iPhoneアプリがアップデートできない原因と対処法

iPhone7、アプリのアップデートができないです。
iPhone7ソフトウェアアップデートは最新の状態です。
アプリアップデート→確認が必要です→キャリア決済選択→「現在お客様のリクエストを完了できません〜」が何日か続いてます。

上記問題のように、iPhoneアプリをアップデートする際、何らかのことでアプリがアップデートできないことがありますよね。或いは、アップデートの通知が来てApp Storeを起動すると、画面が真っ白で全くアプリがアップデートできません。また知恵袋ではApp Storeでアップデートのボタンを押しても反応がないとか困っている方が多いらしいです。 そこでこのページではiPhoneアプリがアップデートできない問題への対策を紹介しましょう。

iPhoneアプリ アップデートできない

1. iPhoneアプリがアップデートできない原因

1.App Storeの障害:App Storeのサーバーに障害がある際、アプリがアップデートできない可能性もあります。

2.アプリのバグ: アプリ自体に不具合に発生した場合、何度もアプリがアップデートできないことがよくあります。この場合、アプリ開発者がバグを修正するまで待ちましょう。

3.iPhone容量が不足:iPhone内の空き容量が足りない時、アップデートするデータが保存する場所がなく、アプリのアップデートができないのが当然のことです。

4.通信環境が悪い:通信環境が悪い、またスマホの設定により、Wi-Fiに接続しない場合、アプリのアップデートできないこともあります。

5.iOSバージョンがアプリに対応しない:iPhoneのiOSバージョンが古いのもiPhoneアプリがアップデートできない原因の一つです。

6.iOSに不具合:iPhoneのiOSに不具合がある際、アプリのアップデートができなく可能性があります。

7.キャリア決済限度額がオーバー:キャリア決済限度額がオーバーすると、アプリのダウンロード、アップデートができません。

2. iPhoneアプリがアップデートできない時の対策

1. App Storeの稼働状況を確認

App Storeのシステムがメンテナンス中なら、アプリのアップデートができないのは一時的な問題です。App Storeのメンテナンスが完了すれば、iPhoneアプリのアップデートができるはずです。iPhoneアプリがアップデートできない際、まず下記のリンクまでApp Storeの稼働状況を確認してください。

https://www.apple.com/jp/support/systemstatus/

2.iPhoneのiOSをアップデート

iPhoneのiOSバージョンが古い場合、アプリをインストールしようとすると、アプリケーションをダウンロードして使用するにはiOS *にアップデートする必要がありますとのメッセージが表示されます。その際、iOSバージョンをアップデートしてください。 「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」順にiOSをアップデートした後、アプリがアップデートできるかどうかを確認してください。

iOSをアップデート

3.Wi-Fiに接続してアプリをアップデート

iPhoneの設定やアプリの設定により、アプリをアップデートするためにWi-Fi接続が必要です。でも、通信環境が悪いことによってアプリのアップデートが失敗することもあります。その際通信する環境を変えて実行してみてください。

4.App Storeをサインアウト、サインイン

App StoreのIDが間違っている場合、アプリがずっと待機中、アップデートできないことがあります。まず、App ストアのIDを確認してください。AppストアのIDが間違っていない場合、Apple IDの認証に何らかの問題が発生しているかもしれません。Apple IDから一度サインアウトして、再びサインインすることでアプリがアップデートできる可能性が大きいです。

App Storeをサインアウト

5.iPhoneを再起動

iPhoneの電源を切らず長時間を使うと、処理したデータが残っていてエラーが発生する可能性があります。一応iPhoneを再起動してアプリがアップデートできない問題が改善できるかどうかをチェックしてください。

6.iPhoneの空き容量を増やす

iPhone内の空き容量が足りない場合、アップデートが失敗するなら、iPhoneの空き容量を増やしてください。普段あまり使用しないアプリのストレージを削除するとか、写真、音楽等のデータをパソコンに移行して保存するとかが簡単にiPhoneのストレージを増やすことができます。

ここで、皆さんにiPhoneデータを管理できるFoneTransを推薦します。このソフトはiPhoneとパソコン間で写真、ビデオ、音楽など様々なデータを移行できます。iPhoneの空き容量を増やしてアプリがアップデートできない問題を解決したいなら、このツールが役立つでしょう。

FoneTrans

7.アプリを再インストール

アプリ自体に故障や不具合があった場合、アプリがアップデートできないことが多いです。そんな時は一度アップデートできないアプリを削除してApp Storeから再インストールしてみてください。

アップデートできないアプリを削除する際、そのアプリのアイコンを長押しすると、アイコンの右上にバツイメージのボタンをタップすれば削除できます。

アプリを削除

8. キャリア決済限度額を補填

キャリア決済限度額がオーバーしたかどうかを確認してください。キャリア決済限度額がオーバーするする場合、iTunesカードやクレジットなどで不足額を補填してください。

以上はiPhoneアプリがアップデートできない原因と解決策でした。iPhone上のアプリがアップデートできないことに遭った時、まず落ち着いて上記の方法を試して修復してみましょう。

高木 晴子

Dec 14, 2017 03:27 / 編集者 カテゴリ iPhone
Follow @高木 晴子