iPhoneのカメラが真っ暗になって起動しない時の解決案

iPhoneのカメラ機能が使えないと、写真がとれないで、いらいらがつのっていますね。で、下記では、iPhone XS/XS Max/XR、iPhone X/8/7/6/5などのカメラが不具合で真っ暗になったりして、動かないとか、起動しないの状況を直す方法をご紹介いたしましょう。

Feb 28, 2019 11:20 / 編集者 カテゴリ iOS, iPhone データ 復元
Follow @高木 晴子 高木 晴子

iPhoneにプリインストールされるカメラアプリのお陰で、美しい景色を撮ったり、記念すべき瞬間を記録したり、子供の成長を映像として撮影したりすることが出来ます。で、ある日、そのiPhoneカメラが真っ暗になって動かないで、写真や動画がとれないってありますか。カメラがいつものように使えなくて、起動しないと、どんな原因が考えられますか。下記では、iPhoneのカメラのフリーズや起動しない状況が起こる原因と其の対処法をご紹介いたしましょう。

iPhoneのカメラが真っ暗になって使えなくなる  

iPhoneのカメラが真っ暗になって使えなくなる

iPhoneには十分な容量がない

iPhoneのカメラを一応起動しましたが、真っ暗になって写真や動画が撮れないと、iPhoneのメモリーが不足だと思われます。そんな時、下図のように、iPhoneのストレージを確認してください。

iPhoneの容量を解放  

iPhoneの容量を増やす

そして、カメラの使えない、真っ暗などの故障を直し、正常に写真を撮り、動画を撮影するために、iPhoneの容量不足を解消すべきです。よかったら、iPhone容量不足解消というガイドをお読み下さい。

iPhoneを再起動

iPhone本体の不具合によって、カメラアプリが起動しないとか、開かないといった不調が起こるかもしれません。そこで、iPhoneのカメラアプリがフリーズし、動かなくなったら、iPhoneを再起動するのをおすすめ。iPhoneを強制的に再起動する方法は、機種によって異なります。必要なら、Appleの公式サイトにアクセスし、iPhoneを再起動する方法をご参考下さい。

iPhoneのiOSを最新バージョンにアップデート

iPhoneのiOSが古すぎると、アイフォンのカメラアプリの機能が使えなく、真っ暗になる可能性も高いです。そこで、iPhone X/8/7/6/5などのカメラが不具合で真っ暗になったり、起動できないと、iPhoneのiOSを最新バージョンにアップデートしてみください。具体的に、iPhoneの設定->一般->ソフトウェアアップデートの順にタップし、画面の指示に従い、OSをアップデートすることができます。

iPhoneをアップデート  

iPhoneのiOSをアップデート

iPhoneをリセット

以上の方法でiPhoneのカメラアプリが依然として反応しないとか、使えないと、iPhoneをリセットしてみてください。iPhoneをリセットする前に、データを保護するために、iPhoneデータをバックアップすることをおすすめ。

iPhoneのカメラのバグなどを直すために、iPhoneをリセットする手順:iPhoneのホーム画面のアプリ一覧から設定>一般>リセット>すべてのコンテンツと設定を消去の順にタップし、iPhoneをリセットすることが出来ます。

iPhoneをリセット  

iPhoneをリセット

Appleサポートセンターなどへ修理してもらう

最後、iPhoneのカメラアプリが壊れてしまったり、立ち上がらなかったりして、その画面がつかない原因もわからないと、Appleサポートセンターに問い合わせるか、専門修理店舗に出して修理してもらうことをおすすめ。

以上はiPhoneのカメラが起動できない、カメラ機能が使えない時の考えられる対処法のご紹介です。万一に備え、iPhoneが落ちる時、iPhoneカメラが不調になる場合、お役に少しでも立てれば何よりです。

ちなみに、iPhoneのカメラ機能ではなく、iPhone本体に再起動できない、リンゴループ陥る、ブルースクリーンなどのバグが起こったら、自宅でiPhoneをバグから解除することも可能です。必要なら、iPhoneバグ直し方までご参考下さい。

見事

評価: 4.5 / 5 (合計23人評価)

推薦文章