動画変換 究極動画変換 究極

動画変換 究極を起動、登録する

ダウンロード&インストール

この動画変換 究極をダウンロードするには、公式サイトへソフトをダウンロードしてください。そして「.exe」ファイルをクリックして画面のガイドに従ってインストールしましょう。

起動&登録

この動画変換 究極をインストールしたら、自動的に起動できます。起動する画面に「無料試用」をクリックすると、無料体験できます。「登録」ボタンをクリックしたら、「メールアドレス」と「登録コード」を入力して「アクティベート」をタップして、製品版に登録できます。。製品版を購入するには、「すぐ購入」ボタンをクリックしたり、または直接に製品の購入ページで購入できます。

動画・音声を変換

ソフトを起動すると、「変換」機能を利用して、動画、音声形式を変換することができます。

ステップ 1

画面の中央に「+」をクリックしてファイルを追加するか、或いは直接に「+」までドラックする。また、ホダリ上に「ファイルを追加」ボタンをクリックして、ローカルの動画またはオーディオファイルを選択して、ソフトにロードします。

ファイルを追加

ステップ 2

動画形式を変換する前に、「編集」ボタンをクリックして、動画の効果を編集できます。

動画編集

回転/クロップ

動画を左に回転、右に回転、水平回転、上下回転できます。クロップ機能を利用して動画の四周にある黒帯・余白を素早く検索して、迅速に黒い領域&余白を削除して、動画のサイズも小さくなります。アスベスト比とズームモードもニーズに応じて調整できます。

回転/クロップ

エフェクト&フィルター

動画のコントラスト、飽和度、輝度、色相をニーズに応じて調整できます。「フィルター」には幾つかのシーンの効果を無料に提供しています。素晴らしく、Ins風個性的な動画を作成できます。

エフェクト&フィルター

ウォーターマーク

自分なりの動画を作るように、動画にテキストまたはイメージ形式のウォーターマークを追加することができます。テキストのフォント、サイズ、色を選択して、ウォーターマークの位置、透明度を調整できます。

ウォーターマーク

オーディオ/字幕

動画にオーディオトラック/字幕を追加することができます。オーディオトラックの音量とディレイも調整できますので、音声がビデオに合わないという問題も解決できます。また、字幕にフォント、カラー、位置、透明度などの設定もできます。

オーディオ/字幕

ステップ 3

動画の長さを調整したいなら、カット機能を利用して必要の動画の部分だけ保留します。ただ開始時点と終了時点を設定して、特定の部分を自由的に切り取って、幾つかのセグメントを一つのファイルに結合できます。

オーディオ/字幕

ステップ 4

出力形式を選択。ターゲット動画を目標の動画形式に変換すれば、右上のフォーマット選択ボタンをタップして、表示される形式から目標の形式を選択できます。この動画変換ソフトはいろんな動画形式をサポートすることができます。

出力形式を選択

ステップ 5

最後に、「変換」をクリックして、動画を変換開始します。幾つかの動画ファイルを一つのファイルに変換すれば、「一つのファイルに結合」をチャックに入ればいいです 。

変換

MVを作成する方法

このソフトのMV作成機能は、プロのデザイナーにより設計されたテンプレートが数多く用意されています。気になるテーマ、トランジション、フィルター効果、バックグランドミュージックを選択して、動画、スライドショーに追加することができて、MVの作成にとても便利です。

ステップ 1

ソフトを起動してから、MV機能を選択してください。そして、「追加」ボタンをクリックするか、または「+」ボタンをクリックして、ファイル/フォルダを追加してください。様々なテーマが無料に用意されていますので、好きなテーマを選択することができます。

MV動画素材 追加

ステップ 2

「編集」をクリックしたら、ニーズに応じて動画の回転・クロップなど調整できます。また、開始&終了のタイトルやオーディオトラックも設定できます。

MV動画 編集

ステップ 3

MVの名前を編集してからフォーマット・解像度・保存先などを選択してください。すべての設定が終了してから「エクスポート」をクリックすると、MVのエクスポートが開始します。

MV動画 保存

動画をコラージュする方法

2つまたはそれ以上のビデオを一つのフレームにコラージュして同時に再生したいなら、このソフトはとても便利です。同時に幾つかのビデオを分割画面に並べることができます。

ステップ 1

ソフトを起動してコラージュ機能を選択してください。そして、「テンプレート」をクリックすると、用意されたコラージュテンプレートがたくさんでできます。好きなスタイルを選択して「+」ボタンをクリックすると、ファイルをロードします。

動画 追加

ステップ 2

ロードされたファイルに美しいフィルターを追加することができます。バックグラウンドミュージックの追加も可能です。バックグラウンドミュージックの再生効果がループ再生・フェードイン・フェードアウト三つあります。好きなスタイルでバックグラウンドミュージックを再生することができます。

出力形式を選択

ステップ 3

ファイルの名前を編集してからフォーマット・解像度・品質・保存先などを選択してください。最後に、「エクスポート」ボタンをクリックすると、ファイルのエクスポートが開始します。

