動画変換 究極 動画変換 究極

動画・音声ファイルを好きな形式に変換したり、おニーズに応じて編集したりしたいですか?で、

Down無料ダウンロード Down無料ダウンロード

100% 安全&クリーン

3Dに関する情報

現在3D動画がますます人気になって続けています。では3Dについての詳細情報を了解していますか?このページでは3Dについての知識を紹介して、ご参考になれば何よりです。

Feb 07, 2021 10:25 / 編集者 カテゴリ 動画変換
Follow @山崎 圭一郎 山崎 圭一郎

3D(3次元) 映画とは 立体的に表示される映画です。Aiseesoftはユーザーに出力動画に3D効果を追加する二つの解決策を提供します:アナグリフと分割表示。

アナグリフ式3D

アナグリフ式3Dは3D映画を上演する最も古い方式です。それは特殊なハードウエアーへの要求も少ないです。

アナグリフ式3D動画で、二つの画像は二つのフィルタを通して 、カラーアナグリフの設置で重畳されます。例えば、レッドとシアン。減法混色光の設定で 、二つの画像は、白い紙の上に同じ補色で投影されます。それから、フィルターの色を消去する ことと補色の黒を現出することによって、 カラーフィルタ付きの左右目のガラス は適当な画像を分離します。

アナグリフ式3D動画を鑑賞するよう、ただアナグリフ式3Dのグラスが必要です。また、一般的なTV、コンピュータのモニタ 、さらに一般的なポータブルデバイス でも、3D動画が再生できます。

Aiseesoftでサポートされているアナグリフ式3Dは10モードまで提供します: レッド/シアン、緑/マゼンタとオレンジ/青(モノクロ/ハーフカラー/フルカラー/高品質デュボア)。

分割表示の3D

サイドバイサイド方式の3D - サイドバイサイド方式の3Dでは、左半分と右半分の画像から一つのフレームを構成します。左目は左半分の画像を見、右目は右半分の画像を見るように、フレーム全体を水平的に圧縮します。

3D readyテレビはサイドバイサイド方式の3Dの信号を接続する時、それぞれの目のフレームを抽出するために各フレームを分割します。 それから、スケーリングアルゴリズムで、これらの個々のフレームをフルHD解像度に再度調整します。その後、フレームシーケンシャル方式でこれらのアップスケールの個々のフレームが交互に表示されます。

サイドバイサイド(ハーフ幅)とサイドバイサイド(フル)との違い

720p「解像度1280*720」ソース動画を例として、説明します。

サイドバイサイド(ハーフ幅)を選択する場合、左/右目での出力動画のフレームの解像度は640*720です。そして、出力動画の解像度は 1280*720です。

サイドバイサイド(フル幅)を選択する場合、左/右目での出力動画のフレームの解像度は 1280*720です。これは出力動画の解像度は2560*720であるという意味です。すなわち、出力3Dモードとしてサイドバイサイド(フル幅)を選択する前に、まずデバイスが出力動画の解像度をサポートするかどうかを確認する必要があります。

サイドバイサイド(ハーフ幅) サイドバイサイド(フル幅)
左目フレームの解像度 640*720 1280*720
右目フレームの解像度 640*720 1280*720
フレーム全体の解像度 1280*720 2560*720

トップ/ボトム方式の3D - トップ/ボトム方式の3Dフォーマットは、一つの動画フレームを二つのサブフレームに分割し ます。上側のサブフレームは左目にあわせ、下側のサブフレームは右目に合わせます。

トップ/ボトム(ハーフハイト)とトップ/ボトム(フルハイト)との相違は、二つのサイドバイサイドモードの違いと同じだと思われます。出力のトップ/ボトム(ハーフハイト)形式の3D動画は、ソース動画の解像度を維持し、出力トップ/ボトム(フルハイト)は、ソース動画の垂直解像度を倍にします。

サイドバイサイド方式の3Dとトップ/ボトム動画を再生する際、一台の3D PCあるいは3D TV、また一つの合わせる3Dグラスは必要です。しかし、サイドバイサイド方式の3Dとトップ/ボトム動画の視覚効果は、アナグリフ式3D動画と比べて、かなり良いです。

以上は3D動画についての紹介です。もしMP4、MOVなどの動画を3D動画に変換したいなら、Aiseesoft 3D 動画変換 究極をお薦めします。このソフトで普通の動画を3D動画を画質損失なく簡単に変換できます。3D動画に変換するだけではなく変換する前に内蔵の編集機能で動画効果を編集できます。そして動画ファイルからオーディオだけを抽出できますので、強大な動画用のソフトです。

見事

評価: 4.9 / 5 (合計129人評価)

推薦文章

kommentarコメント確認、シェアしましょう!