巡回 冗長 検査 CRC エラーが起こる時のデータ復元方法

パソコンでデータをコピーしたりする時、巡回 冗長 検査 CRC エラーになったことがありますか。巡回 冗長 検査 CRC エラーとはなんですか。巡回 冗長 検査 CRC エラーになる原因はなんですか。

CRC エラー データ復元

HDD、外付けHDD、DVDなどのハードディスク、光ディスクは、データ記録面に物理的なエラーが起きましたら、アクセスできず、データ読めなくなり、巡回 冗長 検査 CRC エラーというエラーが発生する可能性が高いです。特に、HDDはヘッドの劣化、プラッターの物理的な傷害で巡回 冗長 検査 CRC エラーが起こる可能性が一番高いです。で、HDDは巡回冗長検査エラー(CRC)が起こったら、中のデータはどうなるんですか。巡回冗長検査エラー(CRC)を修正する前に、データの損失を避けるために、ハードディスクデータを復旧したいなら、どんなHDDデータ復元アプリを使えば良いか迷っていますか。

ここでは、HDDの巡回冗長検査エラー(CRC)を修正する前のデータ復活方法をご紹介いたしましょう。

巡回冗長検査エラー(CRC)が発生したHDDのデータを復元

Aiseesoft HDD データ復元はHDD、外付けHDD、メモリーなどから消えた写真、画像、動画、音楽、ドキュメント等のファイルを復元することができます。それで、ハードディスクがCRCエラーが発生した時、そのまま修正せずに、データの安全のために、まずは、このHDDデータ救出でデータをサルベージしてください。

1HDDデータ復元を無料ダウンロード

データのレスキューのために、まずは、このハードディスクファイル復元を無料ダウンロード、インストールして、実行します。

2復元したいデータ、ハードディスクを選定

メインインタフェースでは、復元しようとするデータ種類、保存場所のハードディスクを選択します。

インタフェース

3データ、ハードディスクをスキャン

「スキャン」ボタンをクリックして、CRCエラーになったHDDをクイックスキャンし始めます。ファイルが見つからないと、「ディープスキャン」というモードをご利用下さい。

スキャン

4ハードディスクのデータを復元

スキャンし終わったら、復元したいHDDデータを選んで、「リカバリー」ボタンをクリックすれば復活させられます。

HDDファイルを復元

このハードディスクデータ復旧は「フィルタ」機能と「プレビュー」を搭載しているので、より速くデータを検索してから、データの中身を確認できるのが特徴です。ハードディスクなどの消えたファイルを復元するだけでなく、ハードディスク、パソコンのクラッシュ、SDカードのフォーマット、ユーザーの誤操作、ウイルス感染などで失ったファイルを復元することもできます。必要なら、削除ファイル復元をご参考下さい。

巡回冗長検査エラー(CRC)を修正

ハードディスクの巡回冗長検査エラー(CRC)を修復するには、ハードディスクを右クリックして、「プロパティ」->「ツール」->「エラーチェック」というオプションから「チェックする」を選択->「ディスクのチェックローカルディスク」というダイアログボックスが表示される、「チェックディスクのオプション」の「ファイルシステムエラーを自動的に修復する」、「不良セクタをスキャンし、回復する」にチェックを入れて、「開始」ボタンをクリックしてCRCエラーを修復できます。

以上はハードディスクの巡回冗長検査エラー(CRC)が発生した時にデータを復元、及び、CRCエラーを修正する方法のご紹介です。今後、何時かお役に立てば何よりです。

高木 晴子

Mar 27, 2018 09:39 / 編集者 カテゴリ データ 復元
Follow @高木 晴子