iPhoneのストレージ不足を解決できる方法

知らず知らずのうちに、iPhoneのデータが多くなり。積んでいたデータがiPhoneのストレージ容量を大いに占めて、余裕がなくなります。ですから、iPhoneの速度はだんだん遅くなってしまいます。どうすればiPhoneのストレージ容量を減らし、スピードをアップさせるかを見ましょう。

Nov 06, 2018 08:20 / 編集者 カテゴリ iOS, iPhone データ消去
Follow @高木 晴子 高木 晴子

「iPhoneのストレージ容量不足で困っています。16GBでいいかと一番小さいのにしてしまったのですが、本当にすぐ容量がいっぱいになってしまいます。どうすればよいのでしょう?」

「iPhone6のストレージが不足してるのですが解決策はありますか?写真はほとんど消し、アプリやゲームもほとんど消したのにストレージの容量がほとんどありません。どうにかなりませんか?」

iPhone ストレージ 不足  

iPhone ストレージ 不足

Yahooで調べたところ、多くのユーザがiPhoneストレージの不足に悩まれています。ここでは、自分の経験に基づき、iPhoneのストレージ不足を解決できる方法を皆さんと分かち合いたいです。

iPhoneのストレージを整理する

ファイルやアプリを削除したり、別の場所に移動したりする前に、まずはiPhoneのストレージの状況を調べてみる必要があります。

iPhoneの「設定」から[一般]>[iPhoneストレージ]とタップしてください。

すると、どんなデータ(App、メディア、写真、その他)がどれだけのスペースを占有しているかを示すグラフが表示されます。またその下に、さまざまなアプリがスペースの占有量の順に並んでいるのが見えるはずです。

1、不要なアプリを削除する

ゲームアプリやカメラ・動画アプリなどは大きいものでストレージを大変占めます。容量が大きいのにあまり使わないアプリは次の手順に従って削除し、容量を解放させましょう。 [設定]>[一般]>[iPhoneストレージ]で、アプリごとの利用しているストレージ容量が表示される。不要なアプリをタップし、[Appを取り除く]か[Appを削除]を選択してください。

2、写真、音楽、動画をバックアップして、削除する

大量の写真、音楽、動画はストレージを圧迫します。これらのデータは今使わないですが、今後は使う可能性があります。消すか消さないかを躊躇ったら、まず、写真、音楽、動画をバックアップしましょう。 バックアップの方法までご参考ください。バックアップしてから削除してください。

3、Safariの閲覧履歴を削除する

サイトの閲覧により、履歴やサイトデータなどのキャッシュが保存されると、ストレージ容量を圧迫します。このデータも削除して、ストレージの空き容量が大きくなります。ですから[設定]>[Safari]>[履歴とWebサイトデータを消去]の手順に従って、Safariの閲覧履歴を消してください。

4、LINEアプリのキャッシュを削除する

LINEには、キャッシュと呼ばれる一時保存データを削除できる機能が存在します。 トーク履歴や写真・動画は削除せずに、一次保存された再ダウンロードが可能なキャッシュデータのみ削除できますので、活用してみてください。 LINEアプリの設定画面を開き、トークをタップします。最下部の「データの削除」をタップし、「キャッシュデータ」のみにチェックを入れて「選択したデータを削除」をタップしましょう。

様々な不要なデータがiPhoneに保存されているから、ストレージ容量不足になります。一気にすべてのデータを削除したがる方もいます。この場合は一つのデータ削除ソフトをお薦めます。

データ削除ソフトで削除する

データ削除ソフトを無料ダウンロード、インストールして、実行します。

iPhoneをUSBケーブル経由でパソコンに接続します。

データ削除ソフトは自動的にiPhoneのことを検出してから、必要な消去レベルを選択します。低、中、高の3つのレベルが提供されますので、ご自由に選択してください。

インタフェースの「開始」ボタンをワンクリックしてiPhoneを消去し始めます。

iPhoneストレージ増やす 

iPhoneストレージ増やす

消去が終わると、iPhoneの中のすべての設定とコンテンツが徹底的に消去され、十分なストレージが得られます。

以上はiPhoneのストレージ容量不足になる時の対策を紹介しました。ストレージ空き容量が足りないとき、是非紹介した方法に従ってやってみてください。

見事

評価: 4.4 / 5 (合計11人評価)

推薦文章