Macで動画ファイルを変換してYouTubeにアップロードする

たくさんのMacユーザーは面白い動画をYouTubeにアップロードしたいでしょう。しかし、YouTubeは特定の動画形式しかサポートしていません。では、どうすれば、動画をYouTubeに対応する形式に変換できますか。ここで、Macで動画ファイルを変換してYouTubeにアップロードする方法について、簡単にご紹介いたします。

Dec 05, 2018 15:40 / 編集者 カテゴリ 動画
Follow @山崎 圭一郎 山崎 圭一郎

YouTubeは動画をアップロードして、友達とシェアするベストな場所です。自分の動画をYouTube対応に変換してアップロードしたくて、YouTubeにサポートされていないため、アップロードに失敗するのがよく発生します。YouTubeがいくつか特定の形式しかアップロードできません。その中には、WMV (Windowsメディアビデオ)、3GP、AVI、MOV、MP4、MPEG、FLV(Adobe Flash)、SWF(Shockwave Flash)、MKV(h.264)が含んでいます。自分の動画が対応していなくても心配しないでください。Mac 動画変換 究極を使って、Macで動画をYouTubeに対応する形式に変換できます。このソフトでMacで無損失で流行っている動画形式を変換できます。

アップロードする前に動画をYouTube形式に変換する

この部分では、Mac 動画変換 究極を使います。

Mac 動画変換 究極を起動する

このプログラムをMacにダウンロードしてください。ソフトを起動した後、下記のインタフェースが表示されます。

ソフトを起動

ソフトを起動

動画をプログラムにロードする

メインインタフェースにある「ファイルを追加する」ボタンをクリックして、ローカルから変換したい動画ファイルを選択できます。また、直接動画ファイルをドラッグしても動画をロードできます。

動画を追加する

動画を追加する

出力動画形式を選択して保存先を設定する

「プロフィール」のドロップダウンリストからYouTubeに対応する形式を選択してから、変換された動画の保存場所を設定してください。

出力形式を選択

出力形式を選択

動画を編集する

この動画 YouTube変換ソフトは動画編集機能も備えています。それらの編集機能により、出力動画をカスタマイズできます。例えば、動画の輝度、飽和度、色相、ボリュームを変更でき、ビデオにウォーターマークを追加でき、ビデオをカットた結合することも可能です。

出力形式を選択

出力形式を選択

動画をYouTube用に変換する

すべての設定が終わりましたら、メインインタフェースの右下にある「変換」ボタンをクリックして、動画をYouTube対応に変換し始めます。変換が完了しましたら、動画をYouTubeにアップロードできます。

見事

評価: 4.6 / 5 (合計26人評価)

推薦文章