YouTubeで人気ビデオを見る際、自分で動画を作ってみようと考えている人が結構いるでしょう。でも、いざ自分で作るとなる際、何を作ればいいか、或いは、せっかく使った動画をYouTubeにアップロードして視聴回数が余り上がらないことに困っているでしょう。また、動画をビジネスに活用する会社も増えていてYouTubeの広告で儲けているユーチューバーもいます。でも、YouTube動画をYouTubeやGoogleの検索上位に表示させるにはどうすればいいでしょうか。

そこで、初心者でも今スグ使えるYouTube動画を上位に表示させるYouTube SEO対策の16コツを紹介しましょう。動画コンテンツの選定から、ビデオ作製段階の注意事項、YouTubeサイトにアップロードする際のポイント、YouTubeビデオの宣伝まで実用性の高いコツを網羅しています。では、早速これから五つのステップからこの17個のYouTube SEO対策を展開しましょう。

YouTube SEOとは

でも、その前にYouTube動画を検索上位に上げる絶対外せないYouTube SEO対策がどんなものか、簡単に解説しましょう。YouTube SEOとはアップロードした動画をYouTubeやGoogle検索エンジンの結果に上位を表示するという手法、テクニックのことです。良質の動画コンテンツを作るのが既に不十分です、YouTube SEO対策を重視するのも多くの見込み客を獲得するポイントとなります。

ステップ1:肝心なYouTubeビデオキーワードを選定する

第一のコツはYouTube動画のキーワードを選定することです。YouTubeのほとんどの再生は、YouTubeプラットフォーム内で行われますが、Google検索結果に表示させ、視聴回数を何倍に増えることも可能です。すべてのキーワードの検索結果にはビデが出てくるわけではないから、ここで選択するキーワードは既にGoogleに動画検索結果を持つビデオキーワードのがトリックです。

Google 動画検索結果

Step 1Googleでキーワードを検索する

作成したい動画の分野のキーワードをGoogleで検索して、検索結果に動画が表示するキーワードをリストアップします。あるいは、競合チャンネルの人気動画を調べてビデオキーワードをリストアップします。

Step 2ビデオキーワードの関連キーワードを調べる

先のステップでリストした候補ビデオキーワードをGoogleキーワードやSemrushなどのツールで関連キーワードを検索してください。下記は「YouTube ゲーム実況」を検索した結果です、キーワードの検索ボリュームや難しさも示されます。

関連キーワード

キーワードの検索ツール

1.Google AdWords

2.Semrush

3.Afres

Step 3YouTubeビデオのキーワードを決める

ビデオキーワードを決める際、大きすぎても小さすぎてもダメです。検索ボリュームの多いキーワードが範囲が広すぎてビデオのコンテンツが精確に把握できません。それに対してだれも検索しないようなキーワードで動画を投稿しても意味がありません。

Tips:Google検索では、チュートリアル、レビュー、ハウツー、プレゼンテーション、ダイエットやスポーツ関連のものと面白い動画のようなタイプの検索キーワードにおいて動画を表示する傾向にあります。

ステップ2:YouTube動画を作る

YouTubeは世界最大の動画共有サービスとして、豊かな動画ファイルが集まっています。主に、YouTubeの動画ファイルにテレビ動画と自作動画の2種類があり、ここで検討する動画ファイルは自作YouTube動画です。

自作YouTube動画と言えば、大体、画像+文字+BGMのテキスト動画の形式で現れ、企画立案、撮影、編集などすべて自分で行わう完全オリジナル動画と言う物です。なら、どんな動画はYouTubeに上位をもらえますか?

Google SEOと同じ、YouTube SEOもユーザー達のニーズに一番最適、豊な検索結果を提供することを目指してやっています。YouTube SEOに対して、動画ファイルの質、価値、面白さが重要な判断要素となります。なら、どうすれば、質、価値、面白さの3要素を備えている動画ファイルを作成できますか?これから、一歩ずつ紹介いたします。

ステップ3: YouTube に作った動画をアップロード

以前のように作った動画を簡単に説明してアップロードした後、天に任せというような気持ちで視聴回数を増えるのを待つのはだめです。YouTubeに動画をアップロードする際、色々なYouTube SEOコツを採用すれば、YouTube動画お最適化して検索上位に上げるのも簡単です。

