Windows 7/8/8.1/10でスタートアップ修復を実行する方法

Windowsを利用する時、システムトラブルなどでWindowsが突然起動できないことがよく起こります。こんな場合はどうすればいいですか。ここでは、Windows 7/8/8.1/10でスタートアップ修復を実行する方法操作方法について、ご案内します。

Feb 25, 2019 11:40 / 編集者 カテゴリ データ 転送
Follow @高木 晴子 高木 晴子

Windowsを利用する時、システムトラブルなどでWindowsが突然起動できないとかにあったことがありますか。そんな時、どうすればよいか迷っていますか。実は、Windowsのスタートアップという機能で解決できます。スタートアップ修復は、Windows 7(Vista)以降に搭載している、Windowsの起動トラブルを自分で、自動修復機能です。

スタートアップ修復

スタートアップ修復

ここでは、Windows 10が起動しない時にスタートアップ修復を実行する方法を例として話しましょう。

インストールメディア、回復ドライブを作る

Window 10が起動しない状態でスタートアップ修復で直す時、パソコンの起動にとってインストールメディアまたは回復ドライブを作成する必要があります。

インストールメディアを作成

Windowsのインストールメディアを作成する時、USBメモリー、或いは、DVDディスクにそのインストールメディアを作りますので、まずは、5GB以上の空き領域がある空のUSBメモリーまたはDVDディスクを準備します。注意すべきなのは、DVDを利用する時、メディアを作成するPCにDVD書き込み用ドライブ、DVDソフトウェアがインストールされることを確保することです。それに、 Windows をインストールする PC には、DVD プレーヤーが搭載されていることも確認すべきです。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10というリンクにアクセスして、「ツールを今すぐダウンロード」ボタンをクリックしてインストールメディア作成ツールをダウンロードして実行します。

インストールメディア作成ツールを実行->同意->「他のPC用にインストールメディアを作る」にチェックを入れ、「次へ」をクリック->このPCにおすすめのオプションにチェックを入れ、Windows 10に応用する言語、エディション、アーキテクチャを選択してから、「次へ」をクリック->「使用するメディアを選んで下さい」の下部から「USB フラッシュ ドライブ」を選択してから、「次へ」ボタンをクリック->インストールメディアをISOとして選択->.isoファイルの保存場所を選択してから、「保存」をクリック->インストールメディアの作成が完了まで案内に沿って進めば結構。

インストールメディアの.isoファイルをDVDに書き込みます。

回復ドライブを作成

回復ドライブを作成する時、その回復ドライブの作成先になれる空き領域が32GB以上のUSBメモリーを準備する必要があります(データの損失を避けるために、USBメモリーに保存していたデータを他のところに移動)。

USBメモリーをWindows 10に接続します。そして、「ファイル名を指定して実行」というウィンドウが出るために、キーボードの「Windows」ロゴマークと「R」キーを同時に押します。

名前というコラムに「・wscui.cpl」を入力してから、「OK」をクリックします。

すると、「セキュリティとメンテナンス」という画面が表示され、「回復」をクリックします。

「回復ドライブの作成」->「システムファイルを回復ドライブにバックアップします」にチェックを入れ、「次へ」->画面の案内に沿って進んで、準備していた回復ドライブの作成先であるUSBメモリーを選択、「次へ」->「作成」をクリック->回復ドライブの作成が完了までお待ち下さい。

Windows 10でスタートアップ修復を実行

パソコンに以上の順次で作成したインストールメディア或いは回復ドライブを接続して、パソコンを起動します。

「Press any key to boot from CD or DVD」->いずれかのキーを押す->次へ->コンピューターを修復する->トラブルシューティング->スタートアップ修復->Windows 10->スタートアップ修復が始まる->スタートアップ修復でPCを修復できす。

スタートアップ修復が終わらない、失敗になった時の対処法

Windows 7/8/8.1/10がスタートアップ修復状態を繰り返す、終わらない可能性もあります。スタートアップ修復でPCを修復できませんでしたら、Windowsの起動しない状態を直す、効果が一番高いのは「システムの復元」です。具体的に、スタートアップ修復が失敗した画面に出現する「詳細オプション」から「システムの復元」を選択することで修復します。ほかに、セーフモードで修復したり、セーフモードで依然として起動しないと、コマンド プロンプトから回復コマンドを実行したりする方法があります。

スタートアップ修復失敗でデータが失われた時の対処法

Windows起動失敗を直すために、スタートアップ修復を試しましたが、Windows 10の自動修復が何度も繰り返す、失敗する可能性がありますね。その後、たとえ成功にWindows 起動できても、データを失ったりすると、まずいです。そんな時、Aiseesoft データ復元を使って、パソコンやHDD、パーティションの消えたデータを取り出してみて下さい。よかったら、削除ファイル復元というガイドへご参考下さい。より多くのファイル復元ソフトを比較したいなら、ファイル復元ソフトおすすめをご利用下さい。

スキャン

スキャン

iPhone音楽転送するソフト お薦め

Yahoo!知恵袋で調べたところで、以上のような質問にぶつかりました。ここでは、iPhoneからiPadに音楽を転送することに悩んている方々のために、Aiseesoft FoneTransをお薦めします。FoneTransは優れるサードパーティiOS転送ソフトで、iPhoneからiPhone、iPad、iPod touchなどに音楽を転送できます。特に、音楽ばかりか、iPhoneの写真、連絡先、SMS、着信音、テレビ番組など多くのデータを移行することができ、一見でわかりやすいインタフェースが魅力的なiPhone転送ソフトとして評判が良いです。

では、iPhoneからiPadの音楽を移動してみましょう。

FoneTransをダウンロード

iPhoneからiPadに音楽を移行するために、まずは、FoneTransを無料ダウンロード、インストールしてください。そして、立ち上げてください。

iPhone、iPadをパソコンに接続

USBケーブル経由でiPhone、iPadを同時にパソコンに接続してください。成功に接続されると、FoneTransは二つのデバイスの情報を認識できます。

iPhoneからiPadに音楽を転送

インタフェースの左側からiPhoneデバイスをクリックすると、iPhoneのデータがカテゴリに分類されます。「メディア」->「ミュージック」の順次に従い、iPhoneのミュージックデータを見つけられます。iPadに移行したいデータを選択してから、「エクスポート」ボタンをクリックして、そのドロップダウンリストから「iPad」にチェックを入れて、iPhoneからiPadに音楽ファイルを移行できます。

iPhoneからiPadに音楽を転送

以上はiPhoneからiPadに音楽を移行する方法で、すごく簡単でしょう。このFoneTransにより、iPhoneからiPadに音楽を移行できるだけでなく、iPhone写真をiPadに移行iPhone音楽をパソコンに移行iPhone音楽を管理したりすることもでき、超多機能です。何時か必要だったら、ご参考、ご利用ください。

見事

評価: 4.5 / 5 (合計88人評価)

推薦文章