【2022】脱獄せずiPhoneでGPS位置を偽装する方法

Aug 02, 2022 16:33 / 編集者 カテゴリ GPS 変更
Follow @高木 晴子 高木 晴子

SNSアプリで位置情報を共有したくないなどの場合は、iPhoneの位置を偽装する必要がありますよね。では、脱獄なしでiPhoneのGPS位置をごまかしたいなら、どうしたら良いのでしょうか。高い技術が必要で敷居の高い作業のように見えますが、実は位置情報を変更可能なアプリ、またはソフトを使えば、上記の願いを簡単かつ素早く実現できます。それで、本文は脱獄を使わずにiPhoneでGPS位置を偽造するための裏技や必要なツールをまとめて紹介します。

チートアプリでiPhoneのGPS位置を偽装

位置偽装アプリと言えば、ネットではそのような機能を搭載しているアプリは様々存在していますが、その選択に迷っている方も多くいるでしょう。ここでは、iSpooferという評判の良い、位置なりすましアプリをお勧めします。iSpooferはポケモンGO用のチートツールとして、スマホの位置情報を偽装することができます。iPhoneでiSpooferに搭載されている「ジョイスティック」、「座標リスト」、「マップモードのテレポート」などの機能を使えば、脱獄せずにiPhoneのGPS位置情報の変更を実現できます。

基本知識
  • 種類:有料アプリ
  • 対応OS:WindowsとMac両方
  • 対応デバイス:iPhone、iPad
  • 搭載機能:ジョイスティック、座標リスト、マップモードのテレポート
  • 操作感:インターフェースが直感的で、シンプルに利用できます。

Pro Conメリット

  • 脱獄せずに利用できるほか、ゲームのプレイに便利な機能を備えています。
  • 位置情報を偽装するには、ジョイスティック」、「座標リスト」、「マップモードのテレポート」など多くの方法が利用できます。
  • 位置情報の関連機能が充実していながらも、インターフェースが使いやすく、スムーズに操作可能です。

Pro Conデメリット

  • 今のところ、iSpooferのインストールが難しくなります。
  • 画面の表示は全部英語で、日本語には対応していません。

iSpooferでiPhoneのGPS位置を偽装する方法:

ステップ1:まずはiSpooferの公式サイトからアプリをiPhoneにインストールして、プロファイル認証を行ってアプリを実行します。
ステップ2:2、アプリの「設定」では移動スピードを調整しておきます。
ステップ3:3.iSpooferでiPhoneのGPS位置を偽装するには、最も簡単なのは「ジョイスティック」機能を利用することです。それを3秒間を長押しするか、ジョイスティックを回すことでiPhoneのGPS位置を変更できます。

iSpoofer-ジョイスティック

iSpoofer-ジョイスティック

超便利! iPhoneの位置情報を偽装できるソフトを活用

Aiseesoft AnyCoordはiPhone位置情報の変更に特化しているソフトとして、それを利用すれば、脱獄を使わずiPhoneでゲームプレー時の位置を変更したり、SNSなどの位置情報を偽装したり、行動追跡を防ぎたりできます。特に、インターフェースが直感的で、操作もシンプルなので、ただ数回クリックだけでiPhoneのGPS位置情報を簡単に変更したり、iPhoneのGPSの動きをシミュレートしたりできます。

また、Aiseesoft AnyCoordを使用してiPhoneのGPS位置の移動ルートを設定すれば、PokemonGoのようなARゲームをプレイしたりもできますよ。無料体験可能なソフトなので、iPhoneの位置情報を気軽かつ効率よく偽装したいなら、どうぞ楽にお試しくださいね。

基本知識
  • 種類:無料版と有料版両方あり
  • 対応OS:Windows 11/10/8/7と Mac OS 10.10またはそれ以上
  • 対応デバイス:iPhone、iPad、iPodシリーズ
  • 搭載機能:位置情報変更、スマホ動きのシミュレート、GPS位置情報偽装
  • 操作感:動作が軽く、インターフェースが直感的で、操作がシンプル、カスタマイズ設定も可能で、利用体験が素敵です。