YouTube SEO 対策三:目を引くタイトルがポイント

検索結果に一番目に入るのが動画のタイトルです、そこで、YouTube動画をアップロードする際、ユーザーがクリックして再生したくなるタイトルを工夫して、クリック率を高めるでしょう。

既に上位に表示する動画のタイトルをリストアップして共通点をまとめます。

キーワードをタイトルの先頭付近に配置して、わかりやすく、興味を惹くタイトルを書きます。タイトルが最後まで表示できるよう、文字数は32文字以内に収めてください。 例えば「手作りで椅子を作った」を「【DIY】普通の椅子をDIYでかっこよくアレンジした!」にしたほうが目を惹くでしょう。

YouTube SEO 対策四:動画の内容を説明する説明文

動画の説明文はYouTubeとGoogleが動画コンテンツの内容をよく理解するのに役立ちます。GoogleとYouTubeは英語以外の動画の内容を完全に理解できないので、ビデオの説明文に結構依存しています。

・最初の70文字にはキーワードを含めて動画の概要を説明する

・「もっとも見る」をクリックして表示され内容は詳しく説明する

・キーワードは2~4回使用する

・外部リンクを説明文の冒頭に設置する

以上のポイントを満足する長い説明文は動画のランクを上げるのに役だつほか、関連のおすすめ動画に表示される頻度は高くなります。

YouTube SEO 対策五:タグ

タグは視聴者に動画の内容を伝えるほか、YouTubeにも伝えることが可能です。実はYouTubeはタグによって内容の類似した動画に関連付け、関連性の高い動画が推薦され、クリック率が高まります。

ステップ1でリストアップしたビデオキーワードや関連キーワードがタグとして使うべきでしょう。あるいは、検索結果の上位にある動画のタグを参考します。でも、動画の内容と関係ないタグを使わないことにご注意ください。

YouTube SEO 対策六:サムネイル

サムネイルは画像として一番目に入るものです。サムネイルはひと目で動画の内容を判断できますので、サムネイルの質によって見るか見ないかを判断できます。そこで、クリック率を上げるにはサムネイルも重要なポイントとなります。

YouTube SEO 対策七:字幕

字幕は説明文と同じ、動画の内容をキーワードで説明することを通じて、動画をYouTubeでの検索に最適化できます。

操作手順:YouTubeに動画をアップロードする際、動画の音声をテキスト化する字幕機能がついています。そこで、動画内の音声をテキスト化にしてください。

YouTube SEO 対策八:カードと終了画面

YouTubeの編集機能でビデオカードと終了画面を編集できます。カードを設定することで、チャンネルの宣伝や再生リスト、アンケート調査、外部ウェブサイトへのリンクが可能です。今、チャンネルカード、寄付カード、視聴者ファンディング、リンクカード、アンケートカード、動画カードまたは再生リストカード六種類のカードが追加できます。

動画に終了画面を追加することで、ビデオ、再生リスト、チャンネルに視聴者を誘導したり、チャンネル登録を呼びかけたり、ウェブサイト、商品、キャンペーンを宣伝したりすることが可能です。終了画面は最後に視聴者に強い印象を与えるものとして、視聴者の行動を考えたうえで追加するべきです。

ステップ4:YouTube 動画を管理(3コツ)

YouTubeに動画をアップロードした後、自分の登録したビデオを管理することも大事です。だいぶの人がステップ3までやったですが、YouTube動画の管理に疎い人が結構います。自分がアップロードしたビデオが個別な存在ではなく、すべての動画を関連してYouTube SEO効果も倍増できると思います。

YouTube SEO 対策九:再生リストを作成する

定期的にYouTubeに動画をアップロードしている人にとって、手間をかけずに動画の視聴回数を向上するには一番効くな方法は再生リスト作成することです。一本一本の動画を再生リストにして最後まで見てもらえる確率が高まります。

まずチャンネルに登録したすべてのビデオをカテゴリごとに整理します。

関連性の高いビデオをまとめて一つの再生リストに作成します。

再生回数の高いリストに新しい動画を追加します。

再生リストを作成作成した後、定期的に動画の視聴回数を注意する必要があります。途中で離脱する率の高いリストは再編集してください。

YouTube SEO 対策十:チャンネルを活用する

自分のチャンネルと関係あるチャンネルをお互いにチャンネル登録して、ユーザーが他のチャンネルを視聴する際、おすすめとして表示されるようになります。チャンネルを作成する際、チャンネルのおすすめを有効にすれば、自分のチャンネルを見てくれる可能性がある視聴者が見ている他のチャンネルに、自分の YouTube チャンネルがおすすめとして表示されるようにすることができます。

