iPhoneでiCloudがバックアップできない場合の対処法

iPhone X/8/7/6などでiCloudバックアップを使った時、iCloudバックアップができない・取れないのはなぜでしょうか。下記では、iCloudのバックアップが作成できない場合の考えられる原因およびその対処法をご紹介いたしましょう。

Mar 12, 2019 15:19 / 編集者 カテゴリ バックアップ
Follow @高木 晴子 高木 晴子

「iCloudにバックアップできない。容量はたくさんあるはずなのに、バックアップがとれないです!めちゃめちゃ困ってます助けてください!」

「iCloudでバックアップが失敗してできませんでした。iCloudの全ストレージが5GBで、使用可能容量も5GBなのに、ストレージがいっぱいでiPhoneのアイクラウドバックアップができないとなってしまいます。よかった、iCloudバックアップの必要条件などをお願い。」

iPhoneをiCloudにバックアップできない

iPhoneをiCloudにバックアップ出来ない

iCloudのバックアップできないについて、Yahoo!知恵袋を利用したところで、以上のような質問にぶつかりました。iPhoneのiCloudバックアップに容量があるのにできないとか、iCloudバックアップを作成中で終わらないままできないのエラーが結構多そうです。今日は、iPhoneでiCloudのバックアップがエラーで取れない・出来ない場合の原因や解決案をご紹介いたしましょう。

iCloudのバックアップができない原因やその対処法

iCloudストレージの空き領域が不足

iCloudアカウントにログインしてiPhone、iPad、iPod touchのデータをすると、5GBの無料容量しか利用できません。そこで、iCloudストレージの空き容量が不足になると、アイフォンのiCloudバックアップが失敗し、できないのが当然です。よかったら、iCloudのストレージを増やす方法をご参考下さい。

iPhoneに空き容量が少ない

iPhone XS/XA Max/XR/X、iPhone 8/7/6/5/4でiCloudバックアップができない時、iPhoneに空き容量があるかもチェックすべきです。できれば、iPhoneに空き容量が50MB以上あることを確保してください。

Wi-Fiの接続が不安定

iPhoneでiCloudのバックアップを作成するには、Wi-Fiに接続するのは必要です。そのため、Wi-Fiネットワークに接続できない、Wi-Fiが弱い、Wi-Fiが不安定で切れてしまうと、iPhoneのiCloudバックアップも作成できないのです。その時、iPhoneを安定しているWi-Fiネットワーク環境に接続することをご確認下さい。

iCloudバックアップの代わりに使えるツール

iPhoneをiTunesにバックアップ

iCloudの代わり、Apple社が提供するiTunesでiPhoneをバックアップするのもよく使われています。iCloudのバックアップが出来ないと、iPhoneをiTunesにバックアップすることをおすすめ。

USBケーブルを介してiPhoneをiTunesのインストールされたパソコンに接続し、iTunesを立ち上げます。iTunesのインタフェースにiPhoneのアイコンが表示されると、そのアイコンをクリックし、「概要」>「バックアップ」>「今すぐバックアップ」をクリックすることでiPhoneのデータをiTunesにバックアップすることができます。

iCloudの代わりにiPhoneをiTunesにバックアップ

iCloudの代わりにiPhoneをiTunesにバックアップ

iPhoneデータバックアップツールをご利用

Aiseesoft iPhone データ バックアップはiTunesやiCloudの代わりとなれるツールで、iPhoneの連絡先、メッセージ、メモ、写真、ボイスメモなどのデータをパソコンにバックアップすることができます。では、iPhoneのiCloudで写真、連絡先、動画などのバックアップができない時、下記の操作手順でiPhoneデータをバックアップしてみましょう。

Step 1iPhoneデータバックアップを無料ダウンロード

iCloudのバックアップが失敗した場合、このiCloudバックアップの代わりで使えるiPhone iCloud バックアップを無料ダウンロード、インストールして立ち上げます。

Step 2iPhoneをパソコンに接続

iPhoneをパソコンに接続して、プログラムのインタフェースから「iOS データ バックアップ & 復元」という機能から「iOSデータバックアップ」を選択します。

iOSデータバックアップ

iOSデータバックアップ

Step 3バックアップモードを選択

ご自分の必要に応じて、標準バックアップか暗号化バックアップを選択します。プライバシーを保護するには、暗号化バックアップをお薦めします。その時、パスワードを設定し、きちんと保管して下さい。

バックアップモードを選択

バックアップモードを選択

Step 4バックアップしたいデータ種類にチェックを入れる

写真、電話帳、ボイスメモなどバックアップしようとするデータの種類にチェックを入れ、「次へ」ボタンをクリックします。

バックアップしたいデータ種類にチェックを入れる

バックアップしたいデータ種類にチェックを入れる

そして、画面の指示に沿って、iPhoneバックアップの保存先を設定して、iCloudの代わりでiPhoneのデータをバックアップすることが出来ます。

このiPhoneデータバックアップには、iPhoneデータ復元機能、iPhoneシステム修復機能も搭載されているので、iPhoneの不具合によって消えた連絡先、SMS、メモなどのデータを復元したり、iPhoneの故障で起こるブルースクリーン、リカバリーモードなどの異常モードを修復したりすることができます。必要なら、iPhoneデータ復元iPhoneバグ直し方などのガイドをご参考下さい。

見事

評価: 4.6 / 5 (合計10人評価)

推薦文章