FoneTrans FoneTrans

このiPhoneデータ転送ソフトによりiTunesを使用せずにiPhoneなどのデータをパソコンに転送できる。

Down無料ダウンロード Down無料ダウンロード

100% 安全&クリーン

1台のパソコンで複数のiPhoneバックアップ取る方法

Jun 25, 2021 10:27 / 編集者 カテゴリ スマホ データ管理
Follow @高木 晴子 高木 晴子

複数のiPhoneを持つユーザーなら、デバイスのデータを保護するために、1台のパソコンで複数のiPhoneバックアップを作成する気があるかもしれません。で、どうすれば1台のパソコンで複数のiPhoneをバックアップできますか。

「iTunesで複数のiPhoneバックアップを取りたいですが、方法がわからないです。複数のiPhone iTunesバックアップを作成できる方法あれば、教えてください。」

「一つのPCで複数のiPhoneのバックアップをとることは出来ますか?機械音痴なので、わかりやすくて、iTunesで複数のiPhone バックアップを取れる方法、お願い致します。」

iPhone バックアップ 複数

iPhone バックアップ 複数

iTunes経由で複数のiPhoneバックアップを作成

まずは、一つのiPhoneをバックアップします。

バックアップしてから、iTunesを閉じます。そして、「shift」キー(Macユーザーなら、「option」キー)を押すままに、下記のような画面ができ、新規ライブラリを作成できます。より良く管理するために、新しいライブラリに名前をつけて保存してください。

iPhone バックアップ 複数

iPhone バックアップ 複数

次回から例のライブラリを起動しようとしたいなら、最初と同じく、「shift」キーを押しながらiTunesを起動して、「ライブラリを選択」をクリックしてください。すると、開いたライブラリを選べる画面に入りますので、作成したライブラリファルダ->iTunes Library(.itl)の順次に沿って開いてください。これで作成したiTunesライブラリを開くことができます。

注意すべきなのは、作成したライブラリの環境設定を二箇所変更する必要があります。つまり、iTunesのメニューバーの「編集」->「設定」->ライブラリ名を変更しておいてください。そして、「詳細」タブをクリックして、上から2番目の「ライブラリへの追加時にファイルを[iTunes Media]フォルダにコピーする」という選択のチェックを外してください。そうすれば、これから、CDなどからiTunesに曲を追加する時に、作成したライブラリに影響を与えることが避けられます。

環境設定が設定し終わったら、バックアップをiPhoneに同期したりすることができます。それに、以上のように、1台のパソコンのiTunesで複数のiPhoneのバックアップを取ることができます。

FoneTrans経由でパソコンで複数のiPhoneバックアップを作成

FoneTransはiTunesより使いやすくて、便利なiPhone バックアップソフトウェアとして評判が良いです。このソフトにより、複数のiPhoneのバックアップをそれぞれ取ることができます。

複数のiPhoneバックアップを取るために、FoneTransを無料ダウンロード、インストールして、実行します。

一つのiPhoneをUSBケーブル経由でパソコンに接続します。すると、FoneTransは自動的にiPhoneのことを検出できます。

インタフェースの真下にある「フォルダに」ボタンをクリックして、保存先を設定することでiPhoneをパソコンにバックアップできます。

一つのiPhoneをバックアップしてから、パソコンから切断してもう一つのiPhoneをパソコンと繋いで以上と同じように操作してください。

iPhone バックアップ 複数

iPhone バックアップ 複数

結論

FoneTransはiPhone、iPad、iPodなどほぼすべてのモデルをサポートしていて、Windows Vista/XP/7/8/8.1/10などに対応でき、Mac版もあり、優れるiTunes代わりソフトです。

以上は1台のパソコンで複数のiPhoneのバックアップを作成する方法のご紹介です。どうか、お役に立てるように。

見事

評価: 4.9 / 5 (合計368人評価)

推薦文章

コメントコメント確認、シェアしましょう!