ブルーレイとDVDディスクの違い

ブルーレイとDVDの違いについて。子供の好きなアニメのDVDを購入しようと思っています。ブルーレイとDVD種類が二種類あるようですがどちらを購入すればいいのでしょうか?違いが分かりません。こんな迷惑があれば、このページではいい参考になります。

Oct 24, 2018 07:20 / 編集者 カテゴリ BD/DVD
Follow @佐藤 みどり 佐藤 みどり

ブルーレイとDVDの違い

ブルーレイとDVDの違い

ディスクといえば、DVDはもちろん、ブルーレイディスクも益々人気になります。上映した映画やドラマなどを自宅で鑑賞したくて、その作品に関するディスクを買うと、ブルーレイとDVDの同時発売と気づきましたか。で、Blu-rayとDVDのどちらを選択すべきですか。Blu rayとDVDの違いがわからないと、迷いますね。それをきっかけで、ここでは、ブルーレイとDVDの違いについて検討しましょう。

1、容量

容量の方から見れば、DVDの容量が片面一層4.7 GB、片面二層8.54 GBがあります。でも、ブルーレイディスクの容量が一層(BD-R)25GB、二層(BD-R DL)50GBがあり、三層(BDXL)100GBのブルーレイディスクも登場しましたので、ブルーレイディスクがDVDより圧倒的に容量が大きいです。

でも、注意すべきなのは、ブルーレイがDVDより容量が大きいですが、録画時間も延ばされます。

2、コピープロテクト

Blu-ray、DVDには、コピー、変換などを防ぎ、著作者の権利や利益を保護するために、コピーガードが掛けられます。DVDには、CSS、CPRMが掛けられるのに対して、Blu-rayにはAACSが掛けられます。それで、パソコンでDVDをコピーできない、ブルーレイなどが再生できないと、コピーガードが掛けられるのが原因かもしれません。

3、画質

DVDと比べると、ブルーレイが最も魅力的なのは画質のことです。DVDの画素数が約35万画素(720×480)なのに対して、ブルーレイの画素数は約207万画素(1920×1080)があるので、Blu-rayが画質が鮮明です。Blu-rayディスクに収められるビデオ、音質が高画質・高音質で、写真なら、細かいところまでよく表示できます。

4、寿命

DVDとブルーレイのもう一つの違いは耐久性です。DVDは寿命が長くて、壊れにくいので、きちんと保管すると、10年以上も保管可能です。でも、Blu-rayは壊れやすくて、ちょっと傷つけたら、読み込めなくなる可能性があります。それはBlu-rayがよく再生できない、書き込まれない原因かもしれません。

5、レコーダー、プレーヤーとの互換性

DVDを再生しようとすると、多くのDVD再生ソフトがあり、それに、特定なパソコンでDVD再生ソフトが内蔵されますので、便利です。でも、ブルーレイを再生すると、専門ブルーレイプレーヤーを買わなければならない場合が多いです。それに、ブルーレイプレーヤーがDVD再生ソフトより高いので、お金に拘ると、大変です。

ちなみに、DVD再生方法なら、パソコンでDVDを再生する方法までご参考ください。ブルーレイディスクを再生しようとすると、パソコンでBlu-rayを再生まで。

以上で、ブルーレイとDVDの違いをオオザッパにまとめました。これから、Blu-rayとDVDを購入する時にお役に立てば何よりです。

見事

評価: 4.6 / 5 (合計36人評価)

推薦文章