ISO書き込み:ISOファイルをDVDに書き込む方法

TSファイルをどのようにしてDVDに作成できるかと悩んでいる方が結構多いそうです。今日はこの文章にはTSを簡単、高画質にDVDに焼く方法についてを詳しくご紹介いたしましょう。

Oct 19, 2018 15:00 / 編集者 カテゴリ BD/DVD
Follow @佐藤 みどり 佐藤 みどり

ISO DVD

ISO DVD

ISOファイル、またISOイメージファイルはCDやDVDのビデオ、画像などの中身を一つのファイルにまとめたファイルのことを指し、拡張子は.isoです。例えば、DVDディスクはVIDEO_TSフォルダとAUDIO_TSフォルダから構成されるのに対して、一つのISOファイルには映像や音声などのデータが含まれています。つまり、DVDビデオをそのままデータ化すれば、ISOファイルとしてパソコンで扱うのが便利になります。VLC Media Playerなどを使えばパオコンでも簡単にISOファイルを再生できます。

それに、今のテレビではSDカードに対応できるようになったため、その中に保存されたビデオやISOファイルを直接再生できます。でも、多数のテレビやDVDプレーヤーでISOファイルを再生するにはやはりISOをDVDに書き込む必要があります。

1.Windowsの標準機能でISOを書き込み

実はWindows 7以降のWindows OSのパソコンでは、ISOファイルをDVDに書き込む標準機能が搭載されていますので、DVDライティングソフトを使わなくても、ISOからDVDへの書き込みが簡単に実現できます。

ISOファイルを選択して、マウスを右クリックして、「ディスク イメージ書き込み」をクリクしてください。そして、「Windows ディスク イメージ書き込みツール」のウィンドでは、書き込み用のドライブを選択してください。DVDに書き込んだ後正常に書き込まれたかどうかを確認する場合、その下にある「書き込み後のディスクの確認」の前にチェックを入れてください。書き込み設定が終った後、「書き込み」ボタンをクリックしてください。

Windowsの標準機能でISOを書き込み

Windowsの標準機能でISOを書き込み

適用範囲:Windows 7、Windows 8/8.1、Windows 10

注:画像のように右クリックして、「ディスク イメージ書き込み」という選択肢がない可能性もあります。その場合、「プログラムから開く」から「Windows ディスク イメージ書き込みツール」を選択してください。

2.DVD ライティングソフトでISO 書き込み

ISO DVD 書き込みソフト - ImgBurn

ImgBurnは高機能なDVD 作成ソフトとして、DVDやブルーレイ、CDの作成に対応しています。それに、洗練したインタフェースを持つことで、初めてImgBurnを使っても簡単にISOファイルをDVDに書き込めます。しかもフリーソフトで、有料ソフト負けないぐらい機能が豊富で、実用性が高いです。

ImgBurn

ImgBurn

適用範囲:Windows 7、Windows 8

その他には、DeepBurner、CDBurnerXPなどのフリーソフトがISOの書き込みに対応しています。個人的にはISOをDVDに書き込んで再生するより、ISOをMP4に変換するほうが使う範囲が幅広いと思います。パソコンだけでなく、外に出ても携帯で鑑賞できます。ISOをMP4に変換して再生したい方々は是非簡単にISOをMP4に変換する方法までご参考ください。

見事

評価: 4.6 / 5 (合計36人評価)

推薦文章