MacからデータをiOSデバイスにインポートできる

MacからデータをiOSデバイスにインポートできる

MacからiOSデバイス(iPhone、iPad、iPod)に殆どのメディアファイルをインポートできます。これで、幾つかのApple デバイスを持っているユーザーは同時にお気に入りの写真、動画や音楽を楽しめます。更に、ePub、PDF、連絡先もMacからiPhoneにインポートして利用できます。

ちなみに、Appleに対応しない動画や音楽をMac FoneTrans経由でiPhoneにインポートしたら、メディアファイルが自動にiOSデバイスに対応するフォーマットに変換します。iPhoneで不対応の動画を再生することに悩む必要がありません。

iPhoneからパソコンにでデータエクスポート

データの紛失や損失、破壊などを防ぐために、iPhoneのバックアップは定期に行う方がいいと思いますけど、iTunesとiCloudのバックアップ機能は様々不足が存在しますので、補足としてMac FoneTransでiPhoneデータをパソコンに保存しましょう。このソフトでは写真、動画、音楽、連絡先などのデータを任意にiPhone、iPad、iPodからMacに導入できます。更に、iTunesにも対応します。

更に、このソフトが最新バーションのiOSデバイスに最適化しましたので、最近リリースしたiPhone 8/8 Plus、iPhone X、iPad Proのデータも自由自在にMacで管理、観賞できます。

iPhoneとパソコン間でデータ移行
直接異なるiOSデバイスの間でファイルを転送可能

複数のiOSデバイス間でデータを転送可能

複数のiOSデバイスを持っている場合、異なるiPhone、iPad、iPodの間にでーたを交互に移行したいですか。是非Mac FoneTransを試みてください。ユーザーはただ2つiOSデバイスを接続して、転送したいデータ種類を選択してデータを転送できます。それに、iTunesを通してデータを転送する方法に比べて、既に保存されているデータに影響しないで便利です。

iPhoneを機械変更する場合、このMac iPhone データ転送ツールを使って、直接に旧iPhoneの動画、写真、連絡先などのデータを新iPhoneに転送でき、大変時間を節約して便利です。

iPhone 電話帳/SMSをよりよく管理

iPhoneの電話帳には大事な連絡先やメールアドレスなどの個人情報を保存しています。このMac 連絡先管理ツールを使って、削除、追加、編集などでiPhoneの連絡先を一目瞭然に管理できます。ちなみに、重複する連絡先を検索して削除する機能も備えています。

iPhone SMSをMacにエクスポートでき、必要に応じて様々な形式を変換して印刷できます。これで重要なメッセージをMacでより良く管理できます。

iPhone 電話帳/SMSをよりよく管理

推薦文章

Mac FoneTrans

ライセンス認証の際にインターネット接続環境が必要です。ご利用時にインターネット接続が必要になります。ソフトをご利用する前提として、Macにお使いのデバイスのiOSシステムに対応するiTunesがインストールされていることをご確認ください。

無料試用版は転送数量や試用時間の制限以外、正式版と機能はすべて同じですので、対応状況や詳細機能を心配する場合、予め製品を試用することをオススメします。

ダウンロード すぐ購入