動画変換 究極 動画変換 究極

動画・音声ファイルを好きな形式に変換したり、おニーズに応じて編集したりしたいですか?で、

Down無料ダウンロード Down無料ダウンロード

100% 安全&クリーン

Aiseesoft GPUアクセラレーション技術の紹介

Sep 11, 2020 14:41 / 編集者 カテゴリ ヒント
Follow @宮本 薫 宮本 薫

GPU アクセラレーションは、ビデオまたは画像を編する時、GPU で高速処理されたエフェクトをレンダリングし、再生処理を改善するために使用されるレンダラーです。リアルタイム画像処理に特化した演算装置あるいはプロセッサです。

専用の電子回路であるGPUGは、メモリを迅速に操作および変更して、分析、エンジニアリングアプリケーションなどの処理集約型の操作を加速するように設計されています。GPUは、組み込みシステム、携帯電話、パーソナルコンピューターなどで使用されます。 また、埋め込まれたビデオカードまたはマザーボードは、パーソナルコンピューターのGPUのプレゼンテーションです。

ソフトウェアアプリケーションのパフォーマンスに関しては、GPUが際立っています。

アプリケーションのコンピューター集中型セクションをGPUに移動し、残りのセクションをCPUで実行できるようにすると、GPUアクセラレーションによりプログラムが高速に実行されます。

GPUアクセラレーションのもう1つの機能は、すべての並列プログラミングモデルのサポートです。これにより、アプリケーション設計者と開発者は優れたアプリケーションパフォーマンスを提供できます。

GPUは、プロのワークステーションユーザー、複数のディスプレイを持つ生産性重視のユーザー、またはゲーマーにのみ機能しますか?

実際にはそうではなく、ビデオの編集または変換を行うソフトウェアを実行している人は、コンピューターにGPUアクセラレーションを適用することもできます。

Part 1:GPUアクセラレーションAiseesoftのサポートの種類

GoogleでGPUアクセラレーションを検索すると、何百万もの結果を見つけることができます。 どのGPUアクセラレーションが最適かを判断するのは困難です。 最も適切なものは最高のものです。

Aiseesoftは、ユーザー向けのビデオソフトウェアプロバイダーとして、現在Intel Quick Sync Video、AMD OpenCL™Accelerated Parallel Processing、NVIDIA NVENCなどの最も人気のあるGPUアクセラレーションをサポートしています。

