iPadをバックアップする方法について

iPad バックアップ

最近、iPadをご利用して写真を撮ったり、メールのやり取りをしたりする人がだんだん多くなるでしょう。みなさんは、どのようにしてiPad データをバックアップするか、というような問題に悩んだことがありますか。また、バックアップする方法はいろいろありますが、いざという時にデータを復元したいなら、復元に関してはどちらが便利かを知りたいとは思いませんか。この文章により、専門的なソフト、iCloudとiTunesの3つの部分に分けて、iPadをバックアップする方法をご紹介します。

専門的なソフトにより、iPadをバックアップ

特徴:パソコン初心者に向けて開発され、専門性が高い一方、操作がとても簡単です。そして、既存のデータに影響なしに、バックアップしたiPadデータを復元できるのが魅力的でしょう。

市販の専用的なiOS データ バックアップ & 復元ソフトにより、iPad データをわずか数クリックだけでパソコンにバックアップできます。フルバックアップとは違って、例えばiPad 写真だけをバックアップできるので、時間と手間の節約が期待できます。一方、デバイスが故障、データ紛失などの時に、ユーザーはお必要に応じて、バックアップしたデータを復元することができます。

では、せっかくですが、まずソフトを無料ダウンロードしましょう。

1「iOS データ バックアップ & 復元」機能を選択

ソフトを実行してから、「iOS データ バックアップ & 復元」機能を選択して、お使いのiPadをパソコンに接続します。

「iOS データ バックアップ」を選択

2iPad バックアップモードを選択

ユーザーはお必要に応じて、「標準バックアップ」か「暗号化バックアップ」を選択できます。暗号化バックアップでは、まずバックアップファイルにパスワードを設定する必要があります。

バックアップモードを選択

3「写真」にチェックを入れ

例えばiPad 写真をバックアップしたいなら、「写真」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。そして、保存先などを確認してから、バックアップが始まります。

「写真」にチェックを入れ

4バックアップしたiPad 写真をチェック

「OK」をクリックして、バックアップファイルのリストに今度のバックアップを見つけます。ユーザーはバックアップしたデータをプレビューしたりでき、iPadやパソコンに復元することもサポートします。

バックアップしたiPad 写真をチェック

iPadをiCloudにバックアップ

iPadをiCloudに保存するのは、パソコン不要で、必要なiCloud 容量とWi-Fi環境があれば簡単にできるのでとても便利です。

ステップ1、iPadから「設定「iCloud」を順次タップします。

ステップ2、「iCloud バックアップ」をタップします。「iCloud バックアップ」がオンになっていることを確認します。

ステップ3、「今すぐバックアップを作成」をタップします。iPad バックアップが終わるまでWi-Fiネットワークに接続したことを確保してください。

iPadをiCloudにバックアップ

ただし、ここで注意すべきなのは、万が一の時にバックアップしたデータをiPadに復元したいなら、デバイスからすべてのコンテンツと設定を削除する必要があります。

iPadをiTunesにバックアップ

ヒント:iPadをパソコンに接続する前に、iTunesの「自動同期」設定を無効にすることがおすすめです。というのは、iPadデータが自動的に同期されると、データが消えたり重複したりする可能性があるからです。

iTunes 自動同期を無効にする

ステップ1、iTunesを起動して、USBケーブルでiPadをパソコンに接続します。インターフェースのiOSデバイス様式のボタンをクリックします。

ステップ2、「概要」の「今すぐバックアップ」を選択します。

iPhone 連絡先をiTunesにバックアップ

以上で、iPadをバックアップする三つの方法についてのご紹介でした。データのバックアップと復元を総合的に見れば、やはり専門的なソフトを利用してiPadをバックアップするほうが便利だと思います。また、ソフトはiPhone 写真 バックアップiPhone 連絡先 バックアップなどに対応できるので、実用性が高いと思います。

高木 晴子

Nov 10, 2017 02:15 / 編集者 カテゴリ iOS, バックアップ
Follow @高木 晴子