iPhone データ 復元 iphone data recovery

iPhone、iPad、iPodから失われたデータを復元したいですか?で、この強力なiPhone データ ソフトを使いましょう!

100% 安全&クリーン

【徹底解説】iPhone本体から写真を削除してiCloudだけに残す方法

高木 晴子

編集者

May 06, 2023 09:30 / カテゴリ iPhone データ復元

日々利用してきたiPhoneは動作が重く・遅くなったら、iPhoneのストレージを解放してiPhoneを軽くすることができます。で、iPhoneのスペースを解放するには、撮りためた写真を削除するのは方法の一つです。で、iPhoneから写真を削除したら、iCloudから写真も削除されてしまいますか。本文では、iPhone本体から写真を削除して、iCloudだけに写真を残す方法をご紹介いたしましょう。

iPhone 写真削除 iCloud 残す

iPhone 写真削除 iCloud 残す

iCloud写真をオフにする

iCloudから写真を削除することなく、iPhone本体だけから写真を削除するには、一番簡単で効率的な方法はiCloud写真をオフにすることです。

具体的に、iPhoneの「設定」⇔「自分の名前」⇔「iCloud」⇔「写真」⇔「iCoud写真」の順に進んでタップして、「iCloud写真」をオフにします。そして、iPhoneから写真を削除したり、iCloudからiPhoneに写真とビデオをダウンロードして削除したりする事ができます。

iCloud写真をオフにする

iCloud写真をオフにする

iPhone写真をパソコンにバックアップしてから削除

iPhoneから写真を削除してiCloudに残すには、もう一つの方法があります。つまり、iPhone写真をパソコンに取り込んでバックアップして、iPhoneから写真を削除します(iCloud写真も同時に削除される)」。最後、パソコンにバックアップしておいたiPhone写真をiCloudにアップロードします。

1.iPhone写真をパソコンに転送して保存する

iPhone写真をPCに転送してバックアップするには、専用のAiseesoft FoneTrans iOS データ転送をおすすめします。

特徴:

  • iTunes使わずにiPhone/iPod/iPadのデータをパソコンに転送
  • 連絡先やメッセージ、写真、音楽、ビデオ、ボイスメモ等のデータの転送に対応
  • iPhoneデータの新規追加、削除などの管理ができる
  • iPhoneの連絡先を削除、追加、グループして管理可
  • iOSからPCへ、iOSデバイス間、PCからiOSへ、iTunesとiOSの間などのデータ転送ができる
  • 最新のiOS 17とiPhoneデバイスに対応

では、このiPhoneデータ転送を使ってiPhone写真をPCに転送してバックアップする方法をご紹介いたしましょう。

ステップ 1iPhoneをパソコンに接続

USBケーブル経由でiPhoneをパソコンに接続して、このiPhone写真転送でiPhoneを認識するまでお待ち下さい。

iPhoneをパソコンに接続

iPhoneをパソコンに接続

ステップ 2iPhoneデータをスキャン

iPhoneが成功に認識されたら、iPhoneデータをスキャンしはじめます。

ステップ 3iPhone写真をPCに転送

サイドバーにある「写真」タブをクリックして、写真データを選択してメニューバーにある「PCに」ボタンをクリックして、iPhone写真をパソコンに転送して保存できます。

iPhone写真をPCに転送

iPhone写真をPCに転送

このiPhoneデータ転送はiPhone/iPad/iPod Touchの間でデータを転送したり、iOSデバイスとPCの間でデータを転送したりすることができて、iOSデータの転送にすごく便利です。例えば、パソコンiPhone写真入れるiPhone iPad 音楽移行など。

2.iPhone本体から写真を削除

iPhoneから写真をパソコンに転送してバックアップしておいたら、iPhoneから写真を一括して削除してください。

3.パソコンからiCloudに写真をアップロード

最後、パソコンにバックアップしておいた写真をiCloudにアップロードしてください。

具体的に、パソコンでブラウザを開いて、iCloud.comにアクセスして、Apple IDとパスコードを入力してiCloudアカウントにログインします。そして、iCloud写真では、「写真」オプションを開いて、「写真をアップロード」ボタンをクリックすることでパソコンから写真をiCloudにアップロードします。

パソコンからiCloudに写真をアップロード

パソコンからiCloudに写真をアップロード

iPhoneから写真を削除して、iCloudだけに残すこの方法はちょっと複雑ですね。そして、iCloudに写真をアップロードする前に、iPhone本体に写真が同期されないように、iPhoneでiCloud写真を無効にしておいてください。

iPhoneで他のiCloudアカウントにサインインしてiPhone写真を削除

iPhoneから写真を削除しても、iCloudだけに写真を残すには、自分のiCloudアカウントをログアウトして、他のiCloudアカウントにサインインすることをおすすめします。すると、iPhoneから写真を削除しても、自分のiCloudに何の影響もなく、その写真をiCloudだけに残す事ができます。

iPhoneのiCloudからサインアウト

お使いののiPhoneホーム画面にある「設定」⇔「自分の名前」⇔「サインアウト」をタップします。そして、Apple ID のパスワードを入力して、「オフにする」をタップして、デバイスにコピーを残しておきたいデータをオンにしておいて、「サインアウト」をタップします。最後、もう一度「サインアウト」をタップし、iCloudからサインアウトすることができます。

他のiCloudアカウントにサインイン

iPhoneから自分のiCloudアカウントをサインアウトしてから、「設定」⇔「iPhoneにサインイン」⇔Apple IDとパスワードを入力してiCloudにサインインします。そして、iPhoneのパスコードを入力して、Apple IDにサインインが完了になります。

iPhoneで他のiCloudにサインインしてから、自分のiCloudだけに残す事ができて、iPhone本体から写真が削除できます。

よくあるご質問(FAQ)

質問 1:iCloud写真とは?

答え 1:iCloud 写真とは、iPhone/iPad/iPod Touchの「写真」アプリと連係して、iPhoneの写真やビデオをiCloudに安全に保管し、その写真やビデオが見られるようにしてくれるサービスです。iCloud写真を有効にしたいなら、iPhoneの「設定」⇔「[ユーザ名]」の順に選択して、「iCloud」⇔「写真」⇔「この [デバイス] を同期」の横にあるスイッチをタップするように進んで、iPhoneのiCloud写真を有効にしてiPhone写真をiCloudに同期できるようになります。

質問 2:iCloudの他にiPhone写真をバックアップして保存できるサービスはありますか。

答え 2:もちろん、あります。例えば、Googleフォト、Googleドライブ、Dropbox、OneDriveなど。iPhone写真をこれらのクラウドストレージサービスにアップロードすれば、iPhoneの写真を削除する時、iCloudから写真が削除ても、何の心配もなくなりますね。

質問 3:どうやってiCloud写真を確認できますか。

答え 3:iCloudに同時同期する写真を確認したいなら、iPhone本体から見る方法、PCでiCloudにログインする方法があります。iPhone本体の場合、iCloudには「iCloudフォトライブラリ」という機能をONにして、iPhoneの写真アプリからiCloud写真を確認することができます。PCの場合、ブラウズからiCloud.comにアクセスして、iCloudアカウントにサインインします。そして、iCloud写真を見られます。

結論

以上は、iPhoneから写真を削除する時、その写真をiPhoneから削除しても、iCloudに残す方法のご紹介でした。今後、iPhoneのストレージを解放したりするために、iPhoneから写真を削除して、iCloudだけに残す気があれば、少しでもお役に立てればと何よりです。

見事

評価: 4.8 / 5 (合計129人評価)

推薦文章

コメントコメント確認、シェアしましょう!