iPhone 機種変更 データを移行する方法について

iPhoneからiPhoneへの機種変更では、データを新端末へ移行・復元させれば、大切なデータやアカウントなどは失われることなく、引き継げられます。下記では、iPhone 機種変更 データを移行する方法についてご紹介いたしますので、お役に少しでも立てれば何よりです。

Feb 20, 2019 10:22 / 編集者 カテゴリ iPhone , データ 転送
Follow @高木 晴子 高木 晴子

例えばiPhone 8やiPhone Xなど新しいiPhoneへ機種変更したい時、みなさんはどのようにしてデータを移行するかというような問題に悩んだことがありますか。iPhoneからiPhoneへの機種変更では、事前準備としてiTunesまたはiCloudを利用してデータをバックアップします。このデータを新端末へ移行・復元させれば、大切なデータやアカウントなどは失われることなく、引き継げられます。そこでこの文章により、iPhone 機種変更 データ移行についてみなさんにご紹介したいと思います。

iPhone 機種変更 データ移行

iPhone 機種変更 データ移行

一、iPhone 機種変更 データ移行 - iTunes経由

iTunesでデータを移行、バックアップ

パソコンの設定によっては、iPhoneをパソコンに接続すると同時に iTunes が起動します。データが消えたり重複したりすることを防ぐために、iTunesの「自動同期」設定を無効にすることをおススメします。

iPhoneをiTunesに接続する前に、iTunesを起動して、「編集」「設定」に進みます。「デバイス」を選択して、iPod、iPhone、及びiPadを自動的に同期しない」にチェックを入れ、「OK」を選択すればいいです。

一、iTunesを起動します。

二、USBケーブルを経由して、お使いのiPhoneデバイスをパソコンに接続します。インターフェースの左上にiPhoneのアイコンが表示されたら、それをクリックします。

三、「概要」をクリックして、「バックアップ」セクションから、「今すぐバックアップ」をクリックするか、「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れます。

四、iPhone アプリ 暗号化バックアップを選択した場合は、下図の示しているように、パスワードを作成します。パスワードを確認して入力後、バックアップが始まり、以前のバックアップファイルが上書きされ、暗号化されます。

iPhoneをiTunesに暗号化バックアップ

iPhone iTunes 暗号化バックアップ

iPhone 機種変更のため、iTunes バックアップデータを新機種に移行、復元

新しいiPhoneを購入してきたら、パソコンに保存したバックアップデータを移行して復元します。まず、新しいiPhoneをiTunesに接続しましょう。iTunesがiPhoneを認識したら、「新しいiPhoneへようこそ」という画面が表示されます。

「新しいiPhoneへようこそ」画面でこのバックアップから復元を選択して、バックアップデータを選んだら、「続ける」をクリックします。暗号化バックアップでは設定したパスワードを入力して、「OK」をクリックすれば復元が開始されます。このようにして、iPhone機種変更する時、iTunesにバックアップしたデータが成功に新機種に移行、復元されます。より多くの対策案については、Line 引き続きまでご参考ください。

二、iPhone 機種変更 データ移行 - iCloud経由(PC不要)

手元にパソコンがない場合、旧iPhoneから新iPhoneへの機種変更時の引き継ぎにはiCloudを利用します。古いiPhoneのデータをWi-Fi経由でクラウドにアップロードし、新しい端末に復元するという手順です。ただし、ここで注意すべきなのは、アップルは5GBの無料iCloudストレージを提供しますが、iPhoneデータをiCloudにバックアップするには、十分なiCloud ストレージが必要です。特に写真などが含まれている場合は、当然のことで5GBは足りないはずです。このようなとき、iCloud ストレージが足りない時の対処法までご参考ください。

iPhone 機種変更 データ移行の準備、データをiCloudにバックアップ

iPhoneをWi-Fiに接続します。

「設定」から「ユーザー名」「iCloud」「iCloud バックアップ」と進み、iCloudバックアップがオンになっていることを確認します。オフ状態であればオンに切り替えます。続けて「今すぐバックアップを作成」をタップします。このようにして、iPhoneデータがiCloudにバックアップし始まります。

iCloud バックアップデータを新しいiPhoneに復元

新しいiPhoneを入手したら、iCloudにバックアップしたデータを復元しましょう。具体的な操作手順は、下記のようです。

まず、新しいiPhoneに電源を入れて起動します。

iOS 11では、iPhone機種変更時の初期設定を簡略化できる「クイックスタート」機能が導入されました。iPhone 機種変換する時に、Wi-Fiパスワードの入力などの面倒な作業を省け、簡単にiCloud データを新しいデバイスに移行できるので、クイックスタートを利用して初期設定を行うことをおススメします。

