iPod 管理 Mac - iPodとMacの間でデータ転送

iPodとMacを同時に使っている方に、いつもiTunesを通じてiPodデータを管理していると思いますね。しかし、iTunesはなにか問題があると、曲でも、動画でも、管理できなくなってしまいます。この場合に、ほかのMac対応のiPod管理ソフトを試みてください。

ここでは「Aiseesoft Mac FoneTrans」をオススメします。このソフトはiPod Touch、iPod nano、iPod shuffleに対応でき、Macで音楽、動画、メッセージ、写真、テレビ番組、Podcast、iTunes U、 ePub、 PDF、オーディオブックなどデータを自由に管理することが出来ます。

また、専門的なiPod管理用ソフトとして、WindowsユーザーにWindowsシステムの「Aiseesoft FoneTrans」も開発されまして、ご必要に応じて、ダウンロードしてみてください。

次は音楽と写真を例にとって、このMac用iPod管理ソフトの主要機能を紹介いたします。

iPod管理Macの音楽管理機能

このiPod 音楽 管理MacソフトはPC、iTunes、iPodに対応できますので、自由にこの3つ端末の間に転送することが出来ます。例えば、iTunesから買った音楽をiPodに転送、iPod音楽をパソコンMacに移行、Macに保存したローカル音楽をiPodに転送することなど。

その意外、便利にMacでデータを管理するために、音楽ファイルの名称、時間、サイズ、アーティス、アルバム、ジャンル、評価、更に、iTunesにバックアップしたことがあるかどうかもメインインターフェイスで見つけられます。

iPodに移行したい動画はiPodに対応しないと、Macで動画ファイルをiPod用形式に変換する方法までご参考ください。

iPod管理Macの写真管理機能

iPod Touchも写真を撮る機能がありますので、MacでiPodに撮った写真を管理しようと、プロなiPod管理Macソフトを使った方がいいと思います。

MacでiPodの写真管理

「Aiseesoft Mac FoneTrans」は専門的にMacシステムにデザインされたiPod管理ソフトとして、iPod写真をレビュー、更新時間に並べ替え、写真のサイズを見積り、iTunesにバックアップなどがワンクリックで完了できます。

iPod 管理 Macの使い方

ステップ1 ソフトを実行

公式サイトからこのiPod管理ソフトをダウンロードして、Macにインストールしてください。起動してから、お手持ちのiPodをMacに接続してください。

ステップ2 iPodをスキャン

MacでiPodデータをスキャン

USBで接続しているiPodの名称が見つけます。このiPod管理ソフトはiPodのデータを自動にスキャンして始めます。少し時間がかかるので、少々お待ちください。

ステップ3 転送したいファイルを選択

インタフェースにすべてのデータが異なるカテゴリに分類されて、ファイル種類をクリックして相応しているデータが現れます。それに、必要に応じて転送しようとするiPodデータを選択できます。

ステップ4 iPodデータ移行

MacでiPodのデータを移行

データを確認した後、メニューにある「エクスポート」のプルダウンメニューから「PCにエクスポート」はをクリックしてiPodデータをパソコンに移行できます。iTunesに転送したいなら、この時「iTunesにエクスポート」を選択すればいいです。