Pro Conメリット

  • ゲームプレー時の位置変更、SNSなどの位置情報の偽装、行動追跡の防ぎ、など多くのシーンに役立てます。
  • GPSの動きをシミュレートする場合、「ワンストップモード」、「マルチストップモード」、「ジョイスティックモード」とのモードがあります。
  • iPhoneのGPS位置の移動ルートを設定して、PokemonGoのようなARゲームをプレイ可能。
  • マップでルートを作成、カスタマイズされた速度で移動できます。徒歩、サイクリング、または運転速度をシミュレートできます。
  • 「コレクション」、「履歴の使用と収集」により、位置情報の変更履歴を便利に管理でき、ユーザーフレンドリーな機能です。

Pro Conデメリット

  • 試用版では、場所変更や移動ルードのシミュレーションの利用には制限があり、最大で2回しか無料体験できません。

Aiseesoft AnyCoordでiPhone位置情報を偽装したいなら、「場所を変更」機能と「カスタマルート」機能はいずれも一役買えます。では、以下の具体的な操作手順を一緒に見ましょう。

Step 1ソフトを実行

まずは下記の「無料ダウンロード」ボタンにより、ソフトをダウンロード・インストールして実行します。

Step 2iPhoneをパソコンに接続

「免責事項」にテックを入れてから、「スタート」ボタンをクリックします。そして、 USBケーブルでお使いの iPhoneをパソコンに接続します。

iPhoneをパソコンに接続

iPhoneをパソコンに接続

「場所を変更」機能で iPhoneの位置情報を偽装

Step 1場所を変更」を選択

ソフトを実行したら、インターフェースの左側にある「場所を変更します」ボタンをクリックします。

「場所を変更」を選択

「場所を変更」を選択

Step 2iPhoneの位置情報を変更

現在地情報を掲載するマップが示されたら、パソコンの左上にある検索バーでK仮想の位置情報を入力・検索したりしてから、「変更を確認」ボタンをクリックすれば、iPhoneの位置情報を変更して偽装できるようになります。

iPhoneの位置情報を変更

iPhoneの位置情報を変更

「カスタマルート」機能でiPhoneの位置情報を偽装

Step 1ルートモードを選択

インタフェースで必要に応じて、ワンストップモード、マルチストップモード、ジョイスティックモードのモードを選択します。

ルートモードを選択

ルートモードを選択

Step 2iPhoneの位置情報を偽装

ルートの起点と終点を入力したら、移動ルートはAnyCoordによって自動的に設定可能です。それから、「移動開始」ボタンをクリックしてiPhoneの位置情報を移動させ偽装できるようになります。

iPhoneの位置情報を偽装

iPhoneの位置情報を偽装

無料なiToolsでiPhoneの位置情報を偽装

iTools は、「Pokemon Go」に向けの位置情報偽装フリーアプリとしてよく知られていますが、実はそれはデータ転送、データ復元、GPSロケーションの変更などiTunesを使う必要がなくなるほど実用的な機能を充実しています。このアプリはiOSベースのデバイスをサポートしており、お使いのiPhoneでiToolsの「Virtual Location」機能を利用して仮想場所を設定すれば、スマホの位置情報を簡単に偽装できます。

基本知識
  • 種類:フリーソフト
  • 対応OS:iPhone XS/XS Max/XR/X/8/7/6s/6/5 とiPad up to iOS 12
  • 搭載機能:位置情報偽装、データ転送、データ復元、GPSロケーションの変更
  • 操作感:インターフェースが直感的ですが、操作が複雑で、初心者にはフレンドリーではありません

Pro Conメリット

  • 任意の仮想ロケーションをデバイスの位置情報として利用できます。
  • 完全無料で利用できながらも、実用的機能は豊富に搭載しています。
  • インターフェースが簡潔で、操作もシンプルです。