新旧iPhoneを近くに置き、新iPhoneのホームボタンをクリックして、「こんにちは」という言語設定からクイックスタートを実行して、Touch IDなどを設定します。

Touch IDの設定が済んだら、「iCloudバックアップから復元」「iTunesバックアップから復元」「新しいiPhoneとして設定」「Androidからデータ移行」から、復元方法を選択できます。初期設定完了後、旧iPhone側で「OK」をタップします。

各種設定を進めていくと、iCloudバックアップからの復元が始まります。新iPhoneでホームボタンを押してアップグレードなどと表示されたら、ホームボタンをクリックします。パスコード入力もしくはTouch IDによる認証が求められる場合は、指示に従って操作してください。

ホーム画面が表示されたら、元iPhoneのアプリなどの順次ダウンロードされています。復元が完了するまでしばらくお待ちください。Wi-Fiが切れないようにご注意ください。

iOSデバイスにてiCloud バックアップ復元

iOSデバイス iCloud バックアップ復元

三、iPhoneからiPhoneに機種変更する時にデータを移行

FoneTransは使いやすいiPhone 機種 変更 データ 移行として、優れるiTunes代わりソフトとしてよく使われています。このソフトにより、iPhoneからiPhone、iPad、iPodにデータを移行できますので、iPhoneからiPhoneに機種変更すると、データの引き継ぎにぴったりです。

FoneTransを無料ダウンロード、インストールして、実行してください。

2つのiPhoneデバイスをUSBケーブル経由でパソコンに接続してください。

iPhoneが成功に接続されると、タイプ、容量、シリアル番号、バージョンがインタフェースに表示されます。左側からソースデバイスを選定して、真下の「デバイスに」をクリックすることでiPhoneからiPhoneにデータを移行できます。ちなみに、すべてのデータではなく、特定なデータだけを移行したいなら、左側からカテゴリーを選択して、「エクスポート」ボタンをクリックすることで実現できます。

iPhone機種変更バックアップ

iPhone機種変更バックアップ

四、iPhoneからアンドロイドに機種変更する時のデータ移動

iPhone 4/4S/5/5s/5cなどをアンドロイドに機種変更してデータを移行したいなら、どうしますか。ここでは、FoneCopyをお勧めします。アイフォン 5、アイフォン 5sなどからアンドロイドに機種変更する時に、このソフトにより、アイフォンの連絡先、写真、メディアなどを簡単に移行できます。

FoneCopyを無料ダウンロード、インストールして、立ち上げてください。

アイフォン、アンドロイドスマホを同時にパソコンに接続してください。

インタフェースの「連絡先」、「写真」、「メディア」にチェックを入れて、「コピースタート」ボタンをクリックすることでiPhoneからAndroidに移行できます。 そして、インタフェースの「切り替え」ボタンをクリックすることでソースデバイスとターゲットデバイスを切り替えることが出来ますので、AndroidからiPhoneに機種変更してデータを移行したい時にもお役に立てます。それに、コピーする前にターゲットデバイスで選択されたデータを削除することが可能です。

以上で、iPhone 機種変更するときに、iTunes/iCloud経由して、あるいは専門的なデータ移行ソフトを利用して、データをバックアップ、復元方法についてのご紹介でした。例えばiPhone X/8/8 Plusなど新iPhoneに機種変更したい、あるいはiPhoneとAndroidデバイス間でデータを移行したいなら、ここで紹介した方法などはお役に立てればいいと思います。

見事

評価: 4.5 / 5 (合計88人評価)

推薦文章