Burnova DVD 作成 Burnova DVD 作成

Aiseesoft BurnovaでAdobe Premiere Proの動画をDVDへ書き出し、作成してみましょう。

Down無料ダウンロード Down無料ダウンロード

100% 安全&クリーン

DVDとブルーレイの違いについて

ブルーレイとDVDの違いについて。子供の好きなアニメのDVDを購入しようと思っています。ブルーレイとDVD種類が二種類あるようですがどちらを購入すればいいのでしょうか?違いが分かりません。このような質問よく聞かれました。そこでこのページではブルーレイとDVDの違いについて紹介致します。

Apr 28, 2021 13:37 / 編集者 カテゴリ DVD オーサリング
Follow @佐藤 みどり 佐藤 みどり

DVDとブルーレイの違い

DVDとブルーレイの違い

みなさんは、例えばお好きな映画のDVDかブルーレイディスクを入手して、よりよく保存したいと思う時、どちらがいいか、つまり、DVDとブルーレイの違い、それぞれのメリットとデメリットに悩んだことがありますか。この文章により、DVDとブルーレイの違いについて、パソコン初心者にも分かるように簡単にご紹介したいと思います。

DVDとブルーレイの違い

定義から見るDVDとブルーレイの違い

「DVD」とは

DVDとは、コンピュータをはじめとする情報機器でデータ記録メディアとして利用される光学ディスクの一種です。規格の策定は業界団体のDVDフォーラムが行なっています。

「ブルーレイ」とは

ブルーレイというのは、DVDと同じディスクサイズでありながら、大容量を実現した光ディスクのことです。デジタル放送のハイビジョン録画にも対応できるメディアとして誕生した。青紫色レーザーでデータを読み取ることから「ブルーレイ ディスク」と呼ばれています。

DVDとブルーレイの違い – 容量

DVDとブルーレイはいずれも1層、2層の異なるディスクの種類があります。上記に述べたように、ブルーレイは大容量を実現したということから、1層のDVDは容量が4.7GBであるのに対し、1層のBD-Rは25GBの容量を誇ります。また、2層のDVDディスクは容量が8.5GBが、2層のBD-R DLは50GBの容量があります。

ブルーレイの場合は、3層BD ディスクもあるが、DVDもブルーレイも、主流が1層です。

DVDとブルーレイの違い – 画質

普通のユーザーの注目する点から言えば、DVDとBlu-rayの大きな違いは、やはり画質にあるでしょう。映像を見たときの立体感が明確に違うと言われていますが、DVDの画素数は約35万画素。それに対して、ブルーレイの画素数は207万画素です。つまり、画質からいうと、ブルーレイのほうが明らかに優位に立ち、映像はもちろん、音声もより綺麗に収録されます。

DVDとブルーレイの違い - 値段、耐久性、互換性など

値段。容量も画質もブルーレイのほうが優位に立つということから、値段といったら、ブルーレイがDVDより値段が高い。

耐久性。DVDの場合は、きちんとした環境で保管すれば、十年以上保存可能であるのに対し、ブルーレイのほうが壊れやすいです。少しの傷により読み込めなくなったりすることが多いです。

ソフト、機器などとの互換性。ブルーレイとDVDを再生できるソフトと機器などなら、DVDのほうが互換性が明らかに高いです。

特別紹介 - ブルーレイを高画質に再生するソフト

上記に述べたように、ブルーレイが大容量、高画質などの特徴を誇りますが、対応する再生機器やソフトが少ないことから、頭を悩ませているユーザーがいるかもしれません。そこでこの文章により、パソコン専用のブルーレイ 再生ソフトについてみなさんにご紹介したいと思います。

市販の同種のソフトがたくさん中、ブルーレイを再生する画質、流暢度、使いやすさなどを考えた上で、Aiseesoft社開発のブルーレイプレーヤーが実用性が高いと思います。このソフトにより、市販のブルーレイディスクを高画質に再生でき、MP4/MOV/AVI/MKV/MTS/M2TSなど幅広い動画形式に対応するということから、動画再生ソフトとしてご利用することもできます。

そして、ブルーレイを再生する時、お好きな画面がありましたら、下図の示している通り、再生ボタンのすぐ右にあるカメラ様式のボタンをクリックすれば、画面をキャプチャーできます。

ブルーレイを再生

また、ブルーレイ 再生に対応する機器やDVDを再生したいなら、ブルーレイプレーヤー ランキングDVDプレーヤー おススメまでご参考ください。

見事

評価: 4.8 / 5 (合計256人評価)

推薦文章

kommentarコメント確認、シェアしましょう!