Pro Conデメリット

  • USBケーブルでコンピューターに接続し、仮想ロケーション機能に移動する必要があります。 次に、偽のGPSマーカーを手動で削除します。
  • iOS12以前で動作するコンピューターアプリで、iPhone 11以降、iOS 13およびiOS 14ベータ版以降には対応していません。
  • 英語表示なので、英語苦手な方には不親切かもしれません。

iToolsでiPhoneの位置情報を偽装する方法:

ステップ1:iToolsをインストール・実行してから、iPhoneをパソコンに接続します。
ステップ2:「Device」画面で「Device Toolkits」から「Virtual Location」を選びます。
ステップ3:マップが示されたら、目的地にピンをドロックします。
ステップ4:最後に「移動を開始する」ボタンをクリックして、iPhoneの位置情報を偽装できるようになります。

iTools-Virtual Location

iTools-Virtual Location

iPhone 位置偽装に関するFAQ

質問 1.位置偽装アプリを選ぶ時の注意点は?

答え 1.iPhoneやAndroidのスマホで位置偽装を実現するには、常に位置偽装アプリが必要になります。それで、位置偽装アプリを選択する際の注意点をまとめてご紹介いたします。ご参考になれば幸いです。

まずはデバイスとの互換性です。一般的に言えば、対応デバイスが多いほど良いです。二つ目は、搭載機能です。位置偽装のほか、スマホ動きのシミュレートなどもよく使われる機能かもしれません。そして、ソフトの性能やインターフェースの設計も考えるべき要素だと思います。高性能のソフトは動作が軽快で、快適な利用につながります。また、インターフェースが見にくいのであれば、楽に使えなくなるでしょう。

質問 2.Androidの位置情報を偽装したいんら、どうすればいい?

答え 2.AndroidスマホのGPS位置を偽装するには、iPhoneと同じように、Android対応可能なチートアプリが必要となります。 ネットではそのようなアプリは数多くリリースされています。ここでは、「Fake GPS Location Spoofer Free」や「Fake GPS Location -JoyStick、「Fake GPS – ByteRev」、「Fake GPS Location – Lexa」」など評判の良いものをオススメします。それらをアプリをインストールするだけで簡単にAndroidスマホの居場所を偽装できます。

質問 3.iPhoneで「人を探す」のGPS位置は脱獄せずにごまかせますか?

答え 3.はい、できますよ。脱獄せずに「人を探す」上で位置情報を変更したいなら、上記のAiseesoft AnyCoordを使えば実現できますよ。まずはAiseesoft AnyCoordを実行してから「場所を変更」機能を選びます。そして、ソフト内の地図上で、偽の位置情報を選択します。最後に、この仮想的な場所に関する情報が示されたら、「そちらへ移動」ボタンをクリックして「人を探す」の位置を変更できます。

質問 4.自宅にいてもARゲームもプレーできますか?

答え 4.はい、もちろんできますよ。上記の位置偽装ツールを利用すればいいです。Aiseesoft AnyCoordを例に挙げれば、Aiseesoft AnyCoordでiPhoneのGPS位置の仮想ルートを設定してその動きをシミュレートすれば、外に出掛けることなくポケモンゴーのようなARゲームをプレイできます。また、iPhoneのほか、Aiseesoft AnyCoordはiPad、iPodにも対応しています。しかし、注意すべきは、ゲームで位置情報を頻繁に変更すれば、アカウント停止処分になる可能性があります。

結論

以上は脱獄を使わずiPhoneでGPS位置を偽造するための裏技や必要なツールをまとめて紹介しました。上記の通り、チートアプリも位置情報偽装ソフトも利用できます。今後は必要があれば、どうぞこの文章を参考しながらお試しください。お参照になれば何よりです。

見事

評価: 4.8 / 5 (合計361人評価)

推薦文章

kommentarコメント確認、シェアしましょう!