【プライバシーを守る】iPhoneの位置情報をオフする方法 オススメ

Sep 15, 2022 09:20 / 編集者 カテゴリ GPS 変更
Follow @高木 晴子 高木 晴子

現在、位置情報を求められアプリたくさんあります。中には地図アプリ、フードデリバリーアプリ、タクシーの自動配車アプリなどのような位置情報を使わなければならないアプリがあります。また、位置情報を許可する必要のないアプリもあります。この時は、iPhoneの位置情報をオフする方法を必要です。本文では、いくつかの実用的な方法を紹介します。

iPhone 位置情報 オフにすると

iPhone 位置情報 オフにすると

iPhone自体機能でiPhoneの位置情報をオフする方法

「位置情報サービス」にオフする

iPhone自体にある「設定」アプリを使って位置情報をオフできます。通常「位置情報サービス」機能はオンになっています。これを無効化にすると、iPhoneのGPS位置情報をオフできます。

Pro Conメリット

  • ログイン不要で完全無料にiPhoneの位置情報をオフできます。
  • iPhone自体に搭載されている機能を使えば、三つのステップで簡単に位置情報をオフできます。初心者でもこの方法を利用できます。
  • 他のソフトをダウンロードする必要がなりませんので、携帯電話のメモリーを奪うことできなりません。

Pro Conデメリット

  • 「位置情報サービス」機能をオフすると、iPhone全体に位置情報を使えなりません。カーナビのような機能を使用できません。

まず、スマホの中に「設定」アプリを起動します。

次に、「プライバシー」機能を探してクリックします。その後、「位置情報サービス」を選択します。

最後、「位置情報サービス」の右側にある緑色ボタンをクリックして、白色になります。これで、iPhoneの位置情報をオフできます。

iPhoneの「位置情報サービス」にオフする

iPhoneの「位置情報サービス」にオフする

特定のAppに位置情報をオフする

iPhone自体にある「設定」アプリ中の「位置情報サービス」機能を無効化にしてiPhoneの位置情報をオフできるだけでなく、アプリごとに位置情報をオフこともできます。以下、操作手順についてご説明いたします。

Pro Conメリット

  • 自分の必要に応じて、iPhoneにあるアプリの位置情報をオン/オフすることが可能です。
  • iPhone自体標準搭載の機能なので、ログインやダウンロードが不要で完全無料にiPhoneの位置情報をオフできます。
  • 操作方法が超簡単なので、お年寄りでも利用できます。

Pro Conデメリット

  • すべてのアプリごとに操作が必要なので、面倒です。

Step 1.まず、「設定」アプリから「プライバシー」機能を選択します。

Step 2.また、「位置情報サービス」をクリックします。

Step 3.「位置情報サービス」画面下で位置情報をオフしたいアプリを選択します。「許可しない」「次回、または共有時に確認」「このAppの使用中のみ許可」三つの選択肢の中で「許可しない」を選択します。

特定のAppに位置情報をオフする

特定のAppに位置情報をオフする

iPhoneのGPS座標を変更して位置情報を「オフ」する方法

超簡単!Aiseesoft AnyCoordでiPhoneの位置情報を偽装

ARゲーム、SNSなどを利用する時、位置情報を追跡されないようにAiseesoft AnyCoordを使って位置を偽装できます。このソフトは簡単にiPhone 14を含めてiPhoneの位置情報を世界のどこでもまで変更することができます。

Pro Conメリット

  • Windowsシステムでも、Macシステムでも、このソフトを利用してiPhoneのGPSの位置情報を変更できます。
  • 「履歴管理」機能があります。変更したGPS位置情報の履歴をいつでも気軽に確認ことができます。
  • GPS位置情報を変更できるの他、カスタマルートでGPS位置を偽装できます。

Step 1ソフトを実行

まず、下記の「無料ダウンロード」ボタンをクリックして、ソフトをイダウンロードできます。インストールした後ソフトを実行します。

Step 2iPhoneをパソコンに接続

ソフトを開き、「免責事項」を表示されます。これを読み終わったらチェックを入れて「スタート」をクリックします。

iPhoneをパソコンに接続

iPhoneをパソコンに接続

Step 3「場所を変更」を選択

ホームページで左側の「「場所を変更します」機能を選択します。その後、iPhoneの位置情報を表示されます

「場所を変更」を選択

「場所を変更」を選択

Step 4iPhoneの位置情報を変更

画面左上にある検索バーで変更したい場所の名前を入手できます。「変更を確認」ボタンをクリックして、iPhoneの位置情報を変更することもできます。

iPhoneの位置情報を変更

iPhoneの位置情報を変更

iToolsでiPhoneの位置情報を変更できる

iToolsはiOS用のGPSの位置を変更することができるソフトです。iPhone、iPad、iPodを含むすべてのiOSデバイスと互換性があります。iToolsの「仮想位置」機能を利用してiPhoneの位置情報を変更できます。

Pro Conメリット

  • GPSデータからどの位置を取っても仮想位置として使えます。また、iPhoneを再起動することで実際の場所を回復できます。
  • iPhoneの位置情報を変更できだけでなく、データ転送、データ復元などの実用機能があります。
  • ページがシンプル、機能ボタンが明確して、初心者に対して難くないです。

Step 1.iToolsを起動して、iPhoneをコンピュータのiToolsに接続します。

Step 2.メニュー中の「ツールボックス」を選択します。デバイスツールキットの下で「仮想位置」ボタンをクリックします。

Step 3.画面上のテキストフレームに場所を入力し、「ここに移動」をクリックすると、その場所に移動できます。

iTools-Virtual Location

iTools-Virtual Location

iPhoneの位置情報をオフする方法に関するFAQ

質問 1.スマホ位置情報とは?

答え 1.スマホの位置情報とは、衛星信号から座標を測定するGPS、携帯電話やWi-Fi端末の基地局情報から得られる、スマホ所有者の現在地を示す情報のことです。この位置情報はカーナビ機能には不可欠なものです。

質問 2.iPhone位置情報をオンにするのデメリットは?

答え 2.現在、Twitter、InstagramなどのSNSには投稿時の現在地情報を追加できる機能が備わっています。また、スマホで撮影した写真や動画に位置情報が含まれます。これにより、悪意のある人はiPhoneの位置情報から、個人の住居や行動パターンなどの個人情報を取得する可能性があります。

質問 3.iPhoneの位置情報をオフにするのメリットは?

答え 3.iPhoneの位置情報をオフにすると、主に二つのメリットがあります。まず、個人プライバシーを保護できます。位置情報をオフにすればiPhoneの位置情報が公開されることはありません。また、位置情報の取得により、気付かないうちにiPhoneのバッテリーが消費されていますので、位置情報をオフにすればiPhoneのバッテリーが長持ちすることができます。

結論

本文では、iPhoneの位置情報をオフする方法を紹介いたします。iPhone自体機能を利用する方法があります。iPhone位置情報偽装アプリを使ってGPSを「オフ」する方法があります。今後はiPhone位置情報を共有しない場合、この文章はご参照になれば幸いです。

見事

評価: 4.8 / 5 (合計361人評価)

推薦文章

kommentarコメント確認、シェアしましょう!