DVD 解像度に関する知識

ハイビジョンビデオをDVDに保存して再生したら、映像はの画質が落ちて劣るような感じがしませんか?それはDVDの解像度と関係があります。このページではDVD 解像度について知るべきものを巡って展開しましょう。

Oct 15, 2018 11:00 / 編集者 カテゴリ BD/DVD
Follow @佐藤 みどり 佐藤 みどり

ビデオカメラ動画 DVDに作成

ビデオカメラ動画 DVDに作

フルHDをDVDに書き込んだ場合、解像度は720×480とDVDの規格になると思うのですが、フルHDをAVCHD形式でDVDに書き込んだ場合、解像度は1920×1080を保ったままDVDに書き込めると言うことですか?

DVD 解像度とは

解像度を知らない人はいないと思いますが、簡単に説明します。解像度とはビットマップ画像における画素の密度を示す数値のことです。画素の密度が高いほど、自然に良い近い画質が得られます。このように、動画の解像度が高いほど、高画質に見えます。DVDに焼かれた動画はDVD-Video形式とAVCHD形式で保存されます。

DVD-Video 解像度:720*480
AVCHD 解像度:1920*1080

注:画面比率が4:3の時は640×480に、16:9の時は853×480に変換して保存されます。

このように、1920*1080ほどの高解像度のパソコンで720×480のDVDを再生するなら、既定した解像度を拡大して再生するわけで、画質が落ちるのは当然のことになります。

問題に書かれたように、容量が足りれば720*480(SD画質)でも、1920*1080(Full-HD)解像度の動画でもDVDディスクに書き込めます。でも、DVD-Video形式で書き込むか、AVCHD形式で書き込むかはDVD プレヤーに応じたアプリケーションフォーマットを参考しなければなりません 。720*480のDVD 解像度は古いDVDプレーヤーでも再生できるので、この形式で保存している人もまだまだ多いみたいです。

DVD解像度の選択

DVD 解像度 - 720*480

メリット:どのプレーヤーでも再生でき、あまり負荷がかからない
デメリット:解像度が低いため、高ディスプレイで再生すると画質が悪くなる

DVD 解像度 - 1920*1080

メリット:ハイビジョン画質のままDVDに保存できる
デメリット:解像度が高いため、データ量が大きく、一枚のDVDに30分~40分ぐらいしか保存できない;対応のプレーヤーが限られている

ハイビジョンカメラで撮影した動画をDVDに保存する際、もちろん高解像度でやいて高画質に視聴したいですが、DVD容量やアプリケーションフォーマット等の制限で、なかなか実現できないことがよくあります。もし、HDビデオをDVDディスクより5倍以上の容量を持つBDディスクに焼いたほうが便利に扱えます。

高解像度の動画を保存する方法

以前よりBDディスクの価格は安くなりましたので、多数のDVDディスクにHD動画を書き込むより、BDディスクを選んだ方々が多くなったみたいです。そのため、ハイビジョン画質のままで動画を保存したい方々にAiseesoft社のブルーレイ 作成はTS、M2TS、MP4、MOV、AVI等の高画質の動画をBDディスクに作成して綺麗に再生できます。

ブルーレイ 作成ソフトをダウンロード

今はWindowsバージョンのダウンロードリンクしかないため、Windowsユーザーしかこのブルーレイ作成で高解像度の動画をBDに保存できます。

動画ファイルを追加

インタフェースで「ファイルを追加する」をクリックして、高解像度の動画をBD 書き込みソフトに読み込んでください。

ファイルを追加する

ファイルを追加する

BD 動画を編集

このブルーレイ 作成ソフトに幾つかのメニューが提供され、自分の好きなように編集できます。それに、クロップ、効果、カット、ウォーターマークなど様々な編集機能がついています。

BD 動画を編集

BD 動画を編集

動画をBDディスクに焼く

すべての設定が終った後、インタフェースで「作成」ボタンをクリックすれば、BDディスクへの書き込みが始まります。

動画をBDディスクに焼く

動画をBDディスクに焼く

DVD 解像度の他、DVD 容量も書きこめる動画の長さに影響しています。ご興味がある方はDVDの容量についての豆知識までご参考ください。

見事

評価: 4.7 / 5 (合計46人評価)

推薦文章