簡単にiPhone 4をバックアップする方法

iPhone 4 バックアップ

多くの方々はiPhone 6やiphone 7を使っているでしょう、勿論iPhone 5のユーザーも結構いますが、でも先日iPhone 4を7に機種変更しようとするネット友に、4、5年間使ってきたiPhone 4上のデータをバックアップして、新しいiPhoneに移行したいと話してくれましたが、今でもiPhone 4を利用する人がいることにびっくりしました。

実はApple社がiOS バージョンをアップグレードする際、Androidデバイスと違い、違うiPhoneでもiOS バージョンアップできます。でも、2017年8月までiPhone 4は最大iOS 7.1.2までバージョンアップできます。最新バージョンで更新した機能は使えません。そのため、一部の人はiPhone 4を機種変更しようと思ったのでしょう。でも、久しぶりに機種変更するから、iPhone 4上のデータをバックアップすることに困っている方は少なくないと思います。そこで、このページでは、iPhone 4をバックアップする方法について紹介しましょう。

iPhone 4をパソコンにバックアップ

iTunesを介して、iPhone 4をバックアップできますが、iTunesを使いこなしていない方にとってはやはりiPhone用のバックアップソフトの方が簡単に操作できます。ここでは、皆さんにAiseesoft社が開発したiPhone データ移行を推薦いたしましょう。このソフトはPCとiPhoneの間で写真、音楽、動画、メッセージ、ブックス、連絡先などのデータを相互転送できます。iTunesと違い、転送するデータがプレビューでき、不要なデータを削除してバックアップしないというような設定も可能です。

iPhone 4をパソコンにバックアップする手順

Step 1iPhoneをパソコンに接続

インストールしたソフトを起動してください。そしてUSBケーブルでiPhoneをパソコンに接続してください。初めて接続する場合、iPhoneでこのコンピューターとの接続を確認する必要があります。

インタフェース

Step 2バックアップするデータを選択、転送

iPhone 4がパソコンに接続した後、デバイス内のデータはカテゴリごとに左側に分類されます。右側でバックアップしたいデータを選択して、上部の「エクスポート」→「PCへエクスポート」をクリックすれば、選択したiPhone 4のデータはパソコンにバックアップし始めます。

データを選択

メリット:1.iPhone 4上のデータをプレビューして、選択的に転送できる。
2.パソコンだけでなく、iPhone 4から新iPhoneへのデータ転送も可能。

デメリット:ワンクリックでiPhone 4のバックアップは不可能。

iPhone 4をiPhoneにバックアップ

同じくAiseesoft社のFoneCopy - スマホ データ転送はデバイス間のデータ転送するためにデザインされたソフトとして、ワンクリックで新デバイスにiPhone 4をバックアップできます。iPhone 4からiPhoneへ、iPhone 4からAndroidデバイスへのバックアップは可能です。

iPhone 4をiPhoneにバックアップする手順

Step 12つのデバイスをパソコンに接続

ソフトを実行した後、iPhone 4と新デバイスこの2つの端末をパソコンに接続してください。

FoneCopyのインタフェース

Step 2iPhone 4をバックアップ

2つの端末がソフトに表示された後、「切り替え」を利用して、「元の端末」をiphone 4に、「コピー先の端末」を新デバイスに設定してください。バックアップするデータの種類を選択した後、「コピーを開始」をクリックしてください。

iPhone4からiPhone 7

メリット:ワンクリックでデバイスをバックアップすることが可能。

デメリット:1.データのプレビューや選択がサポートしない
2.連絡先、写真、音楽、動画以外のデータバックアップは不可能

以上はiPhone 4バックアップの仕方でした。勿論、iTunesを介してiPhone をバックアップできます。でも、iPhoneにiTunesが同期できない問題に遭った場合、是非iPhone 同期できないまでご参考ください。

高木 晴子

Aug 03, 2017 03:45 / 編集者 カテゴリ iOS, iPhone データ 復元
Follow @高木 晴子