FoneLab Logo iPhone データ 復元

iPhone データ 復元

まずは復元したいデバイスをUSBケーブルの経由でパソコンに接続します。それから、左側にある「+」ボタンをタップします。そうしたら、復元するパスの選択画面が表示されます。ニーズにより、iOSデバイスとiTunesバックアップファイルとiCloudバックアップのいずれかを選択し、復元できます。

種類を選択

iOSデバイスから復元

「iOSデバイスから復元」を選択したら、接続したデバイスが右側に表示されます。「スキャン開始」ボタンをクリックすると、iPhoneのデータが検索されます。

「iOSデバイスから復元」を選択データのタイプにより、左側にグループされます。復元したいデータのタイプを選択すれば、関連のデータが右側に表示されます。復元したいデータのボックスにチェック入れ、右下の「復元」ボタンをクリックし、開始です。

バックアップをスキャン

iTunesバックアップファイルから復元

「iTunesバックアップファイルから復元」を選択したら、iTunesバックアップファイルを選択するリストが表示されます。ニーズにより、バックアップファイルを選択し、右下の「スタート」ボタンをクリックします。そうすると、バックアップファイルのスキャンが開始です。

「iTunesバックアップファイルから復元」を選択

検出されたデータはタイプにより、左側にグループされます。復元したいデータのタイプを選択すれば、関連のデータが右側に表示されます。復元したいデータのボックスにチェック入れ、右下の「復元」ボタンをクリックし、開始です。

復元したいデータを選択

iCloudバックアップファイルから復元

「iCloudバックアップファイルから復元」を選択したら、iCloudにサインイン画面が右側に表示されます。iCloudアカウントサイン画面にApple Idとパスコードを入力しましょう。

iCloudアカウントサイン画面

それから、お使いのデバイスに確認コードを受信できます。

確認コード

デバイスの確認コードを確認した上、ポップアップされた2ファクタ認証の画面で入力します。

2ファクタ認証の画面

そうすると、「内容を確認」の画面が表示されます。復元したいデータ種類を確認し、選択します。そうしたら、下の「スタート」をクリックし、スキャン開始です。

「内容を確認」の画面次の画面でスキャンされたデータがタイプに応じて、左側に検出されます。復元したいデータのタイプを選択すれば、関連のデータが右側に表示されます。復元したいデータのボックスにチェック入れ、右下の「復元」ボタンをクリックし、開始です。

復元したいデータを選択

IOS システム 修復

ステップ 1

まずは「IOS システム 修復」ボタンをタップします。

「IOS システム 修復」を選択

ステップ 2

次の画面に日常よく発生する問題のリストが表示されます。修復できる問題を確認できます。確認できましたら、右下の「スタート」ボタンをクリックします。

修復できる問題を確認

ステップ 3

デバイスが接続したら、検出され、ここに表示されます。デバイスの情報を確認しましたら、「修復」ボタンをクリックします。

デバイスの情報を確認

ステップ 4

次の画面でニーズにより、標準モードと高級モードのいずれかを選択し、「確認」ボタンをクリックします。

モードを選択

ステップ 5

それから、次の画面でデバイスを最適化するためのファームウェアを選択します。下の「ファームウェアパス」を選択してから、「次へ」をクリックし、修復開始です。

ファームウェアを選択

iOSデータ バックアップ&復元

ステップ 1

まずは「iOSデータ バックアップ&復元」ボタンをタップします。

「iOSデータ バックアップ&復元」を選択

ステップ 2

次の画面でお必要に応じて、「iOSデータ バックアップ」や「iOSデータ 復元」のいずれかを選択します。

バックアップと復元を選択

ステップ 3

「iOSデータ バックアップ」を選択したら、デバイスの接続された画面がポップアップされました。ニーズにより、「標準バックアップ」と「暗号化バックアップ」のいずれかを選択し、下の「スタート」をクリックします。

バックアップのモードを選択

ステップ 4

次の画面でバックアップするデータの種類を選択し、前のボックスにチェック入れて、下の「次へ」をタップし、バックアップ開始です。

バックアップのデータを選択

ステップ 5

「iOSデータ 復元」を選択する場合、次の画面でバックアップされたデータを選択し、下の「バックアップをチェック」をクリックし、分析開始です。

「バックアップをチェック」をクリック

ステップ 6

分析完了したら、バックアップのデータがタイプにより、左側にグループされます。いずれかを選択し、タップすると、関連データが右側に展示されます。それから復元したいデータを選択し、ボックスにチェック入れます。お必要に応じて、下の「デバイスに復元」と「PCに復元」のいずれかをクリックし、復元開始です。

復元パスを選択

WhatsApp転送for iOS

ステップ 1

まずは「WhatsApp転送for iOS」を選択します。

「WhatsApp転送for iOS」を選択

ステップ 2

次の画面でニーズにより、「デバイス間転送」と「バックアップ」と「復元」のいずれかを選択します。

転送方式を選択

ステップ 3

「デバイス間転送」をタップすると、二つのデバイスが必要です。左のソースは、WhatsAppデータを持っているデバイスです。右の目標は転送したいデバイスです。中間の「切り変える」をクリックすると、ソースのデバイスと目標のデバイス位置が交換できます。すべての準備が完了すると、下の「転送開始」をタップしたら、開始です。

「転送開始」をタップ

ステップ 4

「バックアップ」を選択する場合、左のソースデバイスのWhatsAppデータを右の目標PCにバックアップできます。ニーズにより、保存先を選べます。準備が完了すると、下の「バックアップ開始」をタップしたら、始まります。

デバイスの確認とバックアップ

ステップ 5

「復元」をタップすれば、指定したWhatsAppデータをバックアップよりデバイスに復元できます。これをタップすると、左のはソースのバックアップデータです。右は復元したい目標デバイスです。両方は完全に接続したら、下の「復元」をタップしたら、始まります。

「復元」をタップ

以上では、「FoneLab」の使い方の説明です。ニーズにより、自由にご使用できます。