例として、AiseesoftのGPUアクセラレーションのモデルをいくつか見てみましょう。

ブランド GPU モデル

Intel

HD Graphics 2000, HD Graphics 3000, HD Graphics 2500, HD Graphics 4000, HD Graphics 4200, HD Graphics 4400, HD Graphics 4600, Iris Graphics 5100, Iris Pro Graphics 5200, HD Graphics 5300, HD Graphics 5500, HD Graphics 5600, HD Graphics 6000, Iris Graphics 6100, Iris Pro Graphics 6200, HD Graphics 510, HD Graphics 515, HD Graphics 520, HD Graphics 530, Iris Graphics 540, Iris Graphics 550, Iris Pro Graphics 580, HD Graphics 610, HD Graphics 615, HD Graphics 620, HD Graphics 630, Iris Plus Graphics 640, Iris Plus Graphics 650.
AMD Radeon HD 7700 series (HD 7790 (VCE 2.0)), Radeon HD 7800 series, Radeon HD 7900 series, Radeon HD 8570 to HD 8990 (HD 8770 (VCE 2.0)), Radeon R5 240/R7 240/R7 250/R7 250E/R7 250X/R7 265/R9 270/R9 270X/R9 280/R9 280X, Radeon R5 330/R5 340/R7 340/R7 350/R7 370/R9 370/R9 370X, Mobile Radeon HD 77x0M to HD 7970M, Mobile Radeon HD 8000-Series, Mobile Radeon Rx M2xx Series (R9 M280X: VCE 2.0, R9 M295X: VCE 3.0), Mobile Radeon R5 M330 to Radeon R9 M380 and Radeon R9 M390, FirePro Cards with 1st Generation GCN (GCN 1.0), Radeon HD 7790/HD 8770, Radeon R7 260/R7 260X/R9 290/R9 290X/R9 295X2, Radeon R7 360/R9 360/R9 390/R9 390X, Mobile Radeon R9 M280X, Mobile Radeon R9 M385/R9 M385X, Mobile Radeon R9 M470/R9 M470X, FirePro-Cards with second Generation GCN, Tonga: Radeon R9 285, Radeon R9 380, Radeon R9 380X/Mobile Radeon R9 M390X/R9 M395/R9 M395X/Radeon R9 M485X, Tonga XT: FirePro W7100/S7100X/S7150/S7150 X2, Fiji: Radeon R9 Fury/R9 Fury X/R9 Nano/Radeon Pro Duo/FirePro S9300/W7170M, Polaris: RX 460/470/480.
CUDA GeForce GTX 590, GeForce GTX 580, GeForce GTX 570, GeForce GTX 480, GeForce GTX 470, GeForce GTX 465, GeForce GTX 480M, GeForce GTX 560 Ti, GeForce GTX 550 Ti, GeForce GTX 460, GeForce GTS 450, GeForce GTS 450*, GeForce GT 640 (GDDR3), GeForce GT 630, GeForce GT 620, GeForce GT 610, GeForce GT 520, GeForce GT 440, GeForce GT 440*, GeForce GT 430, GeForce GT 430*, GeForce GT 420*, GeForce GTX 675M, GeForce GTX 670M, GeForce GT 635M, GeForce GT 630M, GeForce GT 625M, GeForce GT 720M, GeForce GT 620M, GeForce 710M, GeForce 610M, GeForce 820M, GeForce GTX 580M, GeForce GTX 570M, GeForce GTX 560M, GeForce GT 555M, GeForce GT 550M, GeForce GT 540M, GeForce GT 525M, GeForce GT 520MX, GeForce GT 520M, GeForce GTX 485M, GeForce GTX 470M, GeForce GTX 460M, GeForce GT 445M, GeForce GT 435M, GeForce GT 420M, GeForce GT 415M, GeForce 710M, GeForce 410M, GeForce GTX Titan Z, GeForce GTX Titan Black, GeForce GTX Titan, GeForce GTX 780 Ti, GeForce GTX 780, GeForce GT 640 (GDDR5), GeForce GT 630 v2, GeForce GT 730, GeForce GT 720, GeForce GT 710, GeForce GT 740M (64-bit, DDR3), GeForce GTX 750 Ti, GeForce GTX 750, GeForce GTX 960M, GeForce GTX 950M, GeForce 940M, GeForce 930M, GeForce GTX 860M, GeForce GTX 850M, GeForce 845M, GeForce 840M, GeForce 830M, GeForce GTX Titan X, GeForce GTX 980 Ti, GeForce GTX 980, GeForce GTX 970, GeForce GTX 960, GeForce GTX 950, GeForce GTX 750 SE, GeForce GTX 980M, GeForce GTX 970M, GeForce GTX 965M, Nvidia Titan X, GeForce GTX 1080, GTX 1070, GTX 1060, GTX 1050 Ti, GTX 1050.

システム要件については、コンピュータが次のいずれかであることを確認する必要があります。

OS サポート OS バージョン プロセッサー ハードディスクの空き容量 RAM
Windows Windows 10/8/7/Vista/XP > 750MHz Intel or AMD CPU 100MB or above 256MB or above
Mac Mac OS X 10.15, 10.14, 10.13, 10.12, 10.11, 10.10, 10.9, 10.8, 10.7. > 1GHz Intel processor or above 100MB or above 512MB or above

Part 2:AiseesoftソフトでGPUアクセラレーションを有効にする方法

GPUアクセラレーションを使用するには、ハードウェアサポートとは別にいくつかの設定を取得する必要があります。ここでは、コンピューターでGPUアクセラレーションを有効にする方法を説明します。

Microsoft公式ページからIntel HDグラフィックスカードモデルに利用可能な最新のIntelグラフィックスドライバをインストールします。

デスクトップの空きスペースを右クリックしてメニューを表示し、「画面解像度」>「検出」ボタンを選択して、非アクティブなビデオ出力を検出します。

アクティブ

アクティブ

Windows 10ユーザーの場合は、デスクトップに移動し、マウスを右クリックして[表示設定]に移動し、[詳細な表示設定]をクリックし、[以上検出]をクリックします。

詳細な表示設定

詳細な表示設定

「Intel®HDグラフィックス出力グラフィックス」の検出されたディスプレイ出力を選択し、複数のディスプレイのドロップダウンから「VGAで接続してみてください」を選択し、「適用」をクリックします。

複数のディスプレイ

複数のディスプレイ

メインディスプレイを選択し、[複数のディスプレイ]ドロップダウンから[これらのディスプレイを拡張する]を選択し、[適用]をクリックし、[OK]をクリックして[画面解像度]設定を閉じます。

複数のディスプレイ

複数のディスプレイ

動画変換 究極のようなAseesoftビデオ関連ソフトウェアに戻ると、有効なGPUアクセラレーションがメインインターフェイスで色付きで強調表示されることがわかります。 そのため、AVCHDをMP4に変換したり、HDビデオを編集したり、ビデオを4Kに変換したりする場合など、変換プロセスが明らかに加速されます。

見事

評価: 4.8 / 5 (合計129人評価)

推薦文章

kommentarコメント確認、シェアしましょう!