「ファイル履歴」という機能は、履歴ごとにファイルを保存しておりますので、ファイルが紛失になった時、履歴から復元できるということです。

「ファイル履歴」機能で上書きファイルを復元する方法

ステップ1:デスクトップ画面の左下隅の「スタート」、「設定」、「更新とセキュリティ」、「バックアップ」、「その他のオプション」を順に一番下までスクロールするして、「現在のバックアップからファイルを復元」をクリックします。
ステップ2:復元したいファイルの所属するフォルダを選択して、緑の「復元」イメージのアイコンをクリックすればファイルを復元できます。良かったら、その順序によってお試しください。

プロのAiseesoft データ復元で上書きファイルを復元

以上の方法で以前のバージョンが見つからない場合に、上書きしてしまったファイル、データを復元できる優れるサードパーティツールをおすすめ。こちらも色々なデータ復元ソフトを試して強力なデータ復元ソフトベスト3 - Aiseesoft データ復元、ワンダーシェア データリカバリー、EaseUS Data Recovery Wizardをまとめました。

その中でもAiseesoft社のデータ 復元がお勧め。このソフトで、間違って上書き保存したワード、エクセス、パワーポイントなどを簡単に復活してくれます。パソコン上の上書きしたデータだけでなく、USBメモリー、SDカードの失ったデータも容易に修復できます。クイックスキャンモードとディープスキャンモードを提供し、復元率を大幅にアップさせます。

Pro Conおススメ点

  • PCのHDD(ディスク)、外付けディスク、PCゴミ箱から消えた写真、動画、音声、ワード、エクセルなどのドキュメントファイルを復元できます。
  • ディープスキャンモードを利用、消えたデータを全面的にソースディスクから検索して、99%の復活率を保障して、大事なデータを復元するにはおススメのツールです。
  • PCのHDDではなく、SDカードのデータを復元したり、デジカメデータを復元したり、外付けHDDのデータを復元したりすることもサポートします。

Step 1エクセル復元ソフトを起動

まずは、この上書き ファイル 復元ソフトを無料ダウンロード、インストール、起動します。

Step 2上書きしたファイルをスキャン

上書きしたファイルの保存先や種類を設定した後、データをスキャンしてください。

上書きしたファイルをスキャン

上書きしたファイルをスキャン

Step 3上書きのファイルをディープスキャン

始めはクイックスキャンで上書きしたファイルをスキャンします。クリックスキャンでファイルをできなかった場合、ディープスキャンでファイルをスキャンします。

上書きのファイルをディープスキャン

上書きのファイルをディープスキャン

Step 3上書きしたデータを復元

スキャンが終わったら、復元したいファイルを選択、「復元」ボタンをクリックすることで、Word、Excel、PPTなどの上書きしたデータを復元できます。

上書きしたデータを復元

上書きしたデータを復元

Wondershareデータリカバリーで上書きファイルを復元

Wondershareデータリカバリーはパソコン向けのファイル復元ソフトとして、PCのHDD、sdカード、ゴミ箱、USBドライブなどから削除されてしまった写真、音楽、動画、ドキュメント、電子メールなどを高品質で復元します。ファイルを復元する際、パソコン上のデータを上書きすることがなく、すごく安全です。上書きしたファイルを復元するにはいい選択肢といえましょう。

Wondershareデータリカバリーで上書きファイルを復元する方法

ステップ1:ソフトをダウンロード・実行してから、「どのようなファイルを復元しますか」画面で復元したいファイルのタイプを選択します。
ステップ2:失われたファイルの元の保存場所を選択して「開始」ボタンをクリックして失われたファイルをスキャンし始めます。
ステップ3:復元したいファイルが検出されたら、スキャンを一時停止すれば、上書きファイルは復元されます。

データリカバリー

EaseUS Data Recovery Wizardで上書きファイルを復元

パソコンのデータを復元した経験のある人がEaseUS Data Recovery Wizardを知っていると思いますが、EaseUS Data Recovery Wizardはフリーのデータ復元ソフトもあり、専門版もあります。高復元率でエクセル、ワード、ノートなど様々なデータの復元をサポートします。上記のソフトと同じ、復元する前に、スキャンしたエクセルやワードをプレビューして復元することが可能です。

EaseUS Data Recovery Wizardで上書きファイルを復元する方法

ステップ1:ソフトを実行してから、インターフェースから復元したいファイルの保存先を選択して、「スキャン」ボタンをクリックします。
ステップ2:スキャンが終わったら、「フィルター」画面で「ドキュメント」タブから復元したいファイルの種類を選択します。
ステップ3:その後、右下の「リカバリー」ボタンをクリックし、復元したファイルのために保存先を指定します。それで、データの復元は終了となります。

EaseUS Data Recovery Wizard

結論

以上で、間違えて保存して上書きされたファイルを復元する方法です。これから、エクセル、ワードなどが上書き保存されても復元できて、心強くなります。上書きしたデータ以外に、パソコンのフォーマットで消えたデータの復元エクセルファイルが開かない時の復元、このAiseesoft データ復元ソフトは対応しています。でも、大切なデータを二度と失わないように、常にバックアップを取ったほうが良いです。

上書きされたファイル復元によくある質問

質問 1:ExcelやWordファイルを上書き前に復元方法は?

答え 1:ExcelやWordファイルのデータを復元するには「バックアップファイルの作成」機能、「バージョンの管理」機能、「Windowsの以前のバージョンに戻す」機能を利用できます。また、削除したエクセルの復元方法を紹介する文章もあるので、どうぞご参考ください。

「バックアップファイルの作成」機能でExcelデータを復元する場合の操作手順は以下の通りです。
1.エクセルを起動し、「ファイル」、「名前を付けて保存」、「参照」を順にクリックします。
2. 出た画面の右下にある「ツール」タブから「全般オプション」を選びます。
3. そして、出た画面で「バックアップファイルを作成する」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックします。
4. 最後にファイル名や保存先を設定し、「保存」をクリックすれば、バックアップファイルが作成できます。

Office製品自体搭載の「バージョンの管理」機能で復元したいなら、以下の手順をご覧ください。
1.エクセルを起動し、「ファイル」、「オプション」、「保存」を順にクリックしてから、「次の間隔で自動回復用データを保存する」と「保存しないで終了する場合、最後に自動回復されたバージョンを残す」の2カ所にチェックを入れます。
2. そして、「ファイル」タブに戻り、「情報」から「バージョン履歴」を選んでから、出た画面で復元したいファイル下にある「バージョンを開く」をクリックしてファイルを開きます。
3. 開いたファイルを確認し、問題がなければ「復元」ボタンをクリックすればいいです。しかし、この機能はExcel・Word 2010以降のバージョンでのみ対応しているので、ご注意ください。

質問 2:上書き保存とは?「名前を付けて保存」との違いは?

答え 2:上書き保存とは、ストレージに既に存在しているファイルに編集中のデータを書き換えて保存することを指します。そうすると、元のデータは上書きされて消えてしまいます。それに対して、「名前を付けて保存」というのは、既にあるファイルデータとは関係なしに、編集のファイルに新しい名前をつけて保存するということです。

質問 3:おすすめのデータ復旧・復元フリーソフトはありませんか?

質問 3:はい、ありますよ。データ復旧・復元用のフリーソフトと言えば、 Pandora Recoveryや DataRecovery、Glary Undelete、Recuvaをお勧めします。無料で使える他、シンプルかつ気軽な操作もできるので、どうぞ楽にお試しください。

見事

評価: 4.6 / 5 (合計260人評価)

推薦文章

kommentarコメント確認、シェアしましょう!