スクリーンレコーダー sr

高画質、高音質でスクリーンのビデオ画面、システム音、マイク音をレコードして保存したいですか?では、スクリーンレコーダーを試しましょう!

Down無料ダウンロード Down無料ダウンロード

100% 安全&クリーン

お勧めのゲームキャプチャー

最近、ゲーム実行するとき、その画面をキャプチャーできるのかと友人に聞かれました。そのきっかけに、次の文章を書き上げました。いくつかのゲームキャプチャーをお薦めます。では、一緒に読みましょう。

May 25, 2021 15:29 / 編集者 カテゴリ 動画ダウンロード
Follow @山崎 圭一郎 山崎 圭一郎

先日、友達にどのようにゲーム実行をキャプチャーできるのかについて聞かれ、ネットで調べてみると、キャプチャーボードの選び方や使い方に悩んでいるユーザーがとても多いことに気づきました。例えば知恵袋で下記の質問を見ました。

「ゲームキャプチャーについてです。
僕は今intensity pro 4kというキャプチャーを使っていますが、バットマンアーカムナイトというゲームをキャプチャーしてみると会話の場面でバットマン以外の人物の声が入ってきません。一応、直接(キャプチャーを経由しない)テレビにHDMIを入力して映してみるとしっかり音声が聞くことができました。何が問題でどうしたら音もキャプチャーできるようになるのでしょうか?教えていただければ幸いです! 」

そこでこの文章により、キャプチャーボードとは何か、また、その選び方について皆さんにご紹介したいと思います。

ゲーム キャプチャー

ゲーム キャプチャー

キャプチャーボードとは

キャプチャーボードとは、ゲーム機などの映像をパソコン等のモニターに表示させたり録画するための機械のことです。家庭用ゲーム機やPS3/PS4でゲーム実況をキャプチャーするには、キャプチャーボードが必要です。一見複雑ようで、実況者向けの専門性の高い製品だと思われがちやすいですが、実は普通のユーザーにとってもそれなりのメリットなどがあります。例えばパソコンのディスプレーでゲームをやるでき、ゲーム画面を拡張したりして遊びやすくなるでしょう。

ゲームをキャプチャーできるキャプチャーボードを選択

ゲームをキャプチャするにはキャプチャーボードが必要なので、選択するにはまず考えてはいけないのは機器のエンコード方式です。

ゲーム キャプチャーはエンコード方式が一般的にソフトウェアとハードウェアの二つがあります。基本的にUSBで外付できるタイプのソフトウェア形式のキャプチャーボードをオススメします。パソコンを買い替えても安心に使える以外、遅延が少ないなど、ゲーム実況をキャプチャするにはとても重要でしょう。

ただし、ソフトウェア形式のゲーム キャプチャーボードを使用するには、パソコンスペックにある程度要求があります。パソコンを持っていないユーザーにとっては、AVT-C875というゲーム キャプチャーを選択するのがよい選択の一つかもしれません。

オススメのキャプチャーボード

ゲーム機によって出力端子が異なるので、お使いのゲーム機に対応するゲーム キャプチャーを選ぶ必要があります。例えば人気プレステ3(PS3)の出力端子はコンポジット端子、S端子、コンポーネント/D端子、HDMI端子がありますが、それに対し、PS4にはHDMI端子しか備えていません。では、人気キャプチャーボード製品を一緒に見てみましょう!

ゲーム キャプチャーといえば、多くの人はAVT-C875を思い出すでしょう。確かにこのキャプチャーボードは日本では大人気で、HD画質のゲーム映像を簡単に録画可能、HDMI入出力、AV IN、音声入出力端子を装備、わずか16140円で入手できます。

また、パソコンの画面を高画質に録画したいなら、次のパソコン用のソフトをお薦めます。

パソコン用のキャプチャーボード

一番薦めであるのはAiseesoft スクリーンレコーダーソフトです。有料ですが、優秀なPCゲームキャプチャー ソフトとして、高画質、高音質でスクリーンのビデオ画面、システム音、マイク音をレコードして、保存できます。このソフトは複雑な設定は不要で、録画操作も簡単だし、録画された動画は多くの形式で保存できて、とても素晴らしいゲーム録画ソフトです。

ゲーム スクリーンレコーダー

ゲーム スクリーンレコーダー

結論

以上をまとめると、Aiseesoft スクリーンレコーダーの特長は以下の通りです。

特長:

60fpsの動画を録画できる
パソコンに接続したカメラの撮った映像を簡単にキャプチャ
繋いでいる複数のPCの画面を同時に録画できる
PCに映る画面をそのままに無劣化で録画

見事

評価: 4.8 / 5 (合計234人評価)

推薦文章

コメントコメント確認、シェアしましょう!