出力形式を選択

動画を逆再生

動画の終了時間から開始時間まで再生できる機能です。

ステップ 1

ソフトをインストールして開き、ツイルボックスをクリックしてください。ツイルボックスのインターフェースで動画逆再生を選択してください。

動画逆再生をクリックして、逆再生したい動画ファイルを追加します。

動画を追加

ステップ 2

このインターフェースで逆再生動画の開始時間と終了時間を設定できます。保存先とビデオの名前を設定した後、エクスポートをクリックして、逆再生を始めます。

動画を設定

動画倍速再生

このツールを使って、動画の再生スピードを調整できます。

ステップ 1

ソフトを起動すると、ルボックスのインターフェースで動画スピード 管理を選択してください。

動画を追加

ステップ 2

動画スピード 管理をクリックして、再生スピードを調整したい動画ファイルを追加します。このインターフェースで動画の再生スピードを選択できます。保存先とビデオの名前を設定できます。

動画を設定 

ステップ 3

出力設定を開き、動画のフォーマット、解像度、フレームレート、音声設定などを設定できますエクスポートをクリックして、再生スピードを調整できます。

動画を出力

動画を圧縮

動画のサイズが大きいと、ストレージが多く占められるだけではなく、アップロードのスピードも落とさせます。その故、動画を圧縮する必要があります。Aiseesoft 動画変換 究極がその必要を満たせます。

ステップ 1

ツールボックスの中で「動画圧縮」をタップして、現れた画面の「+」で動画ファイルをソフトにロードします。

動画を追加

ステップ 2

ここで、数字を入力するか、カーソルでドラッグするかどちらも直接にサイズを圧縮できますので、とても便利です。そのほか、フォーマットを変換するのもサイズに影響を与えます。注意すべきなのは、サイズを圧縮し過ぎると画質が下がることです。 前のプロセスが終わったら、動画の名前や保存先を選択しましょう。ついでに、「プレビュー」で動画を前もってチェックすることができます。問題はなければ、「圧縮」ボタンを通じて完成します。

動画を圧縮

ウォータマークを除去

ウォータマークは動画の著作権を表記するものですが、二次創作に迷惑を付けます。現在、Aiseesoft 動画変換 究極を使えば、ウォータマークを取り外せます。

ステップ 1

ソフトを起動してツールボックスを選択してください。そして、「動画ウォータマーク除去」に入れて、新しいウィンドウで「+」ボタンでウォータマークのある動画ファイルをロードします。

動画を追加

ステップ 2

ご覧の通り、追加された動画がウォータマークに印されています。「+除去範囲を設定します」ボタンをクリックした後、画面に現れた黄色枠をウォータマークの真上にドラッグすればスマートに除去できます。そして、セグメントの長さ、終始時間、サイズなどの設定も簡単に調節できます。

ウォータマークを除去

ステップ 3

ファイルを名付けてから、歯車の「セット」でフォーマット・解像度・品質などを選択しましょう。最後保存先を設定した後、「エクスポート」ボタンをクリックすると完成します。

ウォータマークを除去

メディアメタデータを編集

保存したビデオの情報を利用したいなら、Aiseesoft動画変換 究極の「メディアメタデータエディター」を使えば解決できます。

ステップ 1

「ツールボックス」をクリックして「メディアメタデータ編集」オプションをタップしてください。ポップアップしたウィンドウに動画/音声ファイルを追加します。

動画を追加

ステップ 2

ファイルは追加されたら、動画/音声のタイトル、アーティスト、アルバムなどの情報を編集できます。情報を編集したら、「保存」をクリックしましょう。

情報を編集

音声を同期

録画した時のミス或いはビデオファイルのバグは画面と音声のズレをもたらします。その時動画を見るのは大変悪い体験がします。「Aiseesoft 動画変換 究極」の「音声同期」を利用して解決できます。

ステップ 1

ソフトを開き、「ツールボックス」の中で「音声同期」をクリックします。新たに出た画面で動画ファイルを追加します。

動画を追加

ステップ 2

この画面で「ディレイ」を利用して音声を繰り上げたり、遅らせたりすることができます。もし、音量が自分の需要に満たせないと、隣のボタンで同じように調節できます。簡単でしょう。

音声を同期

ステップ 3

さらに、出力の歯車の「設定」で解像度とフォーマットと品質などを選択します。名前や保存先を決めた最後、「エクスポート」をクリックすれば音声同期の創作が完成します。

音声をブースト

自分の設備のボイスが最大化したのに、音声はあまり変わらず小さくて聴きにくいです。これはビデオのオーディオトラック自身の問題かもしれません。下記の機能で解決してみましょう。

ステップ 1

ソフトを開き、「ツールボックス」の中で「音声ブースター」をクリックし、新たに出た画面で動画ファイルを追加します。

動画を追加

ステップ 2

この画面で「音量」で、シークーバ―を利用したり、数字出入力したりすることで音声を無損失に調節できます。必要に応じて、隣の「ディレイ」で音画同期という調節する機能もあります。

音声をブースト

ステップ 3

出力設定を開き、動画のフォーマット、解像度、フレームレート、音声設定などが設定できます。名前や保存先を決めたら「エクスポート」をクリックすればいいです。

動画を回転

撮影する時、録画設備の持ち方により、作成した動画の画面が回転されることがよくあります。「動画回転」を利用して改正しましょう。

ステップ 1

ソフトを開き、「ツールボックス」の中で「動画回転」をクリックし、新たに出た画面で動画ファイルを追加します。

動画を追加

ステップ 2

この四つのボタンを利用して、左右90度、垂直、水平回転することができます。自分の必要に即して調節すればいい。終わったら出力で動画のフォーマット、解像度、フレームレート、音声設定などをセットし。名前や保存先を決めたら「エクスポート」をクリックすればいいです。

動画を回転