iPhone データ 復元 iphone data recovery

iPhone、iPad、iPodから失われたデータを復元したいですか?このソフトは消えた写真、動画、連絡先、メッセージ、メモを復元できます。

Down無料ダウンロード Down無料ダウンロード

100% 安全&クリーン

iPhotoライブラリーのデータをバックアップする方法

先日、iPhotoライブラリーのデータをどのようにバックアップするかと友人に聞かれました。そのきっかけで、次のiPhotoライブラリーのデータをバックアップする方法についての文書を書きました。是非ご参考ください。

Apr 19, 2021 11:00 / 編集者 カテゴリ iPhone データ復元
Follow @高木 晴子 高木 晴子

Macユーザーなら、iPhotoは欠かせないツールで、それを利用することで写真などを気楽にアクセスできるし、すべての写真をまとめて保存できるし、すごく便利です。でも、ハードウェアのクラッシュなどのせいでiPhotoライブラリーに保存していたすべての記憶、写真を失う可能性が高いです。それで、iPhotoライブラリーのデータを事前にバックアップしておいたことが万全です。

iPhoto バックアップ

iPhoto バックアップ

で、iPhotoライブラリーのデータをバックアップしようとしても、方法がわからなくて困っていますか。iPhoto バックアップ方法をお探しですか。ここでは、iPhotoデータバックアップしたい方々のために、iPhotoのバックアップをご紹介いたしましょう。

iPhotoライブラリーを外付けハードドライブにバックアップ

iPhotoライブラリーを外付けハードドライブにバックアップするのが普通です。操作手順は下記のようです。

外付けハードドライブをMacに接続して開いて下さい。

Finderウィンドウが表示され、そのコンテンツが見えます。

新しいFinderウィンドウを開き、そして、お使いのMacの「ピクチャ」フォルダを開くと、その中には、「iPhoto Library」があることが見つけられます。

iPhotoライブラリーを外付けのハードドライブにドラッグします。ハードドライブには古いiPhotoライブラリーファイルが存在する場合、それを替えるかどうかを慎重に選択してください。

すると、iPhotoのライブラリーデータが成功に外付けのhddにバックアップすることができます。

iPhotoライブラリーをディスクにバックアップ

以上の外付けHDDにiPhotoライブラリーをバックアップするほかに、容量の小さなiPhotoライブラリーをディスクにバックアップするのも考えられます。

CD或いはDVDをパソコンに挿入してから、「ピクチャ」フォルダから「iPhoto Library」をデスクトップのディスクのアイコンにドラッグして下さい。

ディスクのアイコンをゴミ箱にドラッグしてみてください。すると、ディスクのアイコンをドラッグした途端に、ディスクの書き込みが始まります。ディスクを名前つけて、焼いて下さい。

iPhotoライブラリーが大きすぎ、ディスクにバックアップすることができないと、その一部だけをディスクに焼いても結構です。具体的に、iPhotoアプリケーションからバックアップしようとする写真を選択して、トップメニューから「共有」から「ディスクを作成」をクリックしてから、案内に沿って、iPhotoのコンテンツをCD或いはDVDなどに焼くことができます。

他にも、iPhotoのライブラリーデータをクラウドなどにバックアップすることもできます。今後、お使いのMacのハードドライブ不具合などのせいでiPhotoに保存していた写真を失わないように常にiPhotoのライブラリーデータをバックアップしておいて下さい。

見事

評価: 4.8 / 5 (合計365人評価)

推薦文章

kommentarコメント確認、シェアしましょう!