DVDの容量についての識

DVDの容量はなんでしょうか。また、どのぐらいあるのでしょうか。この文章がDVDの容量についての豆知識を詳しくご紹介いたしましょう。

Oct 15, 2018 14:00 / 編集者 カテゴリ BD/DVD
Follow @佐藤 みどり 佐藤 みどり

DVD 容量

DVD 容量

「一般的なDVDの容量は、何ギガなんでしょうか?

また、CDはどれくらいなのでしょうか?」

DVDはデジカメビデオや写真をバックアップ・保存する方法の一つとして、重要な役を演じています。でも、DVDディスクを購入する際、DVDの容量や種類によってDVDディスクを購入したのに、なかなか使えないことがありますか?このページでは、DVD容量を巡って詳しく紹介したいと思います。

DVDの種類

DVDの種類はDVDの容量と関係ないですが、でもDVD用途によってDVDディスクの選択が重要なポイントになります。DVD容量を紹介する前に、まずDVD種類を簡単に説明します。

種類 特徴 用途
DVD-R、DVD+R 1.追記型(一度だけ記録を行うことができ、上書き、削除したりすることができない)
2.DVDディスクに最も互換性が高い
3.価格が安い
一回しか使えないから、保存した動画や写真を友に送ったりする
DVD-RW、DVD+RW 1.書き換え可能型(記録したデータを削除、上書きすることができる)、約1000回のデータの書き込みや書き換えが可能
2.多くのDVDプレーヤーで再生できる
何回も書き込んだデータを見終わったら削除・上書きする場合に適用する
DVD-RAM 1. 書き換え可能型、およそ10万回の書き換えが可能
2.DVD-RAM対応の機器でのみ再生・録画できる
3.ハードディスクのように使用できる
データのバックアップに最適
DVD-R DL、DVD+R DL 1. 追記型、一回だけ書き込みができる
2.DLはDualLayerの略で、記録層を2つ持つことである、一般的なDVDの2倍のデータを記録できる
3.新しいフォーマットであるため、一部の機器では再生できない
ファイルの大きいデータを一回だけ記録・録画する必要がある場合

DVD容量

DVDに書き込んだデータは記録層に記録されています。上記で言及した DVD-R DLは記録層を2つを持っていて、一般的なDVDより約2倍のデータを記録できます。DVDの構造によって、DVDの規格と容量は主に片面一層(4.7GB)片面二層(8.54GB)両面一層(9.4G)両面二層(17.08GB)に分けられます。これはDVDの種類と関係ありませんので、DVDディスクを購入する際、DVDデッキに対応するDVDディスクを選ぶのが重要なポイントです。

DVD容量に関する問題

Q1.買った4.7GBのDVDディスクはパソコンに挿入すると、4.7GB未満になってしまった。まだ使っていないのに、なぜでしょうか?

A:DVD規格では1KB=1000Bに対して、パソコンでは1KB=1024Bになります。計算方式が違うため、その分の差がパソコンで表示されます。

Q2.量販店で販売しているDVDディスクに「120分」と記載されたが、120分までしかの動画が入らないか?

A:この表記された「120分」はTV番組を標準モードで録画した場合の目安です。つまり、標準モードでは録画した動画ファイルのサイズはDVD容量を超えていないことです。従って、動画ファイルの合計サイズはDVD容量を超えない場合、3時間5時間でも記録できます。

以上の内容を理解すれば、DVDディスクの選択や動画の書き込みなどが簡単に行えるだろう。また、DVD-R、DVD-RWのようなDVDディスクはDVDプレーヤーで再生するにはファイナライズ作業を行う必要があります。オススメでは、Aiseesoft Burnovaは殆どの動画ファイルをDVDディスクに書き込んで、DVDプレーヤーで気軽に再生できます。それに、動画のクロップ、再生効果の調整、メニューの編集などの編集機能が利用でき、個性的なDVDが簡単に作成できます。

見事

評価: 4.6 / 5 (合計36人評価)

推薦文章