ブルーレイ(Blu-ray)に関するノウハウ

Nov 14, 2019 17:40 / 編集者 カテゴリ BD/DVD
Follow @佐藤 みどり 佐藤 みどり

ブルーレイとは

一般的に、ブルーレイと言えば、ブルーレイディスク(Blu-Ray Disc)と言われると思います。Blu-Ray Discが青紫色半導体レーザーを用いる第3世代光デ                                                                                                                                ィスクの一種であり、映像、写真などデータの保存ツールとして利用されている物です。元々、DVDがデータ保存光ディスクの一位として存在して、全国各地の地上デジタル放送がデジタルハイビジョン放送になるとともに、ハイビジョン時代が徐々に近くなり、高精細映像を思う存分楽しめるために、DVDより解像度が高く、より容量の大きな映像が収録できる光ディスクが必要になります。この場合で、ブルーレイディスクが登場しました。

ブルーレイディスク

ブルーレイディスクがDVDと同じ、直径12cmサイズ、録画、データ用の2種類があります。

一般的に、DVD1枚で4.7GBの容量があり、Blu-ray Discは1層のが25GB、2層のが50GB、約DVDの5枚分の大容量があり、気楽に3時間を超えるハイビジョン映像を保存できます。

DVDが録画用のDVDとデータ用のDVDと分かれて、書き込みと書き換えの可能数に応じて、DVD-R/RW/RAM、DVD+R/RWなどたくさんのタイプがあり、ブルーレイディスクも同じ録画、データ用の2種類に分かれて、読み出し専用、追記型、書き換え型に応じて、BD-ROM、BD-R、BDXL、BD-REのフォーマットがあります。詳しい対応仕様なら、ブルーレイディスクまでご確認ください。

ブルーレイディスク

ブルーレイプレーヤー

テレビでブルーレイディスクを再生すると、ブルーレイプレーヤーが必要です。でも、どうやって自分に相応しいBD再生専門機を選びますか?ここでは、いくつかのアドバイスを共有します。

ブルーレイプレーヤーで、BD Discを再生できるだけでなく、DVD再生もサポートしています。ブルーレイプレーヤーは一般向けのBD再生専門機とポータブル ブルーレイプレーヤーのタイプがあります。ポータブル ブルーレイプレーヤーを持ち、直接にブルーレイディスクを置いて再生でき、いつかブルーレイディスクを見る時すぐ見えます。一般向けのBD再生専門機なら、端子を通してテレビと接続、ブルーレイディスクを挿入して再生できます。

今、多くほどのブルーレイプレーヤーがHD Blu-rayを観賞できるだけでなく、3D、4K映像効果のブルーレイディスクも対応しています。もし、ブルーレイディスクではなく、直接に手元の4K動画を再生すると、4Kテレビの以外、ある動画再生ソフトもサポートしています。もっと多くの動画再生ソフトを知りたいと、動画再生ソフト TOP5ご利用してください。

ブルーレイプレーヤー

ブルーレイレコーダー

実は、ブルーレイプレーヤーでBlu-ray ディスクを観賞する以外、ブルーレイレコーダーを利用してBlu-rayを再生できます。Blu-rayを再生する機能ではなくて、地上デジタル内容を録画できる機能がブルーレイレコーダーの一番優れた機能です。

録画機能があるブルーレイレコーダーの選び方と言えば、録画可能番組や、HDD容量がポイントです。いわゆる、このブルーレイレコーダーで同時に多くの録画可能番組の数量を録画可能、保存できる録画内容のHDD容量が大きいです。ブルーレイレコーダー本体の保存容量がいっぱいになると、ブルーレイディスクにダビングすればOKです。

ブルーレイレコーダー

ブルーレイドライブ

パソコンでBlu-rayディスクを再生すれば、ブルーレイドライブとブルーレイ再生ソフトが必要になります。ブルーレイドライブを選び際、以下のことをご注意ください。

パソコンとの接続方式によって、ブルーレイドライブが内蔵型と外付け型の2種類と分かれています。名前のように、内蔵型がドライブがパソコンの内部に収納されてパソコンと接続しています。外付け型なら、USBケーブルを経由して、ブルーレイドライブとパソコンと接続しています。インストール方式から見ると、外付け型の難度が低く、おススメます。 ブルーレイドライブを選び際、パソコンとの接続方式の以外、ブルーレイディスクのフォーマットに応じて、適用なブルーレイドライブ種類を選択してください。読み込みのみ型と書き込み可能型があり、用途に応じてご慎重に選んでください。

ブルーレイ再生ソフトを選び際、メニュー表示可能、チャプターを選択対応、スロー再生、早送りなど多く機能が考えるべきポイントです。

ブルーレイドライブ

Blu-ray VS DVD

Blu-RayはDVDより、より素晴らしい映像効果の高精細映像を楽しめたり、より多くのデータを保存できたり、より長い保存時間を保持できたり、より速い記録・読出し速度を保証できたりします。本体の違いの以外、関連AV製品も違います。

専門的なDVDプレーヤーで、DVD、CDを再生でき、ブルーレイディスクを再生不可能です。でも、ブルーレイプレーヤーは、ブルーレイとDVD両方を再生対応しています。レコードも各自対応の機器があり、混用できません。DVDを録画すると、特定のDVDディスクとDVDレコーダーが必要で、ブルーレイを録画すると、特定のブルーレイディスクとブルーレイレコーダーが必要です。

Blu-ray VS DVD

Blu-rayに関するFAQ

Q:どうしてブルーレイプレーヤーでDVDディスクを再生でき、DVDプレーヤーでブルーレイを再生できますか?

DVDプレーヤーは赤色レーザーを使って、ブルーレイディスクを読みこむと、青紫色レーザーが必要、レーザーに相応していないので、DVDプレーヤーで再生できません。でも、 BD再生専用機では下位互換性があり、DVD再生が可能になります。

Q:ブルーレイディスクの画質はどんな感じですか?

ブルーレイディスクは最高1,920× 1,080の解像度と最大54メガビットの帯域幅(通常のHDTV放送の約2倍)を備えています。テレビ放送の画質より、圧倒的な高精細映像効果です。更に、ブルーレイディスクの大容量のおかげで、高画質映像を圧縮せず、そのまま記録できるので、録画されたブルーレイディスクの画質も素晴らしいです。

Q:ブルーレイ リージョンは何ですか?

ブルーレイ リージョンとは、ブルーレイディスクの再生地域を制限するために、指定されたA、B、Cリージョンコードです。元々、ブルーレイ リージョンは映画会社が各地のブルーレイ映像の販売価格、日付、内容を制限するために生まれた物です。一般的に、ブルーレイパッケージでブルーレイ リージョンが載せています。更に、各地のブルーレイプレーヤーが各地に相応のブルーレイ リージョンのブルーレイディスクのみ再生できます。

リージョンコード 地域
A 南北アメリカ、東南アジア、日本、朝鮮半島、台湾及びそれら海外領土
B ヨーロッパ、中近東、アフリカ、オセアニア及びそれら海外領土
C 中央・南アジア、中華人民共和国、ロシア、モンゴル

Q:ブルーレイの録画時間はどのくらいですか?

ブルーレイの録画時間は使用するコーデックなどのディスク作成時の設定によって違います。単層のBlu-rayディスクなら、MPEG-2(HD)映像135分を保存、標準画質映像2時間分を保存できます。2層Blu-rayディスクなら、単層2倍の保存容量があり、より長い映像内容を保存できます。

見事

評価: 4.7 / 5 (合計78人評価)

推薦文章