iPhone 電話帳(連絡先)を移行する方法について

iPhone 電話帳 移行

「携帯をiPhone 5から8にしたいと思ってます。パソコン苦手なので、電話帳を移行したいのにうまくできません。
どなたかやり方わかりやすく教えて下さい。」

上記のように、iPhone 機種変更する際、一番重要なのはデータをバックアップすることです。特に、長年溜まってきたiPhone 電話帳、連絡先の移行が機種変更の事前に準備しなければなりません。でも、Androidデバイスと違って連絡先をSIMカードにバックアップすることができません。実はiPhone 電話帳 移行に困っているユーザーが結構います。今回はiPhoneからiPhone 電話帳 移行、iPhoneからAndroid電話帳 移行の二つの部分に分けて、iPhone連絡先を移行する方法を紹介します。

一、iPhoneからiPhone 電話帳 移行

方法一:FoneTransでiPhone 電話帳を移行

Aiseesoft社のFoneTransがiOS向けのデータ移行ツールです。サポートするデータが多く、iPhone 電話帳を含む写真、音楽、メモなどのデータをパソコンへバックアップすることが可能です。それに、重複したiPhone 電話帳の削除、連絡先の編集などの機能も備えているので、実用性が高いと思います。iPhone 電話帳をパソコンに移行するほか、iTunesへバックアップすることや、直接的に新しいiPhone デバイスに移行することもこのFoneTransソフトで実現できます。

特徴:1.iPhoneからiPhone/iPad/iPodなどのiOSデバイスへ電話帳を移行できる

2.移行するデータをプレビューできる

3.iPhoneからパソコンへ、iTunesへデータをバックアップできる

4.iPhoneからデータ移行するに限らず、PCからiPhoneへ連絡先、写真、動画などのデータを転送できる

デメリット:iOSデバイスだけサポートし、Androidへデータを移行することが不可能

では、せっかくですが、このFoneTransソフトをご利用して、iPhone 電話帳 移行する手順を一緒に見てみましょう。まず、Aiseesoft 公式サイトからソフトを無料ダウンロードします。

ソフトをインストールしてから実行後、USBケーブルを経由して、お使いのiPhoneデバイスをパソコンに接続します。プログラムはデバイスの型番などを自動的に認識します。

デバイスを接続

インターフェース左側にiPhone データの種類が表示され、その中から左側「連絡先」を選択します。ユーザーはお必要に応じて連絡先を個別的に選択するか、iPhone 電話帳をフルバックアップ、移行できます。

Excel/CSV/vCard、Microsoft Outlookなどにエクスポートしたい場合は、iPhone 電話帳を選択してから、「インポート/エクスポート」をクリックします。選択された連絡先か、すべてのiPhone 電話帳をエクスポートできます。

FoneTransでiPhone 電話帳 移行

直接的にiPhoneからiPhoneへ電話帳を移行したい場合は、二台のデバイスを同時にパソコンに接続して、下図の示しているように、「インポート/エクスポート」に「iPhone ○」という選択肢が出てきて、それを選択すればいいです。

iPhoneからiPhone 電話帳移行

また、逆にiPhoneに電話帳を導入したいなら、iPhoneに連絡先をインポートをご覧ください。より多くのiPhone 電話帳 対策案については、iPhone 連絡先 編集重複したiPhone 連絡先 削除までご参考ください。

方法二:iCloudでiPhone 電話帳を移行する

iPhoneからiPhoneに機種変換して、電話帳を移行したいなら、iCloud バックアップ、復元機能でできます。しかし、ここで注意すべきなのは、新デバイスにiCloudに保存されたデータを同期する際、同じApple IDを使うことです。普段連絡先をiCloudにバックアップしていない方は機種変更する前に事前にバックアップを取ることが重要です。古いiPhoneの電話帳をiCloud にバックアップした後、新しいiPhoneで「設定」アプリを開いて、「一般」→連絡先をオンに設定する→「連絡先をiCloudに結合します」を有効にしてください。

iCloudでiPhoneの連絡先を移行

特徴:他の移行アプリやバックアップソフトを利用する必要がない

デメリット:iOSデバイスに機種変更する場合に限って適用する;エラーが発生する可能性がありデータが失う可能性もある;Apple IDが使用不能である場合、iPhone 電話帳 移行が不可能になる。

方法三、iTunesでiPhone 電話帳 移行

そのほか、iTunesのバックアップ機能でiPhone 連絡先の移行が可能です。

古いiPhoneの電話帳をパソコンにバックアップします。

iTunesを起動します。USBケーブルを経由して、お使いのiPhoneデバイスをパソコンに接続します。インターフェースの左上にiPhoneのアイコンが表示されたら、それをクリックします。そして、「概要」をクリックして、「バックアップ」セクションから、「今すぐバックアップ」か「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れて、古いiPhoneの電話帳のバックアップを作成します。

iTunes iPhone バックアップを暗号化

iTunesのバックアップから新しいiPhoneに電話帳を復元、移行します。

新しいiPhoneをUSBケーブルでPCに接続します。「概要」「バックアップを復元」古いiPhoneのバックアップと進み、「復元」をクリックしてください。

ところが、iTunesをご利用してiPhone 電話帳を移行するのはiCloudと同じ、エラーで連絡先が削除されてしまう恐れがあります。大切な連絡先が失ってしまっても復元する可能性がありますが、やはり事前にiPhone 電話帳をバックアップすることをオススメです。

二、iPhone 連絡先移行 Android

FoneCopyでiPhone電話帳を移行

iPhoneの電話帳を丸ごとに他のデバイスに移行したいなら、FoneCopyという機種変更するために開発されたデータ移行ツールを推薦します。FoneCopyはパソコンと接続した二台のデバイスの間で連絡先や写真、音楽などのデータを相互転送できます。操作方法がとても簡単で、ワンクリックで完成できますから、パソコン初心者でもiPhoneの電話帳を安全かつ簡単に移行Androidにできます。

では、せっかくですが、このFoneTransソフトをご利用して、iPhone 電話帳 移行する手順を一緒に見てみましょう。まず、Aiseesoft 公式サイトからソフトを無料ダウンロードします。

iPhone、AndroidデバイスをUSBケーブル経由でパソコンに接続します。

FoneCopyを実行すると、iPhone、Androidデバイスがすぐ認識され、インタフェースで表示されます。

「連絡先」にチェックを入れて、「コピースタート」ボタンをクリックしてください。しばらくして、iPhoneの電話帳をAndroidに移行できます。

iPhoneからAndroidに電話帳を移行

特徴:1.iPhoneからAndroidへ連絡先を移行する以外、iPhoneからiPhoneの電話帳 移行にも対応

2.操作方法が簡単、初心者でもiPhoneの電話帳を移行できる

デメリット:パソコンへの移行がサポートしない;2つのデバイスが同時に手に持たなければならない;データのプレビューが不可能;MacでFoneCopyでiPhone電話帳を移行することが不可能

以上で、iPhoneからiPhoneへ電話帳を移行、iPhoneからAndroidへ連絡先を移行する方法についてのご紹介でした。連絡先というのはやはり大切な資料だと思い、日頃よりiPhone 連絡先 バックアップすることをオススメです。機種変換などの時に、ここで紹介したiPhone 電話帳 移行する方法はお役に立てればいいと思います。

高木 晴子

Jan 12, 2018 02:23 / 編集者 カテゴリ データ 転送 , iPhone
Follow @高木 晴子