iPhoneのSafariが遅い時の解決案

iPhoneの標準ブラウザ「Safari」を使っていたら、「重い」、「遅い」、「起動しない」、「突然落ちる」といったトラブルにぶつかった事がありますか。Safariが重すぎると、ネットサーフィンがうまく行けなくて、イライラしていますね。

で、どうすればSafariを快適にさせられますか。ここでは、Safariが遅い、重い、落ちる時の解決案をご案内いたしましょう。どうか、お役に立てるように。

1、キーボードの変換学習をリセット

キーボード変換学習とは、利用者がiPhoneで入力した単語を記憶して、次回、同じ先頭文字を入力した時に文字を変換できる候補として表示させる機能です。記憶した単語がたま過ぎると、Safariを遅くするので、キーボード変換学習をリセットしてみましょう。

iPhone ホーム画面の「設定」->「一般」->「リセット」->「キーボードの変換学習をリセット」のfix-safari-running-slow-on-iphone順次に従ってタップして、表示されるポップアップで「辞書をリセット」をタップします。すると、キーボード辞書を工場出荷時のデフォルト状態に戻させますので、Safariを再移動して状況が直したかどうかをご確認ください。

2、ネットワークをリセット

ネットワークをリセットすると、iPhoneのWi-Fiパスワードなどが消去されますが、Safariが落ちる、遅い状況を改善できます。「設定」->「一般」->「リセット」->「ネットワーク設定をリセット」の順次に沿ってタップしてください。表示されるポップアップで確認すればiPhoneのネットワークをリセットできます。

iPhone リセット

3、Safariの要らないタブを閉じる

Safariを利用すると、アクセスしたすべてのウェブサイトが残されますので、その要らないタブを閉じてみてください。Safariの画面から右下隅の最後のアイコンをタップすると、開いているタブが並んで表示されるので、左上隅の「X」をタップしたり、タブを左にスワイプして不要なタブを閉じることが可能です。

4、Cookieとデータを消去

Safariを使っている時、ウェブサイトの履歴、Cookie、キャッシュなどが残されます。これらのデータのおかげで、よく利用するサイトにアクセスすると、便利ですが、どんどん蓄積していくと、Safariを重く、遅くなる原因となります。それで、Safariの履歴、Cookie、キャッシュを削除すれば改善できると思います。

具体的に、iPhoneのホーム画面から「設定」->「Safari」->「履歴とWebサイトデータを消去」の順次に沿って、表示されるポップアップで「消去」をクリックすれば結構です。 ちなみに、Safariの履歴、Cookieデータなどだけでなく、iPhoneを売却、下取りしたりする場合に、すべてのデータを復元できないように消去したいなら、iPhoneのすべてのコンテンツと設定を消去する方法までご参考ください。

iPhoneのSafariが重い、遅い、落ちることにあったら、以上の紹介した方法をご参考、ご利用ください。

高木 晴子

May 15, 2017 09:00 / 編集者 カテゴリ iOS
Follow @高木 晴子