iPadとMac間でデータを転送する方法

iPadにデータをたくさん保存していますので、動作がますます重くなります。ではiPadのデータをMacに転送してバックアップしたいならどうすればいいでしょうか?このページではiPadのデータをMacに転送する方法を紹介致します。

Nov 22, 2018 07:00 / 編集者 カテゴリ データ 転送
Follow @高木 晴子 高木 晴子

いつもiPadで音楽を聞いたり、写真を撮ったりしていますが、iPadの容量はいっぱいでiPadからMacに音楽などをバックアップしたいとか、機種変更したい時、ずっと使いているiPadの中の大事な思い出を記録した写真、ビデオはどうしても失いたくないとか、iPadは重すぎて初期化せざるを得なく、Macからデータ移行しようとか、いろいろな場合にMac iPad ファイル共有は必要です。この文章により、iPadとMac間でデータを転送する方法についてみなさんにご紹介したいと思います

iPad Mac データ転送ソフトを選択するには

iPadとMac間でファイルを共有したいなら、iCloudを通じて、iPadとMac間でファイルを相互に転送する人は多いと思いますが、iCloudはちょっと不便な点があります。例えば、iCouldはWi-Fi環境だけでMacからiPadへデータを転送できます。また、iCloudは5GBしか無料ストレージを提供できませんので、5GB以上の容量あるファイルをMacとiPad間で動画などのデータを転送したいなら、有料で購入しなければなりません。

一方、パソコン初心者に向けて開発されたデータ転送ソフトがたくさんあります。その中で、ソフトの安全性、対応するデータの種類、使いやすさなどを考えた上で、Aiseesoft Mac FoneTransが良い選択の一つだと思います。このソフトをご利用して、iPadとMac間のデータ転送ができる以外、iTunesとiPad間で音楽、写真などを転送することもできます。また、連絡先を転送する時、重複する連絡先があれば困っていますね。このiPad Mac データ転送ソフトは「重複する連絡先を検索」という機能を提供していますので、重複する連絡先を結合することはできます。

iPadとMac間でデータを転送する手順

まず、Aiseesoft 公式サイトからソフトを無料ダウンロードします。

1、Aiseesoft Mac FoneTransをダウンロードしてインストールしてください。.dmgファイルをクリックしたら、このMac iPad ファイル共有ソフトを自動に実行し始めます。

2、iPadをUSBケーブルを介してPCに繋いでください。しばらく、iPadの詳しい情報が表示されます。

インタフェース

インタフェース

3、iPadが認識されたら、すべてのデータが異なるカテゴリに分類されます。必要に応じて自由に転送しようとするデータを選択できます。

4、転送したいデータ種類をクリックして、この種類のすべてのファイルが見えます。そして、データの詳細状況をチェック、必要に応じて選択することができます。

5、「エクスポート」をクリックして、エクスポートされたデータの保存先を選択してください。数秒待って、ファイルがローカルディスクにエクスポートされます。それとともに、「追加」機能を通じて、MacからiPadに写真などのデータを転送することもできます。

iPad Mac 転送

iPad Mac 転送

以上と述べたように、iPad Mac データ転送が完了しました。簡単でしょう!お必要があれば、ぜひソフトを無料ダウンロードして、自分で操作してみましょう。

見事

評価: 4.5 / 5 (合計36人評価)

推薦文章