ブルーレイディスク(Blu-ray Disc)- 概要、特徴、種類、FAQ

普段、皆様がブルーレイレコーダーでテレビ番組を予約、録画していますか?レンタル映画ブルーレイを楽しめていますか?記念ビデオをブルーレイディスクに保存したことがありますか?これらの操作がブルーレイディスクを基づいてやれますね。一体、ブルーレイディスクが何ですか?

ブルーレイディスク概要

ブルーレイディスク(Blu-ray Disc)は、ブルーレイディスクの再生や記録用に、青紫色レーザーを使う光ディスクです。DVDと同じ、直径12cmサイズですが、DVDより、5倍以上の大容量で、ハイビジョン映像と画像をそのままの高画質で保存できる物です。普段、ブルーレイと呼ばれています。

ブルーレイディスク特徴

従来、DVDがデータ保存ツールの一番の選択肢です。ハイビジョン時代の到来とともに、ただSD画質映像を保存、1枚1層で4.7GBを保存できるDVDディスクがもうハイビジョン映像のニーズに満足できません。この場合で、ブルーレイディスクが生まれてしまいました。

大容量

ブルーレイディスクは1枚1層で25GBの保存容量があり、。1枚2層のが50GBで、約DVDの10倍のデータを保存でき、3時間以上のハイビジョン映像が気楽に保存されます。

ブルーレイディスク

高画質映像を記録

DVDの場合、720×480ピクセル、約35万画素のSD画質映像を録画でき、BDの場合で1920×1080ピクセル、約207万画素のHD画質映像を録画できます。DVDと比べて、解像度が高く、映像の細部までもくっきり綺麗に表示できます。素敵な視覚効果をもらえます。

ブルーレイ高画質

高速な記録・読出し速度

DVDの最大転送レートが11.08Mbps(1倍速)、2層DVD(8.5GB)で8Mbpsの映像を約2時間しか録画できません。BDの最大転送レートが36Mbps(1倍速)、2層BD(50GB)で25Mbpsの映像を約4時間録画できます。BDの標準速が約DVDの3倍以上、大容量データが素早めに処理できます。

ブルーレイディスク種類

Blu-rayディスクはDVDと同様、大きく分けて「データ用 (for DATA)」と「ビデオ録画用 (for VIDEO)」の2種類があります。「ビデオ用」のが、主にブルーレイレコーダーでテレビ番組録画用に使っています。「データ用」のが、ビデオカメラで撮影した動画やパソコンの写真、映像などデータをブルーレイに書き込み用に使っています。ブルーレイディスクの種類がちゃんとパッケージに書かれています。

ブルーレイディスクは「データ用」、「ビデオ録画用」を分かれていますが、読み出し専用、追記型、書き換え型に応じて、BD-ROM、BD-R、BD XL、BD-REなど規格があります。それらのBD Discを書き込み、読み込むと、BDドライブが必要になります。

BD規格 書き込み 書き換え 書き込みBDドライブ 読み込みBDドライブ
BD-R 1回 NG OK 読み込みのみ対応
BD-ROM OK NG OK OK
BD-RE OK OK OK 読み込みのみ対応
BD XL OK OK 専用のみ対応 専用のみ対応

ブルーレイディスクに関するFAQ

Q:ブルーレイを追記書き込み時、ファイナライズが必要ですか?

ファイナライズの必要がありません。ファイナライズの操作がただDVDメディアに追記書き込みする際、終了したら必要なステップです。ブルーレイディスクの仕組みがDVDと違って、ファイナライズは不要です。

Q:ブルーレイのSL、DLの意味が何ですか?

「SL」(Single Layerの略)って、片面1層ブルーレイディスクで、「DL」(Dual Layerの略)って、片面2層ブルーレイディスクです。片面1層が標準仕様なので、パッケージには「SL」という表記が特に載せず、2層ののみ「BD-R DL」といった形で表記されています。

Q:ブルーレイディスクの使用期限はどのぐらいですか?

大体10年以上寿命があります。実は、ブルーレイディスクだけでなく、どんな光ディスクは経年変化につれて、劣化される可能性があります。保存使用環境や保存条件によって、使用期限が変わります。直射日光や温度・湿度差が激しいところに置いてない方がいいです。

佐藤 みどり

Jun 29, 2016 04:00 / 編集者 カテゴリ BD/DVD
Follow @佐藤 みどり