iOS 9で実装されている新機能

Mar 12, 2021 14:31 / 編集者 カテゴリ ヒント
Follow @宮本 薫 宮本 薫

WWDCはAppleが開催する「世界開発者会議」です。毎年、この会議でApple会社は iPhone や iPad 、Apple Watch をはじめとした新製品やiOSの新バージョンの発表します。2015年のWWDCで一番世界中のガジェットファンの注目と関心を引き付けるのはiOS 9です。最新iOSバージョンiOS 9は数の魅力的な新要素で実装されています。これから、iOS 9の全貌を紹介します。

1.Siriの強化

iOS 9では、Siriがさらに強化されて、昨年に比べて正確さや音声認識の精度が40%も高くなって、対応可能な質問の種類も増えています。

特に、自然な言葉も理解できるようになります。例えば、「去年の8月にユタで撮った写真を見せてくれ」と話しかけると、写真アプリが起動されユタで撮った写真が展示されています。もし、知らない番号から着信した時、Siriがユーザーの電子メールを調べ、可能性がある発信者を見つけ出して画面に表示してくれます。優れた検索機能を発揮しますね。

2.新機能「Proactive Assist」

iOS 9の最大の特徴はユーザーの行動や興味を学習し、次の操作を予測、提案してくれるのは「Proactive」機能です。

Proactiveを利用して、知らない番号から電話があったとき、それが誰かを推測してくれたり、毎日ユーザが異なる時間帯でアプリを使う習慣を応じて、使用したいアプリを知らせてくれたり、近くにある場所を勧めてくれたりします。iOSユーザーにとっては大きなアップデートです。

3.「CarPlay」優れたドライビング パートナー

「CarPlay」はiPhoneを車のテレマティクス装置と連動させるシステムです。ユーザは車に入って、iOS 9にアップグレードするiPhoneと車の間でケーブルでつながなくても、ただワイヤレスを接続して「CarPlay」を操作できます。例えば、人の声で届けたメッセージを再生して聴くことができます。ドライバーはもっと運転に集中できます。今、iOS 9にアップグレードするiPhoneに対応できる車の機種がまだ少ないです。でも、明るい未来を期待できます。

4. Apple Payを英国でも導入

モバイル決済サービス「Apple Pay」は米国に続き7月から英国でも展開して、従来のアプリ名「Passbook」を「Wallet」に変更します。支払い時にApple Payを提示すれば、ポイントカードとしても使えます。

Apple Payを使って、American Express、Master、VISA、Discoverのクレジットカードと、デビットカードによるギフトカード、ポイントカード、航空券の支払うことを実現でき、郵便局での支払いも可能です。

5.メモが大幅機能拡充

iOS 9では、「メモ」アプリの機能も大幅に強化されます。強化されたメモは今までのメモの認識を超えて、チェックリストも作成、写真・動画・手書き(ペンの種類と色も選択できる)メモのことも追加可能です。更に、直接にマップやSafariなどアプリ内の内容や撮影した写真などもメモに貼り付けて、共有ボタンをクリックして作成したリンクをメモに共有できます。

6.地図アプリで乗換検索が可能に

地図アプリが乗換検索機能が追加されて、ユーザはただ目的地を入力して、複数の経路が表示されます。または、場所を検索して道順を調べると、ユーザが地図上で鉄道の駅やバスの停留所をタップして、通る路線がはっきり見えます。

更に、ユーザが地図の上で近くのスポットを検索している時、Apple Payのロゴがあります。このロゴは「Near By」やApple Payでの決済に対応できる店を代表します。ただし、今、ただニューヨーク、ロンドン、トロントなど10箇所の大都市と、中国内の300都市でこの機能を利用でき、日本がまだ対応できません。

7.Newsアプリの追加

iOS 9のNewsは、ユーザーの興味や関心に基づいて、主要な報道機関やインディーズ出版などのソースから提供されてビジネス、テクノロジー、ファッション、スポーツなど異なるストーリーを集めて、ユーザに読みたいニュースを提供できる便利なアプリケーションです。

または、印刷物が持つ美しい編集のレイアウトとタイポグラフィーを提供したり、iPhoneとiPadのデバイスに対応する最適化の読む環境に設定したりして、どちらのデバイスでも素晴らしい読む体験を取得できます。しかし、今「News」アプリがただ米国、英国、オーストラリアで提供され、日本での提供は未定です。

8.iPadがマルチタスク、画面分割をサポート

iOS 9ではiPadを進化します。

1iOS 9のiPadでは2本の指でキーボード情報をドラッグして、文字を選択できます。または、キーボードの上にカット、コピー、ペーストのショートカットなどの操作ができるアイコンを追加したので、便利です。

2ようやくiPadがマルチタスクをサポートして、画面分割を実現できます。iPadで左右にアプリを表示することが可能になります。ドラッグ操作でアプリの表示サイズも変更でき、動画を再生しながら他のアプリも操作できます。

9. AndroidからiOSへ引っ越すのが簡単になる

「iOS に移動」はAndroidデバイスをiOSデバイスに機種変更している時、ワイヤレスでデータを移行できるアプリケーションです。

ユーザはただ「iOS に移動」アプリケーションをAndroidデバイスにインストールして、Androidデバイスの連絡先、メッセージの履歴、カメラで撮った写真やビデオ、ウェブのブックマーク、Eメールアカウント、カレンダー、壁紙、DRMフリーの本を新しいiOSデバイスに移行できます。データ移行の革命を引き出します。

10バッテリ持続時間とセキュリティ強化

今日のガジェットの大きな問題を解決できるために、「iOS 9」は新しい省電力モードを追加します。このモードで、バッテリ持続時間が最大3時間に延ばすことができます。でも、省電力モードで、一部の視覚効果が無効になり、パフォーマンスも低下になります。

「iOS 9」で追加した機能の中で、ユーザに直接的な影響を与える変化はロック画面のセキュリティー・パスコードです。iOS 8までは4桁の数字を6桁に変更して。それに、iOSに記憶されている情報を保護するために、「iOS 9」のデータはランダムな数字のIDを使うことで匿名化されて扱われるそうです。

見事

評価: 4.8 / 5 (合計129人評価)

推薦文章

コメントコメント確認、シェアしましょう!