Macで自作DVDをiMovieで編集する方法

iMovieはホームムービーを作成する最適な動画編集プログラムで、覚的効果を調整、トランジションを追加することによって動画効果を高めることができます。DVDムービーをiMovieに入れて編集したい場合、サードパーティソフトが必要です。市場にはたくさんのプログラムがあって、それを選択すべきでしょうか。その中には、Mac 動画変換 究極があります。このソフトを使って、自作DVDをiMovie用に変換して、ムービーを編集できます。内臓しているソフトにより、DVDムービーを変換して、プログラムにロードします。それから、動画変換部分では、ムービーを流行っている動画と音声形式に変換できます。しかし、すべての動画がiMovieにサポートしているわけではありません。それでは、まずiMovieがサポートする動画形式を勉強しましょう。下記のリストをご参考ください:

DV、DV Widescreen
HDV 1080i (25 and 30 fps)
HDV 720p (25 and 30 fps)
MPEG 4 Simple Profile
MOV、M4V

三つのステップでDVDをiMovieに対応する形式に変換できます。

ステップ1.Mac 動画変換 究極をダウンロードする

Macにこのプログラムをダウンロードして、インストールしてください。「ディスクをロードする」ボタンをクリックして、ドロップダウンリストからDVDディスク、DVDフォルダやISOファイルを選んでください。

ソフトを起動

ステップ2.出力形式を選択する

「プロフィール」のドロップダウンリストからiMovieに対応する形式を選択してください。ここでは、MPEG-4 (.mp4)を出力動画形式として選択します。

出力形式を選択

ステップ3.動画を編集する

複数の編集機能により、ビデオを長さをトリムでき、不要な再生エリアをクロップで気、テキストや画像をウォーターマークとしてビデオに追加でき、複数のファイルを一つに結合して変換できます。それに、必要に応じて出力ビデオとオーディオパラメーターを設定できます。

効果を調整

ステップ4.DVDを変換をスタート

「変換」ボタンをクリックしてDVDをiMovie MPEG4動画に変換始めます。 DVDを動画に変換完了までには数分間が必要ですので、しばらくお待ちください。変換が終わりましたら、DVDをiMovieで編集できるようになります。

iMovieのインタフェース
動画変換 究極

Aiseesoft 動画変換 究極は優秀な動画変換ソフトとして、あらゆる動画形式を他の動画形式、或いは音声形式に変換できます。または動画効果にも編集でき、3D動画にも変換できます。その他に、人気オンライン動画にもダウンロードできます。

関連記事