iPhone データ 復元 iphone data recovery

iPhone、iPad、iPodから失われたデータを復元したいですか?削除されたデータを復元できます。

Down無料ダウンロード Down無料ダウンロード

100% 安全&クリーン

iTunesの暗号化されたバックアップとパスワード

iPhoneには様々なパスワードがあるでしょう。実は、iPhoneのように、iTunesも異なるパスワードがあります。この中には、iTunes パスワードとiTunes 暗号化バックアップパスワードは混同されやすいです。では、それについてのことを一緒に見ましょう。

Aug 02, 2021 11:53 / 編集者 カテゴリ iPhone データ復元
Follow @高木 晴子 高木 晴子

iTunesのバックアップパスワードとは何ですか? これは、iTunesでユーザーのiPhone、iPad、またはiPodのバックアップファイルを保護し、暗号化するためのパスワードです。 iTunesのパスワードとiTunesのバックアップパスワードとは混同されやすいですが、この記事では、その区別についてご紹介したいと思います。

iTunes 暗号化バックアップのパスワード

iTunes 暗号化バックアップのパスワード

iTunes パスワードと暗号化バックアップパスワードの違い

iTunes ログイン

iTunes ログイン

iTunes パスワード:iTunes Storeにサインインするためのパスワードです。つまり、iTunes パスワードはApple IDのパスワードと同じで、Apple IDアカウントと一緒なものです。 iTunes パスワードを忘れた場合は、Apple IDを変更することができます。

iTunes 暗号化バックアップパスワード:iTunesバックアップパスワードとも呼ばれ、iPhone、iPad、またはiPodのiTunesバックアップを保護するために使用します。 パスワードが作成されてから、iTunesの暗号化バックアップの機能は自動的にユーザーのファイルをロック、エンコードします。iTunesパスワードとは違って、iTunesバックアップパスワードにはアカウントが必要ありません。

続けてiTunesの暗号化されたバックアップとiTunesの暗号化されたバックアップパスワードを設定する方法についてご説明いたします。

iTunesで暗号化できるもの

iTunesでバックアップを暗号化してデータをロックしてエンコードすることができます。連絡先、ビデオ、音楽、その他の定期的なデータ以外にも、他の情報をバックアップすることができます。例えば:

iTunesでバックアップを暗号化する方法

iTunesで暗号化バックアップパスワードを作成する方法

iPhone、iPad、またはiPod touchのバックアップを初めて暗号化したい場合は、iTunesのバックアップパスワードを作成することにより、暗号化バックアップ機能を有効にする必要があります。その後、iTunesは自動的に暗号化されたバックアップを作成します。

最新のiTunesをダウンロードして起動します。

USBケーブル経由してiOSデバイスをパソコンに接続すると、iTunesは自動的に認識します。左上隅のデバイスアイコンをクリックして、[概要]ウィンドウに入ります。

メインインターフェイスから、「iPhone / iPad / iPodバックアップの暗号化」オプションを選択します。

iTunesバックアップパスワードの作成するというメッセージが表示され、覚えやすいパスワードを作成してください。

パスワードを確認してください。その後、iTunesはこの前のバックアップを上書きし、新しい暗号化されたバックアップを作成します。

暗号化されたバックアップを確認する

「編集」(Windowsの場合)または「iTunes」(Macの場合)>「環境設定」>「デバイス」を順次クリックします。デバイス名の右にロックアイコンがあり、iTunesバックアップのデータと時刻が表示されます。

iTunesバックアップの暗号化を無効にする

iTunesの暗号化機能を無効にするには、パスワードを入力し、暗号化されたバックアップにチェックを外す必要があります。

結論

iTunesのバックアップパスワードは必須です。 覚えていない場合は、iTunesのバックアップパスワードを復元するか、iTunesバックアップの代わりにiCloud バックアップを作成するか、iPhone / iPad / iPodを出荷時の設定にリセットする必要があります。

見事

評価: 4.8 / 5 (合計274人評価)

推薦文章

kommentarコメント確認、シェアしましょう!