パソコンに不要なiTunesバックアップを削除する方法

iTunesにiPhoneの連絡先、写真、動画などのデータをたくさん保存していて、管理しやすくなくて、パソコンの容量もたくさん食っています。ではiPhoneのiTunesにバックアップしたデータを削除する方法は?この記事ではiTunesにバックアップデータを削除する方法を紹介致します。

Nov 13, 2018 07:10 / 編集者 カテゴリ iPhone データ消去
Follow @高木 晴子 高木 晴子

Apple社に素晴らしいデザインに誇れるiOSデータ管理の製品は、いつもユーザーに非難される点が、データ移行の不自由です。個人情報を漏らすことを防ぐために、同社のiTunesとiCloudだけiPhone、iPad、iPodのデータを移行、管理する機能を実現できます、特にiTunesがiOSユーザーに不可欠なバックアップツールです。

iTunes バックアップ 削除

iTunes バックアップ 削除

しかし、定期にパソコンにiTunesバックアップを取れば、パソコンの容量を大変に食ってしまいます。この場合に、過去にパソコンに取ったiTunesバックアップを削除してしまえば、パソコンの容量不足問題が解決できるでしょう。そこで、このページでは詳しくMacとWindowsで不要なiTunesバックアップを探す、削除する方法を紹介しましょう。

iTunesバックアップの保存先を探す

MacでiTunesバックアップの保存先:Go→Go to the Folderで「~/Library/Application Support/MobileSync/Backup/」と入力して、「return」キーを押してください。そしてiTunesのバックアップ先が開きます。ここでiTunesバックアップを削除することができますが、不要なバックアップを確認した上で削除してください。

WindowsでiTunesバックアップを探す:Windowsでバックアップしたファイルは「\ユーザー\(ユーザ名)\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup\」に保存されます。検索バーに「%appdata%」と入力して「return」キーを押して、「Apple Computer」>「MobileSync」>「Backup」の順にクリックすれば、iTunesバックアップを探せます。ここでもiTunesのバックアップを削除できます。

WindowsでiTunesバックアップを削除する

Windowsシステムの搭載したパソコンでiTunesを削除する方法はWindows 7、Windows 8、Windows 10を問わず、操作手順が同じです。では、Windowsパソコンに不要なiTunesバックアップを削除してみましょう。

パソコンでiTunesを実行した後、操作メニューで「編集」をクリックしてその中から「設定」オプションを選択してください。

Windows iTunesバックアップ

Windows iTunesバックアップ

出てきたウィンドでは「デバイス」をクリックしてください。そして不要なiTunesバックアップを選択して、その右下の「バックアップを削除」をクリックしてください。

Windows iTunesバックアップを削除

Windows iTunesバックアップを削除

MacでiTunesバックアップを削除する方法

MacでiTunesを実行して下記画像のように、上のメニューバーの左側にある「iTunes」をクリックして、その中から「環境設定」を選択してください。

macシステムにあるiTunesバックアップを削除

開いたデバイス環境設定で「デバイス」をクリックしてください。WindowsでiTunesバックアップファイルを削除すると同じく、不要なバックアップを選択して「バックアップを削除」をクリックしてください。

MacシステムにあるiTunesバックアップを削除

MacシステムにあるiTunesバックアップを削除

以上の手順でWindowsユーザーでも、Macユーザーでもパソコンに不要なiTunesバックアップを簡単に削除できます。もし、iPhoneのデータを必要なだけバックアップしたいなら、Aiseesoft社のiOS データ バックアップ & 復元を推薦します。このiTunes代用のバックアップソフトは連絡先、通話履歴、写真、メッセージ等のデータを選択してバックアップできます。これでパソコンの容量を喰うことなく、iPhoneをバックアップできます。早速ダウンロードして使ってみましょう。

見事

評価: 4.6 / 5 (合計32人評価)

推薦文章