DVDが再生できない原因と対処法

せっかく入手したDVDが再生できないと、惜しいです。この文章はDVDが再生できない理由をまとめてみて、それから、対応策を提案します。ご参考になれば幸いです。

Apr 16, 2019 10:40 / 編集者 カテゴリ 動画 , BD/DVD
Follow @佐藤 みどり 佐藤 みどり

自分で録画したDVDを再生できなくて、困ったことがありますか?レンタルDVDがパソコンで再生できなく、悩んだことがありますか?自分でせっかく焼いたDVDを再生際、再生できなくて、理由が知らず頭がくるんですか?この文章では異なる種類のDVDが再生できない理由をまとめてみて、ご参照になるように!

DVD 再生できない

DVD 再生できない

一:自分で録画したDVDがDVDレコーダーで再生できますが、パソコンで再生できない

1DVDが再生できない原因の一つ、DVDドライブが対応していない記録形式でDVDを録画することです。

DVDの記録形式には「VR方式」、「Video方式」の2つの形式があり、「VR方式」で録画されたDVDが再生できない可能性が高いです。一般的、「Video方式」で録画すると、殆どのDVD再生機で再生できます。ということから、録画されたDVDを再生できない場合で、まずは「Video方式」で記録されるかどうかをご確認ください。

DVD-Video形式(ビデオモード)で録画されたDVDが多数のDVDプレイヤーで再生できますが、記録後、内容を編集や追記処理などが不可能です。このようなDVDディスクをDVDドライブに挿入した後、DVDフォルダーを開き、「VIDEO_TS」の名称のフォルダーがあります。

DVD-Video形式

DVD-VR形式(VRモード) で録画されたDVDが再生できない場合が多いですが、記録後、内容を編集や追記可能です。DVD-VR形式のDVDディスクを再生すると、DVD-VRに対応したDVDプレイヤーが必要です。DVD-VR形式のDVDディスクのフォルダーには「DVD_RTAV」というフォルダーがあります。

DVD-VR

DVD 再生機についての情報は、人気DVD プレーヤーまでご参考ください。

2録画されたDVDが再生できないのもう一つの原因がDVDディスクがファイナライズされていないのです。

DVDが「Video方式」で録画されますが、再生できない場合もあります。理由がDVDがファイナライズされていないです。

ファイナライズとは録画したDVD以外の機器でDVDを再生ができるために、ダビングした後に改めてデータを整える作業です。ファイナライズされていないDVDが録画した機器のみ再生でき、他のDVDプレーヤーで再生したいと、ファイナライズしなければなりません。他のDVDプレーヤーで再生できるように、ファイナライズ操作を忘れしていないね!

二:TSUTAYA、ゲオなどDVDレンタル屋でレンタルしたDVDが再生できない

1DVDディスクの再生面に傷・指紋・汚れがある

レンタルDVDがいろいろな人に借りられて、使用頻度が高くて、傷された可能性が高いです。それで、DVDを再生できない場合に出遭って、DVDディスクの再生面に、傷・指紋・汚れ・ホコリなどがあるかどうかをご確認ください。

2搭載ドライブがDVDに対応しない

パソコンのドライブをご確認ください。パソコンで搭載しているドライブがCD-R/RWドライブであると、CDしか再生できなくて、DVDの再生は不可能です。それで、パソコン側で搭載しているドライブがDVDに対応しているかどうかをご確認ください。一般的に、DVDドライブの表面でDVDのログを見つけます。

DVDドライブ

3リージョンコードが 2 ではない

レンタルDVDが「日本向き」かどうかをご確認ください。日本と海外でのDVDの信号方式が違いために、日本で海外のDVDが見れなくて、海外で日本のDVDも見れません。一般的に、DVDのリージョンコードに応じて、日本向きのDVD(リージョンコード:2)を判断です。

今、ネットでDVDリージョンコードを変更する方法を見つけますが、リージョンコードの変更回数は5回前後の制限があるので、勝手に変更しない方がいいです。

4DVDドライブがCPRMに対応しない

パソコンが古くて、DVDドライブがCPRMに対応していないので、DVDを再生できない可能性があります。

実は、デジタル放送のテレビ番組の著作権を保護するために、コピー制限がかけられています。これらの内容を録画したDVDが「CPRM」に対応しています。レンタルDVDが地デジのテレビ番組の録画なので、CPRM対応の可能性は高いです。今、殆どのDVDドライブがCPRMに対応可能ですが、古いのパソコンが対応していない場合が多くて、DVDをレンタルする前、自宅のDVDドライブが「CPRM」に対応しているかどうかをご確認ください。

三:子供の成長ビデオをよりよく保存するためにDVDに焼いたが、家庭用プレーヤーで再生できない

動画をDVDに焼きたいなら、専門的なDVD 作成 ソフトが必要です。普通のDVDのフォルダーを開いて、VIDEO_TS.BUP、VIDEO_TS.IFO、VTS_01_0.VOBなど様々なファイルがある順番で並んでいます。でも、普通にPCのライティングソフトでDVDを焼くと、DVDの構造を作れなくて、ファイルの順番もバラバラになって、家庭用DVDプレーヤーで再生できないのです。

DVDライブラリー

DVD 再生ソフトお薦め

せっかく焼いたDVDディスクがDVDデッキで再生できないなんてがっかりですよね。DVDプレーヤーでDVDが再生できない場合、パソコンに搭載したDVDドライブがDVDディスクに対応するなら、パソコンで再生してみてください。ここで皆さんにAiseesoft社開発のブルーレイ プレーヤーをお薦めします。このソフトはブルーレイディスクの再生だけでなく、DVDの再生も対応しております。Windows 10で動作可能なので、Windows 10でDVDが再生できないことに困ってしる方もこのソフトを利用してDVDを再生します。

再生ソフトでDVDを再生

再生ソフトでDVDを再生

以上の内容でDVD再生できないのはDVDディスクの放送方式、ファイナライズされたかどうか、損傷、DVDドライブ等と関係があることが分かりました。今後DVD 再生できない時、まず落ち着いて対処法を探してみましょう。そしてDVDに関連する知識はDVDの容量についての識までご参考してください。

見事

評価: 4.6 / 5 (合計456人評価)

推薦文章