iPad バックアップできない時の対処法について

iPad バックアップできない

iPadをiTunesやiCloudにバックアップしようとする時、何らのエラーが出て、うまくバックアップできないというような状況に遭ったことがありますか。この文章により、iPad バックアップできない時の対処法をまとめてみなさんにご紹介したいと思います。

iCloud iPad バックアップできない

iPadをうまくiCloudにバックアップできない場合は、以下の対策案を試してみましょう。

一、iPadを再起動します。

二、iCloudの空き容量を増加します。そのためには、iCloudから不要なバックアップを削除するか、容量を購入する必要があります。

iCLoud バックアップを削除

三、別のWi-Fiネットワークに接続します。

四、ネット設定をリセットします。

ネット設定をリセット

iTunes iPad バックアップできない

iPad iTunes バックアップする手順を実行する時問題が起きた場合、まず下記の手順を試してみてください。

一、最新バージョンのiTunesがインストールされていること。

二、iPadをパソコンに接続してから、iTunesでそのデバイスを選択すること。

三、パソコンとiPadの電源を両方とも切り、もう一度入れ直してみます。

四、Windowsパソコンをお使いの場合は、iTunes が反応しなくなる場合やiPad バックアップがいつまでも終わらない場合は、セキュリティソフトウェアのアップデート、変更、無効化、アンインストールを試してみてください。

五、複数のパソコンをお持ちする場合は、ほかのパソコンを使ってiPad バックアップを作成してみます

六、ディスク容量不足という警告が表示される場合は、Mac または Windows パソコン上の容量に空きを作ってください。

専門的なソフトにより、iPadをバックアップ

上記に述べたように、iPadをiTunes/iCloudにバックアップできない場合は、いろいろな方法を試してみたら問題を解決できるかもしれません。しかし、機械音痴にとっては操作が複雑すぎるかもしれません。そこで、パソコン初心者にとっては、iPadをバックアップできない時に、専門的なソフトの力を借りることをおすすめします。

例えばAiseesoft社開発のiOS データ バックアップ & 復元なんですが、このソフトをご利用して、iPad データをわずか数クリックだけでパソコンにバックアップできます。そして、ユーザーはお必要に応じてほしいデータだけをバックアップできるので、時間と手間の節約も期待できます。デバイスが故障、データ紛失などの時に、既存のデータに影響なしに、バックアップしたデータを取り戻すすることができます。

では、せっかくですが、まずソフトを無料ダウンロードして、iPadをバックアップする手順を一緒に見てみましょう。

1「iOS データ バックアップ & 復元」機能を選択

ソフトを実行してから、「iOS データ バックアップ & 復元」機能を選択して、お使いのiPadをパソコンに接続します。

「iOS データ バックアップ」を選択

2iPad バックアップモードを選択

ユーザーはお必要に応じて、「標準バックアップ」か「暗号化バックアップ」を選択できます。暗号化バックアップでは、まずバックアップファイルにパスワードを設定する必要があります。

バックアップモードを選択

3「写真」にチェックを入れ

例えばiPad 写真をバックアップしたいなら、「写真」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。そして、保存先などを確認してから、バックアップが始まります。

「写真」にチェックを入れ

4バックアップしたiPad 写真をチェック

「OK」をクリックして、バックアップファイルのリストに今度のバックアップを見つけます。ユーザーはバックアップしたデータをプレビューしたりでき、iPadやパソコンに復元することもサポートします。

バックアップしたiPad 写真をチェック

このようにして、iPad バックアップできない問題が完璧に解決されるはずです。それ以外、ソフトはiPhone 連絡先 バックアップiPhone 写真 バックアップなどに対応できるので、実用性が高いと思います。お必要があれば、ぜひソフトを無料ダウンロードしてやってみましょう。

高木 晴子

Nov 10, 2017 02:20 / 編集者 カテゴリ iOS, バックアップ
Follow @高木 晴子