携帯電話からデータ移行する方法

携帯電話 機種変更 データ 移行
携帯電話を変えます。
androidからiphoneにします。auからソフトバンクにします。
その時、データは移せますか?それともショップに依頼してもらうしかないですか

スマホのアップグレードの速度を加速したため、毎年様々なデバイスが開発されており、新しい携帯に機種変更した人が結構いると思います。でも、新デバイスに機種変更する際、複雑なのは古い携帯電話からデータを移行することです。このページでは、機種変更する際、携帯電話からデータ移行する簡単な方法を紹介しましょう。

携帯電話からデータ移行

ガラケーからスマートフォンに機種変更

スマートフォンの普及につれて、8~9割の人がスマートフォンを利用し始めましまた。その中、ガラケーを今でも使っている人が多く、そろそろスマートフォンに変えようと思う際、ガラケーからスマートフォンへデータを移行するにはどうすればいいの、実現できるのでしょうかと疑問を抱く人が結構いるでしょう。

実はガラケーからスマートフォンにデータを移行するにはSDカードを利用すれば実現できます。SDカードをガラケーに入れて、電話帳などのデータをSDカードにエクスポートしてください。Android携帯にデータ移行する場合、SDカードをAndroidスマートフォンに差し込んでインポートしてください。iPhoneはSDカードに対応しないため、まずデータをパソコンへ保存してメールとかでiPhoneに送ります。

連絡先を移行する場合、SDカード以外、赤外線通信を利用してガラケーから電話帳をAndroidに移行可能です。

携帯電話からデータの移行は各キャリアのホームページで検索できます。以上の方法で実行できない場合、それぞれのキャリアのホームページまでご参考ください。

スマートフォンからスマートフォンへデータ移行

AndroidからiPhoneへ、iPhoneからAndroidへ、変更先によって方法も異なります。例えば、AndroidからiPhoneにデータ移行する場合、Move to iOSというAndroidからiPhoneへデータ移行機能の搭載されたアプリで、Googleアカウント、ブックマーク、メッセージ、連絡先、カレンダー、カメラロールなどのデータが移行可能です。また、iPhoneからAndroidに機種変更する際、データごとに移行方法も異なります。

これまで見て、スマホのデータ移行が結構複雑そうですね。気軽にスマホの機種変更をする人にはAiseesoft社のFoneCopyを推薦します。このFoneCopyはAndroid同士、iPhone同士、iPhoneからAndroidへ、AndroidからiPhoneへ連絡先、写真、音楽、動画四種類のデータを簡単に実現できます。

ただ2つのデバイスをパソコンと接続して、移行するデータを選択すれば、携帯電話の移行作業が始まります。注意すべきなのは、FoneCopyでデータを移行する際、パソコンへ移行できませんため、2つのデバイスを同時にパソコンと接続するのは前提であります。

スマホとパソコンを接続

FoneCopyをインストールした後、実行してください。2つのデバイスとパソコンを接続すると、ソフトが自動的にデバイスを検出してくれます。そして、移行元と移行先を設定してください。(ここではAndroidからiPhoneにデータ移行するのを例にします)

GALAXYからiPhone

GALAXYとiPhoneをパソコンに接続

上記の設定が終った後、連絡先、写真、音楽やビデオなどの移行するデータを選択した後、「コピーを開始」をクリックすれば、携帯電話のデータ移行が始まります。

スマホデータの移行が始まり

FoneCopyは機種変更するためにデザインされたソフトなので、AndroidやiPhoneなどの機種に対応しており、操作も簡単で、とても初心者に向いています。そのデメリットとして、連絡先、写真、音楽やビデオ以外のゲームやLINEなどのデータに対応していません。機種変更後、旧デバイスを下取りする前にデータを完全に消去しなければなりません。そこで、iPhoneデータを消去できるFoneEraserを使って見てください。

高木 晴子

May 17, 2017 08:10 / 編集者 カテゴリ iOS, Android
Follow @高木 晴子