iPhoneで音楽が再生できない問題への対策

普通、MP3の代わりにして、より多い人がスマホを音楽プレーヤーとして音楽を再生します。ならば、iPhoneで音楽が再生できない場合、どんないい対策がありますか?その答えは「あります」。今日の文章にはその解決案をご紹介いたします。

Mar 25, 2019 10:40 / 編集者 カテゴリ iPhone , データ 転送
Follow @高木 晴子 高木 晴子

itunesでは再生できますが、iphoneでは再生できない(スキップしてしまう)曲がいくつかあります。

どうすればiphoneでも再生できるようになるでしょうか。

iPhoneで音楽が再生できない

iPhoneで音楽が再生できない

普通、iPhoneではMP3形式の音楽ファイルを再生できるはずです。しかし、iPhoneでMP3再生できないことはどういうことですか?そして、その対策は何ですか?この文章では以上の問題をめぐって、展開しようと思っています。

Part 1:iTunesで再生できる音楽がiPhoneで再生されない

購入済みの音楽をiTunesで聴こうとしたら、曲がスキップして、再生されないことがよくありますよね。それはエンコードや、ファイルの破損などの原因で再生できなくなるかと考えられます。

対策:

1. iPhoneで再生できない音楽を一旦削除して、iTunesから購入済みの曲を再ダウンロードします。

2. iTunesは音楽を認可するかどうかを確認してください。認証を解除し、パソコンを認証することで、iPhoneで音楽を再生できるかもしれません。

3.iPhoneを工場出荷時の設定に戻して、殆どの問題が解決できるはずです。

Part 2:ハグ不具合などで音楽が再生できない

iOSバージョンのアップデートで、もともと再生できるMP3、WMAなどの音楽ファイルが突然スキップして、再生できない状態になることも多いです。

対策:

1. 「ホームボタン」と「スリープボタン」を同時押し→iOS/Androidデバイスを強制的に再起動してください。

2. iTunesでミュージック同期の項目を空にしてからiPhoneを同期して、次にもう一度ミュージックの同期を選択した状態で同期してみてください。

3.パソコンにインストールされたiTunesを最新のバージョンにアップデートしてください。

でも、何度も同期しても症状が改善されないこともありますので、その場合iPhoneをリセットする必要があります。でも、バックアップがない場合では、いきなりiPhoneを工場出荷時の設定に戻すのはオススメではないですね。

そこで、皆さんにiPhoneをバックアップできるiPhone用のデータ転送ツール – Aiseesoft FoneTransを推薦いたしましょう!この転送ツールはPC/MacとiPhoneの間で、音楽、画像、電話帳、動画、オーディオ、ブックとほかのマルチメディアファイルを相互に転送できます。更に、パソコンからMP3、WMAなどの音楽データをiPhoneに入れる際、自動的に音楽ファイルをiPhoneで再生できる形式に変換できます。

早速FoneTransでiPhoneをバックアップしてみましょう!

Step 1ソフトを起動する

パソコンにダウンロードしたこのiPhone バックアップソフトを起動して、iPhoneをUSBケーブル経由でパソコンと接続してください。

Step 2iTunesへバックアップ

iTunesにバックアップする場合、「iTunesへ」を有効にしてiTunesへバックアップしてください。

iTunesへバックアップ

iTunesへバックアップ

注:iTunesへではなく、パソコンへデータを保存する場合なら、左のカテゴリで転送したいデータを選択してください。すべてのデータをバックアップできるわけではないので、バックアップを取る前にご確認ください。

FoneTransでiPhoneをバックアップして問題を解決する以外、iTunesを使わずこのソフトで音楽をiPhoneに入れるのはiTunesで同期するより簡単です。でも、iPhoneをリセットするのはどうしようもない場合の手段なので、まずリセット以外の対策を試して、ミュージックが再生できるかどうかを確認してください。

見事

評価: 4.5/ 5 (合計77人評価)

推薦文章