【無料】4k動画に最適な編集ソフト5選 まとめ

Oct 22, 2021 16:00 /編集者 カテゴリ 動画編集
Follow @山崎 圭一郎 山崎 圭一郎

最近は気軽に4K撮影できるようなカメラやスマホ、アクションカメラ、ドローンが増えてきました。それと共に、YouTubeをはじめとした動画投稿サイトも4Kに対応しつつあり、4K動画の撮影や編集を行う人も大幅に増えてきています。スムーズに4K動画を扱えるために、編集できるソフトが欠かせないものとなりました。故に、この文章では4k動画に最適な編集ソフトをいくつお薦めしたいと思います。

4K動画 編集

4K動画 編集

4K動画編集ソフト Top1: Aiseesoft 動画変換 究極

Aiseesoft 動画変換 究極は多彩な編集として、直観的に分かりやすいレイアウトと高度な機能で、様々なアイデアを動画編集に取り入れることができます。4K、1080p、MP4、WMV、AVI、FLV、MOVなど多くの動画をお好きなようにカスタマイズすることも可能です。例えば、「カット」機能で4K動画を幾つかのクロップにカットしたり、「結合」機能で複数の4K動画を一つに結合し出力したり、「3D」機能で4K動画に3D機能を追加したり、「効果」機能で4K動画の輝度、飽和度、コントラスト、色相などを調整したり、「強化」機能で4K動画の解像度を改善、ビデオノイズを除去したりすることができます。他に、4K動画の回転、反転、クロップ、ウォータマークなどの強力な編集機能も搭載されています。

Aiseesoft 動画変換 究極

Aiseesoft 動画変換 究極

4K動画編集ソフト Top2: VideoProc

操作性の易しい動画編集ソフトとして、VideoProcはカメラで撮影した4K動画に対して、手ブレ補正、レンズ補正、ノイズ除去するなどを簡単にできます。また、ハードウェアアクセラレーション技術をサポートするので、4Kビデオを編集しても、パソコンがサクサクして、超高速に4Kビデオを処理できます。4Kビデオ編集の初心者でもソフトのUIを見ればソフトを使いこなせ、4K動画を編集することができます。

VideoProc

VideoProc

4K動画編集ソフト Top3: Adobe Premiere Pro CC

Adobe Premiere Pro CCはYouTubeクリエイターから、ハリウッドの映画制作者まで、映像に関わる多くの人たちから選ばれています。フイルムのような色彩表現や臨場感のある音の調整、心をくすぐるテロップ作成など様々な編集が可能です。また、8K素材からバーチャルリアリティまで、あらゆるフォーマットの映像素材を編集できます。ネイティブファイルのサポート、低負荷なプロキシのワークフロー、高速のProRes HDRによってモバイルワークステーションでも思いのままにメディアを操作できます。ただし、初心者には取扱いに手間が掛かりすぎて取り扱いになれるまで時間がかかるのが難点です。

Adobe Premiere Pro CC

Adobe Premiere Pro CC

4K動画編集ソフト Top4: PowerDirector

PowerDirectorは動画編集のプロにも、アマチュアの方にもお薦めのソフトウェアです。たとえ動画編集の経験がなくても使いやすくなっているので問題ありません。4K動画を非常に速くインポートとエクスポートすることができます。ハードウェアの性能を最大化して、機能を最も効率よく使えます。安定したソフトウェアとして、ファイルを読み込む時間を待たずに、すぐに動画編集を始めることができます。また、4K動画編集のプレビューもサポートします。動画の一部を巻き戻しすることもでき、思いのまま高画質で動画を再生できます。遅いレンダリングなしで、プロ級の動画に仕上げるプレビュー機能を楽しめます。

powerdirector

powerdirector

4K動画編集ソフト Top5: DaVinci Resolve

DaVinci Resolveは、総合映像機器メーカー Blackmagic Design社より提供されているポストプロダクション・ソフトウェアです。Version 15以降では、カラーコレクションをはじめ、動画編集、オーディオポストプロダクション、ビジュアルエフェクト機能が統合され、1つのソフトで編集作業を通して行うことができます。個人の動画制作から大規模な共同作業まで幅広く使われています。プロな4K編集作業が求められるため、革新的なカットページも設計されています。現状では無償で利用できる「DaVinci Resolve 16」と、さらにエフェクトやマルチユーザー・コラボレーション機能などすべての機能を利用できる有償の「DaVinci Resolve 16 Studio」があります。

DaVinci Resolve

DaVinci Resolve

4K動画の編集に関するFAQ

質問 1:4K動画の制作に準備する必要がある機材は何ですか?

答え 1:上記の動画編集ソフトを除き、4Kの動画制作をやってみる前に他の4つの機材を準備する必要があります。それは4K動画を撮影できるカメラ、4K動画に対応できる高性能パソコン、4K対応モニター及び4K対応ケーブルです。

質問 2:4K動画編集に対応できるアプリが存在しておりますか?

答え 2:あります。パソコンの使用者にとっては上記のお薦めのソフトが十分です。その一方、スマートフォンの方に便利を考えた上、4K動画に対応できる編集アプリも開発されました。例えば、Video Leap、DJI GO4、iMovieなどが様々存在しております。ただし、4K動画を編集する前にお使いのデバイスの性能を確認した方がいいです。

質問 3:4K動画編集パソコンでメモリ量はいくら必要です?

答え 3:動画編集を行うには2GBではまず足りないです。4K動画を快適に動作させるためには最低でも16GBは必要だと言われています。快適性を追い求めるなら、32~64GBのメモリ量をお薦めします。

見事

評価: 4.8 / 5 (合計329人評価)

推薦文章

コメントコメント確認、シェアしましょう!