YouTube チャンネルにログインします。

画面右上のアカウント アイコン > [クリエイター ツール] をクリックします。

左側のメニューで [チャンネル] > [詳細設定] を選択します。[自分のチャンネルが他のチャンネルのおすすめに表示されることを許可する] をオンにします。

YouTube SEO 対策十一:定期的に動画を更新

YouTube SEOの対策は最後にチャンネルを登録してもらうことです。多くの人が自分のチャンネルを登録すれば、毎度動画を更新する際、ユーザーに通知が行くようになるため、検索の手間をかけずに自分の動画が多くの人に見られます。それにチャンネル登録数の高いビデオもYouTubeやGoogleの検索上位に入りやすいです。そこで、定期的に動画を更新することがチャンネル登録をしてもらうための重要なポイントです。

ステップ5:YouTube動画を宣伝する(5コツ)

キーワードでYouTubeやGoogle検索エンジンでランキングするほか、自分からYouTube動画を視聴者の目に触れる機会を増やさなければなりません。YouTube以外のサイトで動画のシェア数もYouTubeアルゴリズムの要因と考えられます。競争が激しい YouTube で上位表示するには、YouTube動画の宣伝は欠けてはならないものです。

YouTube SEO 対策十二:TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアでシェア

TwitterやFacebookは日本でよく使われるソーシャルメディアとして活躍ユーザーが多いです。それにほかの宣伝手段と比べて、ソーシャルメディアへシェアするのが簡単でエンゲージメントの向上と効果を期待できます。

YouTube SEO 対策十三: Q&Aサイトに動画リンクを貼り付ける

Yahoo!知恵袋や OKWAVE などのQ&Aサイトの回答に動画を使用するのがテキストの回答より、専門性や信頼性が高いそうです。参考となる動画のリンクを貼って回答すれば、簡単にYouTube動画を宣伝できます。

まずQ&Aサイトでキーワードを入力して自分の動画と関係性の高い質問をスクリーニングします。

質問日時の新しい順で表示させ、関連性の高い問題にYouTube動画リンクを貼り付けます。

YouTube SEO 対策十四:ブログ記事に動画リンクを貼り付ける

ブログ書いているユーザーに対してはYouTube動画をブログに埋め込むのが簡単な 方法です。それに、YouTube動画の存在でユーザーの滞在時間が長くなり、このページのGoogle SEOにもいい影響をしています。

YouTube SEO 対策十五:コメントを励む

動画にコメントを促すメッセージ加えるほか、この動画を他の人に宣伝や推薦する際、コメントしていただいたら、検索上位に入りやすいです。コメントの多い動画は少ないのより、エンゲージメントが高く上位表示の可能性が高いです。それを実現するには、動画自体に工夫する以外、

一般の手段:この種類の動画に興味のある人に連絡して評価してもらうこともできます。 高級手段:会社のチャンネルなら、メールでサイトのニュースレターの登録者に知らせることもできます。

YouTube SEO 対策十六:チャンネル広告を選択

自分でYouTube動画を宣伝するほか、広告形式で動画を宣伝する手段もあります。特に動画の宣伝に時間がない会社運営のYouTubeチャンネルにとってはこちらの方法が向いているかもしれません。

YouTubeにログインし、クリエイターツール→動画の管理から宣伝したい動画を選択します。

状況によって費用が違いますので、自分の予算により指定してください。そしてチャンネル広告のターゲットですが、地域や興味関心で絞ることも可能なので、必要によってターゲットを設定します。

Googleアドワーズで広告の内容を確認してからキャンペーンスタートです。

以上はビデオキーワードの選定、動画コンテンツの作成、YouTubeアップロードの注意事項、YouTubeチャンネルの管理、動画の宣伝この五つのステップから解説したYouTube SEOの15個のコツでした。これらの内容は動画の選材から宣伝まで詳しく説明したのですが、どのステップも複雑なところがありません。上記のように実施すれば、時間もかからず、質もエンゲージメントもいい動画を簡単に作り、YouTube動画も容易く検査結果の上位に表示させるでしょう、早速やってみましょう。

高木 晴子

April 16, 2018 09:36 / 編集者 カテゴリ データ 復元
Follow @高木 晴子