録画してもらったDVDがパソコンで再生できなかった場合の対策

録画してもらったDVDをパソコンで再生しようと思ったら、再生ができないなんて残念なことですね。下記では、ダビング・録画したDVDが再生できなかった場合の対応を検討しましょう。

Sep 19, 2019 14:48 / 編集者 カテゴリ BD/DVD
Follow @佐藤 みどり 佐藤 みどり

「録画し、ダビングしたDVDの再生方法についての質問です。回答お願いします。録画したDVDがパソコンで再生できません・・・録画した番組をダビングしてDVDに焼いて、パソコンで見ようとしてみたんですけど、なんか再生出来ませんでした。どうやらVR?という形式になっていて再生出来なかったみたいなんですけど、DVD形式に出来ないでしょうか?レコーダーはのものPanasonicです。」

お兄さんに録画してもらったDVDをパソコンで再生しようとした時、再生できませんでした。何か参考になれる質問や答えがあるかなと思い、YAHOO!知恵袋で検索してみました。上記のように、自分と同じく、録画したDVDが再生できないことで困っている方が少なくなさそうです。

ダビングしたDVDの再生できない

ダビングしたDVDの再生できない

今日は、自分の調べにより、ダビング・録画したDVDが再生できなかった場合の対応を皆さんとシェアしましょう。

録画したDVDが再生できない原因

DVDの録画形式はVideo方式ではない

DVDの録画形式について、「VR方式」と「Video方式」の2つがあります。一般的に、「Video方式」で録画されたDVDが再生可能で、「VR方式」で録画されたDVDが再生できない可能性が高いです。そのため、録画してもらったDVDがPCで再生できないと、まずは、DVDの録画形式をご確認ください。具体的に、DVDディスクをパソコンのDVDドライブに挿入してから、DVDフォルダーを開き、「VIDEO_TS」フォルダーがあるなら、DVDが「Video方式」録画形式のDVDディスクであると意味しています。逆に、「DVD_RTAV」というフォルダーがあるなら、「VR方式」のDVDディスクです。

DVDディスクのファイナライズをしない

録画した、ダビングしたDVDが再生できないもう一つの原因は、「ファイナライズ」です。ファイナライズとは、DVDをDVDプレイヤー、パソコン、DVDレコーダーなどで再生できるために、そのデータ配列を変える処理です。DVDの種類によってファイナライズの方法が異なります。例えば、DVD+R、DVD-Rはダビングする時に「ファイナライズする」を選択することでファイナライズを行えます。DVD-RW、DVD+RWなら、ダビングする時に自動的にファイナライズが行われます。それで、DVD+R、DVD-Rをダビングして利用する場合、DVDがファイナライズされていないと、再生できない可能性が高いです。

DVD再生ソフトはサポートしない

デジタル放送番組を録画したDVDや地デジを録画して焼いたDVDなら、CPRM(Content Protection for Recordable Media)という日本独自のコピー制御方式が掛けられます。そのため、パソコンにインストールした、DVDを再生するためのDVD再生ツールもCPRM対応しなければならないです。

口コミで評判が良いDVD再生ソフトをおすすめ

ここでは、DVDディスク、DVDフォルダー、ISOイメージファイルの再生に対応するAiseesoft DVD再生ソフトを皆さんにおすすめします。このソフトにより、DVDを再生する時、チャンネル、音声トラック、字幕を変更したり、お気に入りの画面を画像としてキャプチャーしたりすることができます。では、DVDを再生する方法を確認しましょう。

DVD再生を無料ダウンロード、インストールして、立ち上げます。

再生できないDVDをパソコンのDVDドライブに挿入します。DVD再生のインタフェースにある「ディスクを開く」をクリックして、DVDをロードします。成功にロードされると、画面の指示に従ってDVD映像の再生を始めましょう。

DVDを再生

PCでDVDを再生

このDVD再生ソフトはWindows 10/8.1/8/7/XP/Vistaに対応し、Mac版もあり、Mac OS X 10.7 或いはそれ以上で動作可能で、互換性が高いです。それに、DVDの再生だけでなく、Blu-ray Disc、Blu-ray、ISOファイルの再生、4K動画、1080P HDビデオ、MP4、AVI、WMVなど動画ファイルの再生にも対応できます。必要なら、BD再生MP4再生などのガイドをご参考ください。

見事

評価: 4.4 / 5 (合計9人評価)

推薦文章