動画変換 究極 動画変換 究極

Aiseesoft 動画変換 究極で汎用の動画ファイルと自作DVDディスクを目標の動画、音声ファイルに変換することができます。

Down無料ダウンロード

100% 安全&クリーン

4Kカメラで4K動画を撮影しましょう!

周知のとおり、4Kカメラで4K動画を撮影できます。しかし、そういう多くの4Kカメラの中には、どちらがいいですか。では、幾つかの家庭用の4Kカメラをご紹介いたします。役に立てれば嬉しいです。

Apr 12, 2021 14:00 / 編集者 カテゴリ 動画変換
Follow @山崎 圭一郎 山崎 圭一郎

4Kテレビは2014年春のモデルとして登場することにつれて、本格の「4K時代」に入りますね。地デジなどの放送コンテンツやBDコンテンツはますます4K化して楽しめています。今は、ネイティブ4K映像を撮影できる「4Kビデオカメラ」は十分に4Kテレビのスペックを発揮して注目になっています。

今、業務用の4Kカメラだけでなく、家庭用の4K対応の機器も販売されています。4Kカメラを通して撮影した動画映像は、高解像度のため、細部まではっきり描写されて、遠近感を作れて、視野がいっぱいに広がって臨場感を味わうことができます。素晴らしい視覚効果を楽しめます。

4Kビデオから撮影したコンテンツは1080P(フルハイビジョン)動画と比べて、4倍の解像度を持ち、横4000*縦2000ピクセル前後の高解像度の映像です。今、テレビ業界で超高精細「UHD」を4Kの規格として採用しています。映画業界で4Kデジタルシネマが提唱されています。4K UHDは2Kの(横2倍×縦2倍)4倍の画素数であり、3840×2160、16:9の規格に達します。でも、すべての放送局や映画制作者は4K動画を撮影していないので、ネイティブ4K映像がまだ少ないです。我々はプロの映画制作者ではなくて、家庭用の4Kテレビで自分の素晴らしい4K動画コンテンツを撮影できます。

4k解像度

4k解像度

ソニー FDR-AX100

2014年1月のCES 2014で、ソニー(SONY)会社は最初のコンシューマユーザーに向けの4Kハンディカム「ソニー FDR-AX100」を発表しました。ソニー FDR-AX100がHDハンディカムと比較して大型ではあるが、従来の4Kカムコーダと比べて破格に小型化になって、20万円前後で購入できるために、4Kカメラとしては、かなり安いです。AX100は、高感度を達成した「1.0型 Exmor R CMOS(エクスモア アール シーモス)センサー」、センサーからの膨大な情報を高速処理する「BIONZ X(ビオンズ エックス)」、優れた描写力を発揮する「ZEISS(ツァイス)バリオ・ゾナーT*」レンズを搭載して、4Kの高精細映像を表現して、撮影したシーンをリアルに再現できます。その他に、AX100がスマートフォンと連携して、Wi-Fiで撮影した映像をスマートフォンに転送し、SNSや、YouTubeへ投稿できます。

ソニー FDR-AX100

ソニー FDR-AX100

Panasonic LUMIX DMC-GH4

PanasonicのLUMIX GH4は初めて4K動画に対応するミラーレス一眼カメラとして注目されている機種です。2009年、パナソニック会社が発売された「LUMIX DMC-GH1」からGHシリーズは動画機能、写真機能でだんだん強くなっています。特に、初のマイクロフォーサーズ機として人気を集まりますね。LUMIX GH4の最大の魅力は4Kの動画機能です。4CPUの高速演算処理により高感度、解像度、階調、色再現すべてにおいて画質が向上しています。素敵な動画を撮影するだけでなく、GH4の4K動画は3840×2160の画素数で30コマ/秒の記録を実現でき、撮影した4K動画から気になる瞬間を約800万画素の静止画として切り出せます。

Panasonic LUMIX DMC-GH4

Panasonic LUMIX DMC-GH4

GoPro HERO3+ Black Edition

HERO3+ Black エディションは個人向けのウェアラブルスポーツカメラ、4K動画が撮影可能になっている家庭用4Kカメラです。一般的なデジタルカメラやビデオカメラと比べて、本体を小型・軽量化されています。ユーザはただGoPro HERO3+ Black Editionを体や自転車などに取り付けて、大切な思い出や運動会などの動画をきれいに残せます。フルHDの4倍の解像度を持つ4K動画を撮影に対応、撮影画質を向上にします。バッテリー持続時間は、最大約2時間となっている。

GoPro HERO3+ Black Edition

GoPro HERO3+ Black Edition

Galaxy Note3

Galaxy Note3は4K動画撮影に対応する初のスマホです。「ソニー FDR-AX100」、「Panasonic LUMIX DMC-GH4」、「GoPro HERO3+ Black Edition」と比べて、Galaxy Note3はもっと便利なカメラです。いつでも、どこでも、ポケットに入れてスマホを取り出して素晴らしい4K動画を撮影できます。

Galaxy Note3

Galaxy Note3

上記の内容ではいくつかの家庭用4Kビデオカメラを紹介しますが、その他には、キヤノンシネマカメラEOS C500、JVCケンウッド直販限定4KビデオカメラJY-HMQ30やGY-HMQ10U、Black Magic Ursa4KカメラやProduction Camera 4Kなどの4K対応ビデオカメラがあり、さらに、iPhoneモバイルiPhone6/6 Plus、ソニーモバイルXperia Z3、Galaxy Note Edgeなど最新のスマートフォンでも4Kの動画を撮影できます。皆様は自分のニーズに応じて、一番に合う4Kカメラタイプーを選択して、綺麗に二度と繰り返せない思い出を記録できます。

以上の4Kビデオカメラの比較

ブランド ソニー FDR-AX100 Panasonic LUMIX DMC-GH4 GoPro HERO3+ Black Edition Galaxy Note3
特色 最初のコンシューマユーザーに向けの小型4Kハンディカム 初めて4K動画に対応するミラーレス一眼カメラ 個人向けのウェアラブルスポーツカメラ、4K動画にも対応 4K撮影が可能なスマートフォン
撮像素子 1.0型/総画素数2,090万画素(有効1,420万画素)の裏面照射型CMOSセンサー 新開発の有効1,605万画素 4/3型Live MOSセンサー 10メガピクセルのCMOSで、静止画撮影やフォトバーストやタイムラプス撮影に対応 CMOS
サイズ/重量 81(W)×196.5(D)×83.5(H)mm/915g 132.9(W)×83.9(D)×93.4(H) mm/約825g(撮影時) 59×40.5×30mm/74g 大きさは約79×151×8.3mm、重さは約171g
レンズ 「ZEISS(ツァイス)バリオ・ゾナーT*」 フォーサーズマウント規格 ウルトラシャープf2.8非球面ガラス
動画記録 XAVC S HD動画とMP4動画AVCHD動画とMP4動画 MPEG4/AVCHD(4K時最大:3840×2160ドット/29.97p、100Mbps) MPEG-4 AVC/H.264のMP4 MPEG4
価格 20万円前後 115,000円~171,160円 43,050円 45,800円

今の4Kカメラは家庭、映画製作で採用されているだけでなく、防犯カメラとして広がって採用されています。4Kカメラは撮影した動画が素晴らしい画素数を備えていることに頼り、ますます皆様の生活に入て、豊かの生活を創造しています。

見事

評価: 4.9 / 5 (合計359人評価)

推薦文章

コメントコメント確認、シェアしましょう!