画面収録機能が登場!iOS 11/10でiPhone 画面を録画

iOS 11にアップデートした後、iPhoneだけでiPhone画面を録画できます。標準のiPhone録画アプリの他、iOS用のいい録画アプリも利用可能です。このページではiOS 11/10でiPhone画面を録画する方法とアプリを紹介します。

Jun 15, 2018 07:13 / 編集者 カテゴリ 録画
Follow @山崎 圭一郎 山崎 圭一郎

「iPhone 画面 録画についてです。

iPhone 6の画面 録画ソフトを探したいです。iOS 11では画面収録の機能が新規追加されたようですが、今はシステムをアップデートする予定はありません。Showがありますが、AirShowのダウンロード先をリンク貼ってくれれば嬉しいです。 脱獄なしの他のオススメがあれば、そちらも、アプリ名とダウンロードリンク貼り付けてくれれば嬉しいです。

回答よろしくお願いします。」

先日、知恵袋で上記の質問にぶつかったことがあります。調べてみると、このようにiPhone 画面 録画に頭を悩ませているユーザーがとても多いようです。そこでこの文章により、iOS 11とiOS 10あるいはそれ以前の二つの部分に分けて、iPhone 画面を簡単に録画する方法とiPhone 録画アプリをご紹介します。

2018年 iPhone 画面 録画 アプリ

2018年 iPhone 画面 録画 アプリ

一:iOS 11でiPhone 画面を直接的に録画

二:iOS 10あるいはそれ以前のiOSに対応 - iPhone 画面録画アプリ

一:iOS 11でiPhone 画面を直接的に録画

「画面収録」はiOS 11で追加された機能のひとつです。つまり、iOS 11 を搭載した iPhone 画面 録画したいなら、何らかのアプリなどを使わなくてもデバイス単体で簡単にできます。

コントロールセンターに「画面収録」を追加します。「設定」>「コントロールセンター」>「コントロールをカスタマイズ」の順に選択し、「画面収録」の横のプラス様式のボタンをタップします。

画面の下から上にスワイプしてコントロールセンターを開きます。

下図の示しているように、「レコード」ボタンをタップすると、3 秒のカウントダウンが開始されます。録画と同時に音声も録音したい場合は、「レコード」ボタンを強く押し、「マイクオーディオ」をタップします。

録画を停止するには、コントロールセンターを開いて をタップするか、画面上端の赤いステータスバーをタップし、「停止」をタップします。すると、録画したiPhone 画面がカメラロールに保存されたという提示が出てきます。

iOS 11でiPhone 画面 録画

iOS 11でiPhone 画面 録画

二:iOS 10あるいはそれ以前のiOSに対応 - iPhone 画面録画アプリ

ところが、「画面収録」機能がお気に入りですが、iOS 11にアップデータすればデバイスが重くなることを心配するiPhone 5/6のユーザーも多いでしょう。iOS 11あるいはそれ以前のシステムに、iPhone単体で録画するアプリがApp Storeに認められないので、専門的なiPhone 画面 録画アプリを使うか、AirServer経由してパソコンでiPhone 画面をレコードする必要があります。

専門的なiPhone 画面 録画アプリ(脱獄なし)

iRec

iPhoneだけで画面を録画できるアプリなどは「itune Store」に登録されるとすぐ削除されてしまうということから、iRecは脱獄不要、WEBからのインストールという使いやすさで特に好評。

iRec

ユーザーはiRecをクリックして、ソフトをダウンロードしてインストールしてください。使い方もとても簡単で、動画のタイトルなどを決めてだけ、「スタート」ボタンを押すだけでのことです。具体的な操作方法は、iPhoneだけで画面録画できる「iRec」が登場!脱獄も不要!までご参考ください。

AirShou

iPhone単体で画面を録画できる無料アプリ。AirShouは確かにShouのアップグレード版であり、Shou はiOS 9に対応できませんが、AirShouにアップグレードされてから、最新のiOS 9.3.1でも動作できます。

AirShou

まず、App StoreからShou.TVという「AirShou」で放送されている動画を視聴できるアプリをインストールして、Shouアカウントを作成してください。そして、AirShouをインストールします。デバイスを実行するために、iPhoneの設置に「信頼」を選択する必要があり、具体的な方法は、 AirShouの使い方までご参考ください。

やや手間がかかるのかもしれませんが、脱獄なし、無料で利用できるiPhone画面 録画アプリですので、お必要があればやってみてください。

そのほかにiPhoneだけで画面録画できるアプリを探したいなら、iPhoneやiPad、iPod Touchで画面を録画できるアプリ一覧をご覧ください。

iPhoneで画面録画できない原因と対処法

1 画面収録をオフにしている:画面収録をオフにしている場合、iPhoneではそのまま録画できません。「設定」→「一般」→「機能制限」の「GAME CENTER」項目で「画面収録」をオンにしてください。

2 サービス側で録画が禁止:iPhoneで画面録画アプリで録画した動画を再生する際、音ズレやビデオが見れないといった問題があるのは、サービス側で録画が禁止されているためです。

PCでiPhone 画面を録画

AirServer

Appleは公式のiPhoneの画面録画アプリを提供していなく、そして、App Storeから直接にインストールアプリではない限り、ウイルスなどの危険性は保証できないのです。ということから、PCを使ってiPhoneの画面を録画するのもいい選択の一つかもしれません。

AirServerをダウンロードして、パソコンにインストールしてから、まずiPhoneの画面を下から引っ張り上げ、「コントロールセンター」で「AirPlay」を選択します。そして、iPhoneが無事にAirServerに接続できるかどうかをご確認ください。そのほかに、パソコンとiPhoneが同じネットワークに接続されていることを確認しましょう。このようにして、iPhoneの画面をパソコンに映し出すはずです。

AirServer

AirServer自体には録画機能が無いので、録画するにはパソコンの画面をレコードできるソフトが必要なのです。例えばAiseesoft スクリーンレコーダーは評価が高く、操作も簡単で、パソコン初心者でも安心にご利用できる画面録画ソフトとして人々に重宝されています。スクリーンを自由に録画できるということから、iPhone画面を録画できる以外も、オンラインビデオなどを高画質にレコードすることもサポートします。

画面録画

パソコンで録画

主な機能

以上で、iOS 11でiPhone 画面を直接的に録画、また、iOS 10/9などに対応するiPhone 画面 録画アプリ、パソコンからiPhone 画面をレコードする方法についてのご紹介でした。最新のiPhone X/8/8 PlusやiPhone 7/7 Plus/6s/6s Plus/6 6 Plusを問わずに、以上紹介したiPhone 画面 録画する方法やアプリを使って見ましょう。

見事

評価: 4.3 / 5 (合計5人評価)

推薦文章