iPhoneをパソコンのiTunesにバックアップ

iPhoneを使いながら、データが増え、ストレージが少なくなり、反応が遅くなります。iPhoneをパソコンのiTunesにバックアップするのは最善策です。では、次の文書はiPhoneをパソコンのiTunesにバックアップの方法について紹介します。是非ご参考ください。

Nov 29, 2018 18:00 / 編集者 カテゴリ iOS, データ 転送
Follow @高木 晴子 高木 晴子

現在、アップル社のiPhoneを利用する人はますます多くなります。iPhoneには、大切なデータを保存でき、例えば、写真、連絡先、動画、ミュージック、アプリなど。そして、iTunesはiPhoneをバックアップする定番のアプリとして、よく使われています。でも、iTunesにアイフォンをバックアップする時、「どうすれば新しいパソコンでiPhoneをiTunesにバックアップできますか」、「Wi-FiでiPhoneをiTunesにバックアップしたいですが、分かる方なら、お願い致します」などが質問がよく聞かれています。

ここでは、iPhoneをバックアップする3つを紹介することで、iPhone 7/SE/6s Plus/6s/6 Plus/6/5s/5c/5/4S/4/3GSなどのデバイスをバックアップする方法を説明してみましょう。

Part 1︰iTunes経由でiPhoneをiTunesにバックアップ

iTunesはアップル社が提供したiPhoneをバックアップするサービスです。

Step 1iTunesを実行、iPhoneを接続

お使いのパソコンにて最新バージョンのiTunesをダウンロードして、インストールします。iPhoneをUSBケーブル経由でパソコンに接続します。しばらくして、iTunesが自動的にiPhoneのことを認識できます。

Step 2iPhoneをiTunesにバックアップ

iTunesの左上隅に表示するiPhoneのアイコンをクリックして、iPhoneのすべてのデータがサイドバーに表示されます。「概要」->「バックアップ」->「このコンピュータ」->「今すぐバックアップ」の順次に沿ってクリックすると、iTunesがiPhoneのデータをバックアップし始めます。

Step 3iTunesバックアップを確認

バックアップが終わったら、「編集」->「設定」->「デバイス」まで先のiPhoneバックアップファイルを確認できます。

iPhoneをiTunesにバックアップ

iPhoneをiTunesにバックアップ

Part 2︰Wi-Fi経由でiPhoneをiTunesにバックアップ

USBケーブルでアイフォンをアイチューンズにバックアップするのがちょっく面倒くさいだと思ったら、Wi-Fi経由でiPhoneをiTunesにバックアップしてみてください。

iPhoneをWi-Fiネットワークに接続されることをご確認ください。

iTunesがインストールされるパソコンが同じWi-Fiネットワークに接続することをチェックしてください。そして、iTunesのバージョンが最新であることをご確認ください。

iPhoneをパソコンに接続してください。

iTunesがiPhoneのことを検出してから、「概要」->「オプション」->「Wi-Fi経由でこのiPhoneと同期」->「適用」の順次に従い、iPhoneをパソコンにバックアップできます。

ヒント︰Wi-Fi経由でiPhoneをiTunesにバックアップすると、一部のデータしかバックアップできません。

Part 3︰ 専門ソフトでiPhoneをiTunesにバックアップ

現在、iTunesを利用してアイフォンをバックアップする時、不明エラーは多すぎるし、iTunesにての設定が複雑だし、iTunes以外でiPhoneをバックアップする方法を求める人が少なくなさそうです。それをきっかけにして、ここでは、優れるサードパーティiPhone iTunes バックアップ - Aiseesoft FoneTransをお薦めします。このソフトでiPhoneのデータを一括してiTunesにバックアップでき、それに、個別なiPhoneデータを選択してiTunesにバックアップすることも可能です。

Step 1FoneTransをダウンロード

まずは、このアイフォンiTunesバックアップを無料ダウンロード、インストールして、立ち上げてください。

Step 2iPhoneをパソコンに接続

USBケーブル経由でお使いのiPhoneをパソコンに接続してください。すると、iPhone iTunes バックアップがiPhoneのことを検出して、iPhoneの詳細情報をインタフェースに表示できます。

Step 3iPhoneをiTunesにバックアップ

インタフェースの真下にある「iTunesに」ボタンをクリックすることiPhoneのデータをワンクリックだけでiTunesにバックアップできます。ちなみに、iPhoneのデータがカテゴリに分類されますので、個別のデータだけをiTunesにバックアップしようとすると、サイドバーからあるカテゴリをクリックして、右画面のトップメニューの「エクスポート」->「iTunesにエクスポート」ボタンをクリックすることで実現できます。

iPhone iTunes バックアップ

iPhone iTunes バックアップ

以上で、使いやすいiPhone iTunes バックアップソフトウェアでしょう。このiPhone iTunes バックアップにより、iPhoneをiTunesにバックアップできるだけでなく、iPhoneをiPhone、iPad、iPodにデータを移行したりすることもでき、一見でわかりやすいインタフェースで、初心者でも簡単に操作でき、よく人気のあるiTunes かわりソフトとして評判が良いです。何時か、iPhoneをiTunesにバックアップしたいなら、ご参考、ご利用ください。

見事

評価: 4.5 / 5 (合計18人評価)

推薦文章